どんだけ耐えられるか選手権。氷上の表情。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
うちらは3ヶ月間  待っていました
耐えていました
 
 
 
 
image
親分の帰りだけを待っていました
 
 
 
 
 
帰って来た親分は 仔犬のようにコロコロと笑っていました
 
 
 
 
 
その笑顔は世界中を明るく照らしました
 
 
 
 
 
試合がまだ始まってもいないのに  会見だなんて珍しいなと思いました
 
 
 
 
 
でも会見を見て納得しました
 
 
 
 
 
記者さんもカメラマンさんもレポーターさんも
 
 
 
 
 
みんな親分を待っていました
 
 
 
 
 
意地悪な質問もなく
 
 
 
 
 
リハビリの内容や 演技構成を聞きだそうとする風でもなく
 
 
 
 
 
プレカン会場には 終始温かい空気が流れていました
 
 
 
 
 
「おかえり」「良かったね」
 
 
 
 
 
みんなが怪我の状態を心配していました
 
 
 
 
 
いつもの親分が いつもの通り
 
 
 
 
 
真っすぐな心で  真摯な態度で
 
 
 
 
 
静かではあるけどしっかりと強い言葉を発した 二十数分の会見が終わると
 
 
 
 
 
親分は いつものように丁寧にお辞儀をし 感謝を口にして
 
 
 
 
 
椅子を整えて颯爽と去って行きました
 
 
 
 
 
少しシャープになり 強く逞しくなって帰って来た親分を
 
 
 
 
 
全力応援出来ることを
 
 
 
 
 

心から喜びたいです 

 

 
 
 
 
親分 おかえりなさい
そしてありがとう
 
 
 

 

 

まぁるいおちりは健在でした(退場)
 
 
 
 

日刊スポーツ

getty

newscom  よりお借りしました。

 

 

 

 

 ランキング参加中。ぽちっとするのだ

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス