Japan Timesより。真のハイライト。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

Japan Timesに掲載された、ジャック・ギャラガー氏のコラムです。

本日の真のハイライトは・・・・。

 

 

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/02/12/olympics/winter-olympics/olympics-figure-skating/yuzuru-hanyu-first-practice-since-arriving-pyeongchang-olympics/#.WoGboq5l_IU

 

 


Yuzuru Hanyu works out on the practice rink at Gangneung Ice Arena on Monday in Gangneung, South Korea. | KYODO
月曜日、韓国の江陵の江陵アイス・アリーナの練習リンクで練習する羽生結弦。

Yuzuru Hanyu has first practice since arriving at Pyeongchang Olympics
羽生結弦が平昌オリンピックに到着して以来初の練習に臨む


BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラガー

FEB 12, 2018

GANGNEUNG, SOUTH KOREA – The real highlight of the skating day on Monday came not during the team event upstairs in the Gangneung Ice Arena, but downstairs in the evening at the practice rink long after the crowds had gone home. That’s when defending Olympic and world champion Yuzuru Hanyu made his first appearance on Olympic ice.
江陵、韓国 – 月曜日のスケート競技の真のハイライトは、江陵アイス・アリーナの上階で行われた団体戦ではなく、観客が帰宅したずっと後、夕方になって地下の練習リンクで行われた際に訪れた。

この時こそ、現オリンピックおよび世界チャンピオンの羽生結弦がオリンピックの氷に初めて登場した瞬間である。

 


Hanyu went through a light workout for 15 minutes that primarily involved strokes and just a couple of jumps, before departing. He attempted no quads during his time on the ice. He did not appear to be in any distress or favoring any part of his body.
羽生は15分ほどの軽めの練習を行い、主にストローキングやちょっとしたジャンプを跳んだ後去って行った。

彼は氷上にいる間4回転は1つも試みなかった。痛みを感じている様子もなく、体の一部を気にしている感じも見られなかった。

 
 
The anticipation was palpable, with an unusually high media turnout for an official practice. As the clock ticked down to 7:05 p.m. local time, when the session was to begin, the air became similar to that of a Muhammad Ali heavyweight title fight back in the day as people waited to watch the champ climb through the ropes and into the ring.
1回の公式練習に普段よりもずっと多いメディアが集まっていることからも、期待が明らかに見て取れる。時計が午後7時05分を刻むと、ここからセッションが始まることになっていたが、その場の空気はモハメッド・アリがヘビーウェイト級のタイトルを奪い返した時のものに似ていた。
その日人びとはチャンピオンがロープをくぐってリングに上がってくるのを見ようと待ち構えていたのだ。
 

Coaches Brian Orser and Tracy Wilson appeared first, then out came Hanyu along with teammate Keiji Tanaka and one other skater for the session. Hanyu kept his coat on for the first several minutes, before returning to the boards and taking it off.
まずコーチのブライアン・オーサーとトレイシー・ウィルソンが現れ、次に羽生がチーム・メイトの田中刑事やもう1人のスケーターと共にセッションに現れた。
羽生は最初の数分間は上着を着たままであったが、ボードに戻る前にそれを脱いだ。
 

Though the appearance was brief, it was the first time media has had a glimpse of Hanyu since he injured the lateral tendon in his right ankle while attempting a quad lutz during practice for the NHK Trophy in Osaka. Hanyu has not competed since the Cup of Russia in Moscow in October.
現れたのは短い時間だったが、これはメディアにとって、羽生が大阪で開かれたNHK杯の練習で4回転ルッツを試みた際に右足首の外側靭帯を傷めて以来、初めて羽生の姿を捉える機会となった。
羽生は10月にモスクワで開かれたロシア杯以降、競技には出場していない。

 

 

Both 2006 Olympic champion Shizuka Arakawa and two-time Olympian Akiko Suzuki were on hand to see Hanyu work out.
2006年のオリンピック・チャンピオンである荒川静香や2度オリンピックに出場経験のある鈴木明子の両名が羽生の練習を見るために来ていた。

 


Hanyu arrived in South Korea on Sunday afternoon and was ushered through Incheon Airport by a phalanx of security guards that one would normally see befitting a head of state, before being whisked off to Pyeongchang.
羽生は日曜の午後に韓国に到着し、通常なら国の重鎮にふさわしいと思われるような警備担当者の集団に囲まれて仁川空港を案内され、その後さっと平昌に向けて出発した。

 


The Sendai native is set to train again on Tuesday morning in the main rink before holding a press conference afterward.
仙台出身の彼は火曜日の午前中に再びメイン・リンクで練習予定であり、その後記者会見を行うことになっている。

 

 

 

 

何と言ってもお写真が素敵です。

優しく手を添えるオーサーコーチえーん

 

 

 

今日も良い日となりますように。

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。

ランキング参加中。ぽちっとな

 

 

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス