羽生劇場・第2幕。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

地元ならではの雑誌。こういうのって手に取る価値があると思います。

 

 

 

 

 

 

河北スポーツマガジンStandard vol.23【3-4月号】3月1日発売

17日間にわたって行われた平昌オリンピックが閉幕しました。

日本は13個のメダルを獲得。過去最多を更新しました。

絶対王者の底力を見せつけたのは、フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手。

「Standard宮城」第23号の特集は、そんな羽生選手が土台を築いた「アイスリンク仙台」にスポットを当ててご紹介。

羽生劇場・第2幕と題し、宮城フィギュアの系譜を辿ります。

さらに東北楽天ゴールデンイーグルス、ベガルタ仙台など、宮城のスポーツシーンの旬な話題満載にお届けいたします。

 

 

 


伝説刻む
アイスリンク仙台 30年に花

平昌冬季大会でフィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手が、ソチに続くV2を果たしました。

66年ぶりの偉業。五輪の歴史に伝説を刻んだ瞬間です。

そんな羽生選手と幼い頃から長く共にあったのが、「アイスリンク仙台」です。

女子シングル金の荒川静香さんを育んだ名門リンク。五輪選手を次々と送り出し、金メダリストを支えた聖地です。

今秋、開場30年を迎える、この「母なるリンク」にスポットをあて、王国継承への道筋を辿ってみました。

 

 

おほほ よろしいですわね

 

 

 

 

出版物はメマイがするほどすんごい数が書店にも並んでます。

おさしんが良いとか、文章が良いとか。

ご自分の目で確かめて買うがよいぞ(逃)

 


 

{E5BBCC1F-4335-4884-BB7D-39F4B4C21B46}
だって まだなんも買ってねぇしもぐもぐ




 画像はお借りしました。

ランキング参加中。ぽちっと押すのだ

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス