まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

シュッと4A降りるのだ!


テーマ:

食べる時もゴールド!

さて、平昌オリンピックに挑むみなさんは、ナニを召し上がるのでしょうか。

朝日新聞デジタルより。藤田記者です。


「ゴールド」の食卓で日本代表を出迎え 平昌に和食施設

(朝日新聞デジタルより抜粋)

「おかえり」「いってらっしゃい」――。平昌(ピョンチャン)冬季五輪の期間中、そんな言葉で日本代表の選手たちを迎える場所がある。
日本オリンピック委員会(JOC)が江陵(カンヌン)と平昌の選手村の近くに設置した日本食を食べられる施設「G―Road Station」だ。


{E5D57EBB-682B-4938-8652-01DD09C527DE}
TKGは食べられましゅか?(とは言ってません)



施設では選手が来ても「いらっしゃいませ」とは言わない。「おかえり」「お疲れさま」と声をかけ、自宅に戻ってきたような気分でくつろいでもらう。
机やイスは明るい色のものを選び、食べ終わってもすぐに皿は下げないという。
「すぐに『帰らなきゃ』と思わず、談話してリラックスできるような空間にしたい」(担当者)という思いからだ。選手が帰る時には「行ってらっしゃい」「頑張ってね」と送り出す。


{F48ADE7A-467C-43F1-BE8B-6F0E72990D80}
こんな感じ



JOCと味の素が提携し、だしを使った炊き込みごはんや汁物も用意している。
豚汁にはジャガイモを多めに入れ、エネルギーを取れるようにしてある。
メニューは毎日変わり、7日間で一回りする。献立を考えた管理栄養士の鈴木晴香さん(27)によると、だし汁を取ることで胃腸が活発になり、食欲が出るという。


{5E1629D4-380C-40A0-80B9-90F397964F21}
味の素さん!栄養満点だす💯




筆者の藤田記者より。
「お母さんのお弁当って、ホッとしますよね」担当者の方はそう例えて説明してくれたのですが、ホッとしてもらうために、この日本食施設では、厨房の人が選手のところに行き、声をかけることもあるそうです。



あったかい雰囲気の日本食施設。
選手のみなさんのくつろぎの空間ですね。



画像はお借りしました。

ランキング参加中。ぽちされたし

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。