言霊。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
親分の動向が気になりますが。
阪神タイガース番記者さんのコラムをどうぞ。


羽生結弦の言霊を思う
(デイリースポーツより抜粋)

羽生と虎…。当事者に直接的な関連はなくとも、僕の中で繋がりはある。
 羽生の首もとに光るチタンネックレス。これは金本知憲や藤浪晋太郎が契約するファイテン社製のものだ。実は羽生のファイテン歴は長く、8歳の頃から実父の薦めで同社の製品を愛用している。
ただ今回は羽生の肖像権が日本オリンピック委員会管轄になるためファイテン社は大会期間中のWEB掲載を自粛。ここでも羽生の情報はシャットアウトされている。

 「よく言霊(ことだま)といいますけど、言葉は発した時点で力を持ちますからね。ああいうコメントは凄くいいと思いましたよ」
 阪神のキャンプベース宜野座で球団本部長の谷本修が言った。
今年初登板の良しあしよりも、谷本は当日藤浪の会見を聞いて「去年より発言が前向きになっていると感じました」という。
「状態が上がればもっといいボールが投げられる」「先発投手の仕事はローテを守ること。200イニングくらい投げられたらいいと思う」-。

 藤浪の発言を振り返ってみて思い出した。
羽生は所属契約する全日空の機関誌でこう話していた。 
「家族の前で弱音を吐くこともありますが、公の場では自然とポジティブな方向に考えて発言する自分がいます。
言葉にすることで考えが整理されて気づけることもたくさんあり、それが結果として苦しいことや壁を乗り越える力につながっています。そういう意味では、こうして発言する機会があることに助けられている……」
 僕みたいな常人には到底経験できないレベルだけど、言っている意味は理解できる。復活過程という意味では藤浪もそうなのか…きょう聞き損なったので、今度確かめてみよう。藤浪と羽生…同じ1994年生まれ。同じ23歳。ともに戌年。年男である。



{5AC72761-EA89-477E-AE16-D0246D969DBD}


ポジティブに、前向きに。

言うのは簡単ですが、つい後ろ向きになったり弱音を吐いたりしてしまうのが現実です。



言葉は発した時点で力を持つ。
良い表現ですね。




画像はお借りしました。

 ランキング参加中。ぽちっとな


ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス