TIMEより。羽生結弦について知っておくべき5つのこと。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
TIMEに興味深い記事が掲載されています。
世界中の人々に 親分を知っていただくために、5つの『これがハニュー』を教えてくださいました。
 
 
 
5 Things to Know About Figure Skating Champion Yuzuru Hanyu
フィギュア・スケートのチャンピオン、羽生結弦について知っておくべき5つのこと

Yuzuru Hanyu of Japan competes in the men's short program during the ISU Four Continents Figure Skating Championships on Feb. 17, 2017 in Gangneung, South Korea. Koki Nagahama—Getty Images
2017年2月17日に韓国の江陵で開かれたISU四大陸選手権で男子ショート・プログラムの試合に出場した日本の羽生結弦。
 
By LAIGNEE BARRON 8:47 PM EST
レイニー・バロン
 

It’s a feat that hasn’t been achieved for more than six decades, but reigning Olympic figure skating champion Yuzuru Hanyu isn’t known to let a little thing like precedent get in his way. The 23-year-old – already known by some as the greatest figure skater ever – will head to the 2018 Pyeonchang Winter Olympics and attempt to reclaim the men’s figure skating gold medal. The last male singles skater to win gold at two successive Olympics was America’s Dick Button in 1948 and 1952.
これは60年以上もの間達成されなかった功績であるが、フィギュア・スケートの現オリンピック・チャンピオンである羽生結弦が、前回のように僅かなことに躓くかどうかは未知である。
すでに一部では史上最も優れたフィギュア・スケーターとして知られているこの23歳の彼は、2018年の平昌冬季オリンピックに出場し、男子フィギュア・スケートの金メダルを再び手に入れようとしている。
前回オリンピックで金メダルを2大会続けて獲得した男子シングルのスケーターは、1948年と1952年のアメリカのディック・バトンだ。

 

 

But Hanyu, known as Japan’s “Ice Prince,” will have to overcome more than just the weight of history if he’s to seize the title in a back-to-back win. A severe ankle injury kept him off the ice and unable to train for more than two months. He’s made a comeback before, including after abdominal surgery, and he’s still favored to place on the Olympic podium.
しかし、羽生は、日本の「氷の王子様」として知られており、2大会連続でのタイトルを掴むとなると、単に歴史の重みを超えるというだけでは済まないだろう。足首の重い怪我により氷から遠のき、2ヶ月以上もトレーニングが行えなかったのだ。

腹部の手術を受けた後を含め、彼は以前にもカムバックを果たしているが、やはり彼がオリンピックの表彰台の本命とされているのだ。

 


At the 2014 Sochi games, Hanyu’s routine broke the 100-point scoring ceiling, setting a world record with 101.7 points for his short program. He went on to claim gold, even though he fell twice during his free skate. Hanyu was the first male skater representing an Asian country to take gold, and the youngest since Button.
2014年のソチの大会で、羽生のルーチンは100ポイントのスコアの天井をぶち抜き、そのショート・プログラムで101.7ポイントの世界記録を打ち立てた。その後、フリー・スケーティングでは2度転倒したものの、そのまま金メダルを勝ち獲った。

羽生はアジアの国を代表する男子スケーターでは初めて金メダルを獲得し、バトン以来最年少であった。

 

Disappointed by his less-than-perfect Sochi performance, Hanyu pledged to return to the next Olympics with an unblemished showing.
ソチでのパフォーマンスが完璧ではなかったことを残念がった羽生は、非の打ち所のない演技で次のオリンピックに戻ってくることを誓った。

Ahead of his expected Feb. 9 appearance, here’s what you should know about Yuzuru Hanyu.
2月9日に姿を表す予定だったが、それに先立ち羽生結弦について知っておくべきことをここでご紹介しよう。

 

 


Hanyu’s Injury Could Jeopardize His Chances of Winning Gold in Pyeongchang
羽生の怪我で平昌での金メダル獲得の可能性が危ぶまれる


His coaches have said he will compete, but it’s an open question since a media blackout has been imposed on his training and he hasn’t been able to compete since November last year.
彼のコーチは彼が出場すると語ったが、彼のトレーニングについてメディアは完全にシャットアウトされてきたことと、昨年の11月以降彼が試合に出場できていないことから、これはまだ先の分からない疑問点である。(訳注:確定発言の前の記述と思われます)

 


Hanyu took an ill-timed tumble while practicing a difficult, four-revolutions jump called a quadruple lutz ahead of the NHK Trophy on Nov. 9. The awkward fall caused bone, tendon and ligament damage.
羽生は11月9日のNHK杯に先立ち、4回転ルッツと呼ばれる4度回転する難しいジャンプの練習中にタイミング悪くつまずいた。悪い転倒の仕方により骨や腱、そして靭帯を痛めた。

 

 

Pressure to master such injury-risking jumps has increased, in part, with the rise of teenage jumping prodigy and U.S. national champion Nathan Chen – Hanyu’s expected rival at Pyeonchang and the first in the sport’s history to land five quadruple jumps in a single routine.
10代のジャンプの天才で全米チャンピオンのネイサン・チェンが上がってきたことが、部分的に、そのような怪我のリスクのあるジャンプを習得するプレッシャーを高めたのだ。

チェンは平昌での羽生のライバルと目されており、この競技において単独のルーチンで4回転ジャンプを5つ跳んだ史上初のスケーターである。

 


Despite a prolonged recovery period that forced Hanyu to skip several qualifying championships, he was named to Japan’s Olympic team and is one of their top hopes for a gold medal.
羽生は出場権を持っていた試合をいくつかスキップせねばならないほど回復に長い期間がかかっていたにも関わらず、日本のオリンピック・チームに選出され、金メダル候補の筆頭の1人となった。

 


On Saturday, Japan’s Kyodo news agency said that Hanyu will not participate in the men’s figure skating team event. Then on Monday, his coach confirmed he would be performing in the individual competition.
日曜日、日本の共同ニュース・エージェンシーは、羽生が男子フィギュア・スケートの団体戦には出場しないと語った。すると月曜日には、彼のコーチが個人戦には出場すると断言したのだ。

 

(共同のツイートを引用)

 

 


Hanyu Has the Luck of Winnie the Pooh on His Side
羽生には横に幸運のウィニー・ザ・プーが付いている


Hanyu is never without his Winnie the Pooh teddy bear tissue dispenser. He’s known to hug his rink-side companion for good luck just before getting on the ice, and to bring the cartoon character along to interviews. Pooh Bears have become a mascot for Hanyu’s besotted fans who sport Pooh ears and throw Pooh plushies onto the rink after his routines.
羽生には必ずウィニー・ザ・プーのティッシュ・カバーが帯同する。彼は氷に今出ようという直前に幸運を祈ってリンク・サイドのこのお供をハグすること、またインタビューにもこの漫画のキャラクターを持参することで知られている。

熊のプーさんは羽生の大ファンの間ではマスコットとなっており、彼らはプーの耳を身に付け、彼のルーチンが終わるとリンクにプーのシャワーを降らせるのだ。

 


Due to corporate sponsorship rules, the Pooh talisman will have to stay in the dressing room during the upcoming Olympics however.
しかし、来るオリンピックの最中は、企業のスポンサーシップの規定により、プーのお守りは控室に待機しなくてはならないだろう。

 

 

Fans throw flowers and Winnie the Pooh toys on the ice after Japan's Yuzuru Hanyu performance during the men's short program at the 2017 ISU World Figure Skating Championships at Hartwall Arena. Alexander Demianchuk—TASS/Getty Images
2017年ハートヴァール・アレーナで行われたISU世界選手権の男子ショート・プログラムの際に、日本の羽生結弦の演技の後でファンが氷上に花やウィニー・ザ・プーのぬいぐるみを投げる。

 

 


Hanyu Survived Japan’s 2011 Earthquake and Tsunami
羽生は2011年の地震と津波を生き延びた


When the devastating Tōhoku earthquake and tsunami hit Japan in 2011, Hanyu was near the epicenter, skating at his hometown rink in Sendai. As the tremors caused water pipes to burst, Hanyu, then just 16, reportedly rushed off the ice with no time to even put skate guards on his blades. His family slept in an emergency shelter for three days.
大惨事となった東北の地震と津波が2011年に日本を襲った時、羽生はその震源地の近くにいて、故郷仙台のリンクでスケートをしていた。

揺れにより水道管が破裂し、当時16歳の羽生は、スケート靴のガードをブレードに付ける間もないまま大急ぎでリンクを逃げ出したと伝えられている。彼の家族は3日間緊急避難所で過ごした。

 


Ultimately, the disaster became a motivating factor in his career. In his autobiography, Blue Flames, Hanyu wrote that the earthquake “totally changed my values.” He joined other skaters in a benefit show to raise recovery funds and when he won the Olympics three years later, Hanyu called it “a gift for my country.”
究極的には、この大災害が羽生のキャリアにおける動機的要因の1つとなった。その自叙伝である『蒼い炎』の中で、羽生はこの地震が「自分の価値観を全く違うものに変えた」と書いている。

彼はチャリティ・ショーで他のスケーターと合流して義援金を募り、3年後にオリンピックで優勝すると、それを「自分の国のためのプレゼント」と呼んだ。

 

(ソチの動画紹介)

 

 


Hanyu Is Able to Execute Moves Most Male Figure Skaters Can’t
羽生はほとんどの男子フィギュア・スケーターにはできない動きができる


While skating competitions have increasingly boiled down to who can do quads (a jump with at least four revolutions) as cleanly as possible to maximize points, commentators and fellow skaters praise Hanyu for his well-rounded performances, which combine technical precision with artistry and athleticism.
スケートの試合では誰が4回転(少なくとも4度の回転を行うジャンプ)をできるだけクリーンに跳んで最大のポイントを獲得できるかで白熱するようになってきているが、コメンテーターや同じスケーターたちからは、羽生についてその多才なパフォーマンスへの称賛が寄せられており、これはテクニカル面での正確さに芸術性とアスリート魂が合わさったもののことである。

 


“He’s the most complete athlete in figure skating, probably ever,” Stephane Lambiel, a 2006 Olympic silver medalist, told the New York Times.
2006年のオリンピック銀メダリストであるステファン・ランビエールは、「彼は恐らく今までで一番の、フィギュア・スケートにおける最も完全なアスリートだ」とニューヨーク・タイムズに語っている。

 

 

Hanyu’s performances tend to cross gender lines not only through the incorporation of elegant, dramatic and emotional dance choreography more often prized in women’s skating, but also through the moves he executes. Beyond proficient jumps, Hanyu’s routines are packed with elaborate spins like the Biellmann – a one-foot spin where the other foot is lifted above and behind the head. The move is more popular with female skaters, as it requires a great amount of flexibility to pull it off. Hanyu’s spins are so iconic that fans have even named one move the “Hanyu spin.”
羽生のパフォーマンスは、しばしば女子のスケートにおいて称賛されることの方が多いエレガントでドラマチック、かつ感情表現豊かなダンスの振り付けを取り入れていることのみならず、彼が行う動作を通じても、その性別の境界線を超える傾向がある。

卓越したジャンプだけでなく、羽生のルーチンにはビールマンのような難しいスピンも詰め込まれている。これは片足で行うスピンで、もう一方の脚が頭の上部後方に持ち上げられるものである。この動作は女子のスケーターの方でよく見られるものであるが、それはこれを実施するにはかなりの柔軟性が要求されるためである。

羽生のスピンには大変象徴的な特徴があり、ファンはある動きに対し「羽生スピン」と命名するほどだ。

 

 

 

Hanyu Might Have Become a Professional Baseball Player
羽生はプロの野球選手になったかもしれない


As a child in primary school, Hanyu said he almost gave up on figure skating. He wrote in his autobiography that while he had loved the adrenaline of competitions since he was in kindergarten, he loathed the monotony of practice. His father played baseball, and in the third grade, Hanyu said he decided he wanted to pursue professional baseball instead. It took the temporary closure of his hometown rink one year later and a long commute that limited his time on the ice for him to realize the importance of practicing and his commitment to skating.
小学校の子どもの頃、羽生はフィギュア・スケートをやめる寸前だったと語った。自叙伝の中で、彼は幼稚園に通っていた頃から試合におけるアドレナリンが大好きだったと書いており、単調な練習が大嫌いだったそうだ。

彼の父親が野球をしていたため、3年生のときに、羽生はプロ野球の選手への道の方を進みたいと思ったそうだ。

1年後に故郷のリンクが一時的に閉鎖され、長時間の移動により氷上での時間が限られると、彼は練習の大切さに気づき、スケートに専念していったという。

 

 

 

特に5番目w

これを入れてくださったことで、なかなかコアなエピソード集となりましたなウインク

 

 

saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっとよろゆづ

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス