Absolute Skatingより。その瞬間、大きなうねりに。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:

Absolute Skatingに掲載されたコラムです。

カート・ブラウニング氏のコメントが紹介されています。

 

http://www.absoluteskating.com/index.php?cat=articles&id=2018kurtbrowning-olympics

 

Kurt Browning: "Just give yourself to the moment and allow the moment to billow you up and not bury you."
カート・ブラウニング: 「ただその瞬間に浸りきって、その瞬間によって大きなうねりに乗って上がるんだ、沈み込むんじゃなくてね。」


February 9, 2018
By Tina Tyan

ティナ・ティアン
Photos © Scott Grant, Joy, Keiko Kasai, Tina Tyan

(カート氏の紹介の後、今回はカナダのCBCのキャスターとして現地入りしていると書かれています。オリンピックの予想については、11月に伺ったものだそうです。)


(略)

 

 

He went on, "In men, I always lean towards [Yuzuru] Hanyu because I think he's a bit of a genius. But Nathan Chen has beautiful Lori Nichol programs and Shoma Uno is an amazing skater as well. So those three boys seem to be my top picks right now. Javier [Fernandez] is a lovable, lovable guy who can't be taken out of the equation at all. And Patrick [Chan]? Patrick should just go and skate his ass off with nothing to lose and see what happens."
彼は続けた。「男子では、僕はいつも羽生[結弦]に気持ちが行くんだ。なぜなら彼はちょっとした天才だと思うからだよ。

だけどネイサン・チェンにはローリー・ニコルによる美しいプログラムがあるし、宇野昌磨もハッとするスケーターではある。だからこの3人の男子がいまのところトップに上げられるかな。

ハビエル[フェルナンデス]は愛すべきいいやつで、彼も同じ並びから外せないよ。そしてパトリック[チャン]か?パトリックは何も失うものはないから、ただしゃにむに滑ったらいいし、どうなるか見てみたいね。」

 

(略)


Of course, there are predictions for the Olympic podium, and then there are personal favorites. Kurt's favorites may not always top his predicted podium, but they bring out the fan in him.
もちろん、オリンピックの表彰台についての予想の話が出たが、一方で個人的な好みもある。カートのお気に入りが必ずしも彼が予測した通りの表彰台には乗らないかもしれないが、彼らはカートの中に潜むファンとしての気持ちを引き出すのだ。

 


"[In pairs], Chinese," he said immediately. "For men, I just get a kick out of Hanyu. When he's on, he's like a skinny little rockstar. I fangirl for him, a little tiny bit. In dance, it's Tessa [Virtue] and Scott [Moir] because they tell a story, they're good actors and actresses. And in ladies, Kaetlyn, just because of what I said before. And Canadian, and a friend."
「[ペアでは]、中国」と彼は即座に言った。

「男子の場合、羽生からはものすごく快感を覚えるんだ。彼が乗ってる時は、まるでスレンダーでかわいいロックスターのようだ。僕はほんのちょっぴりだけど、彼に対しては女の子のファンのようになるのさ。

 

(略)

 

It seemed only natural to ask a veteran Olympian what advice he'd give to skaters going to the Olympics. Kurt struggled with his answer, though, since the truest advice can't be boiled down to a simple response.
オリンピック出場選手たちにアドバイスをあげるとしたら、とこのベテランのオリンピアンに尋ねるのが順当なことのように思えたが。

しかし、カートは答えを出すのに苦労していた。というのも、本当に真のアドバイスというのはたった1つの回答にまとめて言うことなどできないものだからだ。

 


"Act as normal as you can, and don't expect it to be feeling normal at all," he laughed. "But just...keep it as simple as you can. Keep it just 'you jump up, you turn, and you land.' Keep it dumb. Keep it simple. Don't glorify how difficult this is, this moment. Literally keep it somewhat mechanical."
「できるだけいつも通りに振る舞うということかな。そしていつも通りだと感じられるなどと期待しないことだね」と彼は声を出して笑った。「だけど、そう…できるだけシンプルにしておくことだよ。ただ『跳んで、回転して、着氷する』を実行するんだ。黙々とやる。シンプルにやる。これをするのが、この瞬間が、いかに難しいかと美化する必要ない。文字通りある意味機械的にやるんだね。」

 

 

"The one who seems to win is the one that's loose and free in the moment. The one that skates like they've got nothing to lose? They're the ones that win. So that goes against everything I just said," he mused. "Just give yourself to the moment and allow the moment to billow you up and not bury you. So don't pretend it's going to be like another day, but you know, when it comes to that little moment, it's just a double axel. Do it, land, and then let the moment continue."
「勝ちそうに見える人というのは、その瞬間にゆったりとして自由な人だ。

何も失うものがないという感じで滑る人かな?そういう人が勝つんだ。そうなると、今自分で言ったことに全く矛盾するよね」と彼は物思いにふけった。

「ただその瞬間に浸りきって、その瞬間によって大きなうねりに乗って上がるんだ、沈み込むんじゃなくてね。

だから全くいつも通りになるなんて振りをするのはやめて、だってね、その瞬間になったら、それはただ1つのダブル・アクセルなんだよ。

跳んで、着氷して、それからそういう瞬間をそのまま続けていくのさ。」

 


Quadruple jumps have become ubiquitous in men's figure skating, with the United States' Nathan Chen being the first to land five quads in one program, and others following close behind. This increased emphasis on quadruple jumps has met with mixed reactions from the skating world, with some viewing it as the natural technical progression of the sport, while others decry it as putting too much weight on jumps, even at the expense of clean programs.
男子のフィギュア・スケートでは誰もがみな4回転ジャンプをやるようになり、アメリカのネイサン・チェンは1つのプログラムで初めて4回転を5つ着氷し、他の者も似たような感じで追っている。

このように4回転ジャンプへの比重が増えてくると、スケート界からは入り混じった反応が出てきて、あるものはこれをこのスポーツの自然な技術的進歩であると見るが、他の者はそれをクリーンなプログラムを犠牲にしてまでジャンプを重要視しすぎていると非難している。




 "Elvis Stojko often talked about the fact that if the best in the sport are doing something that's hard, difficult and dangerous, then it should just be taken granted that the sport has to grow. So yes, I think it's awesome. Our sport isn't just quads though, so it's a good question. I heard a rumor that next year or soon, they're going to start actually limiting how many quads you can try. Which I think is kind of an interesting thing because they are so difficult and so hard to train multiple quads that we must be getting kind of close to the edge of what people can do with this sport," he marveled. "Truly these people are pioneers and incredible. The men's event has exploded."

「エルビス・ストイコはよくこう言っていたよ。
スポーツで何かハードで難しく、危険なものをやろうとすることがベストであるなら、スポーツは進化しなければならないということが当然と思われると。
だから、そう、僕はそれは凄いことだと思うよ。
でも僕たちのスポーツはただ4回転だけというのではないから、いい質問だね。
噂では来年あたりに、実際に4回転を跳べる回数を制限するようになるそうだ。
これについては僕はちょっとおもしろいと思っているんだ。なぜなら4回転はとても難しくて、複数の4回転を練習するのはとてもハードだから、このスポーツで人ができることの限界に近づいているんじゃないかと思うんだ」と彼は驚いてみせた。
「本当にこれらの選手たちはパイオニアで、信じられないよ。男子の試合は急激に進化したんだね。」

(略)

"First off, for the team event, I think that it's handled wrong, and I think that it should be after the main event, truly. I think we should have the Olympics, and then we have the team event. Because let's let you get ready, give all your attention towards the individual effort, and then you do the short program one more time for your team. It just seems like it's backwards to me. The athletes are not totally into it. They can't be, when they know they have to compete at the Olympics next week. It's very disjointed for me."
「まず、団体戦について、僕は扱い方が間違っていると思うんだ。
あれはメインの試合の後でやるべきだよ、実際。
僕たちはオリンピックを行うべきで、その後で団体戦をやればいい。
だってね、まず準備を整えて、それぞれの努力に向けて全神経を集中させて、それからチームのためにショート・プログラムをもう一度やればいいんだよ。僕には逆に思えてしかたないよ。アスリートは本気では団体戦に臨めない。そんなことできるはずないよ、だってその次の週にオリンピックの試合を戦う必要があるって分かってるんだからね。僕にはとてもちぐはぐな感じがするよ。」

(この後、カート氏は団体戦について、本当に団体戦にするなら、全員で1つのプログラムをやる、例えばスターズ・オン・アイスのようにやればいいと言っています。)

 


 

女の子のファンのようになる・・・・

お、乙女になるのですなぶちゅー

 

 

ジャンプについては、ルール改正が近そうですね。

ただ跳べれば良い、降りてくれば良い。

それではただのジャンプ大会ですから。

 団体戦についても、見直しを期待します。

 

 

 

saikorinさんありがとうございました。

 画像はお借りしました。

 ランキング参加中。ぽちっと…

 

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス