感謝の心を。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

ニュース内で紹介されるかな?

 

 

 

羽生選手の被災体験から防災学ぶ授業 宮城

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180209/k10011322571000.html

(NHK news webより抜粋)

 
 
 
{6AF36F12-1694-4ED1-A33E-A500A040E1AB}

 
東日本大震災の被災地、宮城県名取市の小学校ではピョンチャンオリンピックでフィギュアスケートに出場する地元出身の羽生結弦選手の被災体験や競技との向き合い方から防災について学ぶ授業が行われました。
 
使われた教材には、羽生選手が、震災で仙台市の自宅や練習場所のスケートリンクが被災したのを目の当たりにしてスケートをしている場合なのか思い悩んだことなどが書かれていました。

また、リンクに入る前、いつも手で氷に触れ頭を下げるが、この動作にはどのような意味が込められていると思うかという問いに、児童らは「支えてくれる人や応援してくれる人への感謝」と答えていました。

そして「羽生選手には絶対に金メダルを取って感動を与えてほしい」とか「支援への感謝を忘れないないよう頑張りたい」などと話していました。
 
 
 
{E8ED35FF-66A2-4191-BA81-4A61CF345315}

 
親分の体験や考え方、発言が こうやって次世代に語り継がれるなんて素晴らしいですね。
 
親分の想いは、子どもたちの心の中で生き続けるでしょう。
 
 
 
 

 画像はお借りしました。

 ランキング参加中。ぽちっと…

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス