IFSより。全ての者が追いかける男。 | まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

テーマ:
 
International FIGURE SKATINGに掲載された記事です。
 
 
PYEONGCHANG PREDICTIONS
平昌の予想


By Team IFS | Feb 4, 2018
チームIFS |2018年2月4日

MEN
男子
Susan D. Russell
スーザン・D・ラッセル
 


In the early days of the 2017-2018 season, Japan’s Yuzuru Hanyu was the man most were predicting would be unchallenged in his quest for a second Olympic title. But after being sidelined by injury in November, it is now questionable how dominant he will be in PyeongChang.
2017-2018シーズンの当初、日本の羽生結弦といえば、ほとんどの人が2度目のオリンピック・タイトルを追う中で彼に敵うものはいないだろうと予想していた男だ。
しかし、11月に怪我で戦列を外れた後、彼が平昌でどれほどの優位性を示すかについては、現在分からない状態だ。
 

Hanyu withdrew from NHK Trophy after suffering a right ankle injury on a quad Lutz in a practice session. In mid-December he withdrew from Japanese nationals, so a lack of competitive outings could play a role in how he performs at the Games.
羽生は練習セッションの際に4回転ルッツで右足首に怪我を負い、そのためにNHK杯を棄権した。
12月中旬には全日本を棄権したため、試合に出場していないことがオリンピックでのパフォーマンスに関わってくるだろう。
 
 
However, this is not the first time Hanyu has been sidelined. He has rebounded from a series of injuries that began in late 2014 and have continued intermittently throughout the last three successive seasons. Each time, he has come back stronger, faster and better than he was before, setting World records in the short and long programs and the combined score.
しかし、羽生が戦列を外れたのはこれが初めてではない。
彼は2014年後半以降次々と怪我に繰り返し見舞われ、その後の3シーズンを通して断続的にその状態が続いてきた。
その度に、彼は以前の彼自身よりもより強く、より速く、そしてより上手くなって戻ってきており、ショートおよびフリーの両プログラム、そしてトータル・スコアにおいて世界記録を打ち立てている。
 

Though his performances have, at times, been up and down the past four years, Hanyu has collected 21 podium finishes, which in itself has to be a record. When he is at his best, he is impossible to beat.
過去4年間、時として彼のパフォーマンスには浮き沈みがあったとはいえ、羽生は21回もメダル獲得という結果を残しており、それ自体も1つの記録に違いない。
彼の調子がベストな時は、彼を打ち負かすことは不可能である。
 

Given his intrepid record of returning from injury to win it all, I think Hanyu will still be the man everyone will be chasing in PyeongChang.
彼が怪我から復活して全て勝って来たという勇敢な記録を考えれば、羽生は依然として平昌で全ての者が追いかけることになる男だと思える。
 

 

Spain’s Javier Fernández won Skate Canada Autumn Classic over Hanyu in September, and Internationaux de France six weeks later. Illness kept him out of medal contention at Cup of China and, for the first time in four years, he did not make the Grand Prix Final.
スペインのハビエル・フェルナンデスは9月にスケート・カナダのオータム・クラシックで羽生に勝ち、またその6週間後にはフランス大会でも優勝した。

中国杯では体調を崩してメダル争いから外れ、4年間で初めてグランプリ・ファイナルに進めなかった。

 


But, Fernández is one of only a handful of men who have the component levels to back up his technical arsenal. When he combines the two, he becomes a formidable opponent. Throughout this season we have seen those with quads falter in competition and the artistic skaters have overtaken them. If that scenario plays out at the Games in February, it could be a trump card for Fernández. All he needs to do is stay on his feet, perform at the level he is capable of and he could be on the podium.

しかし、フェルナンデスはそのテクニカル面の装備を補えるだけのコンポーネント・レベルを持っているわずか一握りの男子のうちの1人である。

彼のその両面を合わせると、手強い敵となるのだ。

今シーズンを通して4回転を持つ者たちが試合でつまずき、芸術性に優れたスケーターたちが彼らを凌ぐのを目撃してきた。

2月のオリンピックでもそのようなシナリオが功を奏するとすれば、フェルナンデスにとっての切り札となり得る。

彼に必要なのは気を抜かずにいることだけであり、自分のできるレベルで演技をしさえすれば表彰台に乗れるだろう。

 

 

With his recent win at the Grand Prix Final in Nagoya, Japan, America’s Nathan Chen put himself firmly in the conversation as a medal contender at the Games. However, we saw Chen crumble under the pressure at 2017 Worlds after winning Four Continents a month earlier. Has he developed the nerves of steel he will most certainly need to compete on the world’s biggest sporting stage later this month?
最近日本の名古屋で行われたグランプリ・ファイナルで優勝したことで、アメリカのネイサン・チェンはオリンピックでメダルを争う者の1人として必ずその名が話題に上る。
しかし、私たちは彼が2017年の世界選手権では、その前月の四大陸選手権で優勝した後でプレッシャーに押しつぶされるのを見た。
今月後半に世界最大の競技会のステージで戦うためには是が非でも必要となる鋼の神経を、彼は身に着けただろうか?
 

If Hanyu and Fernández are on their A-games, Chen will need a higher level of artistry than he has currently exhibited if he hopes to challenge for gold in PyeongChang. But, if he can remain focused, stay on his feet and execute his solid technical repertoire, he has a very good chance of capturing a medal. What color? If Hanyu is firing on all cylinders, Chen will be in the hunt for silver or bronze.
羽生とフェルナンデスがベストな状態の場合、チェンが平昌での金メダルに挑まんと欲するならば、今まで実施してきたものよりも更に高いレベルの芸術性が必要となるだろう。
しかしチェンが集中を保ち、気を引き締めて確実にテクニカル面のレパートリーを実施できたなら、メダル獲得のチャンスも非常に高くなる。
ではメダルの色はどうか?もし羽生のエンジンがフル回転しているなら、チェンは銀か銅を狙うことになるだろう。
 

 

Shoma Uno of Japan has had two fairly successful seasons leading up to the Olympic Winter Games. Though he landed on the podiums at every Grand Prix, Four Continents and World Championships he contested, he won only two events, placing second or third in the other six. At times, his jumps have not been there when he needed them, which has held him back from winning more competitions, as was the case at 2018 Four Continents.
日本の宇野昌磨は冬季オリンピックに向けての2シーズンを極めて上手く過ごしてきた。

しかし、出場した毎回のグランプリの試合や四大陸選手権、そして世界選手権では表彰台に乗って来たものの、優勝したのはわずかに2回で、他の6つの試合では2位か3位だった。

時々、彼のジャンプは必要な時にはうまく決まらず、そのせいでもっと多くの試合で優勝できなかったが、2018年の四大陸選手権がその例だ。

 


Uno, who sits in second in the Season World Rankings, behind Hanyu and ahead of Fernández and Chen, is a developing package — he has the technical skills, but his artistry is also not as solid as that of the top guns. Prior to the Games he was working with Stéphane Lambiel on his presentation but will it be enough?
シーズンの世界ランキングでは羽生に次いで2位にあり、フェルナンデスやチャンよりも上位に座る宇野は、全体的に発展の途上にある – テクニカル・スキルはあるが、彼の芸術性もまたトップ選手たちほど確固たるものとは言えない。

オリンピックに先立ち、彼はプレゼンテーションについてステファン・ランビエールと取り組んでいたが、それで十分だろうか?

 

 

Nonetheless, given his competitive history the past two seasons, he will be in the mix for a medal at the Games. If others falter, he could slide up the totem pole just as he did at the 2017 World Championships.
とはいえ、過去2シーズンの彼の競技履歴を見れば、宇野はオリンピックのメダル候補に加わるだろう。他の者がつまずけば、2017年の世界選手権でそうだったように、表彰台に滑り込む可能性もあるだろう。

 

 
Dark Horses
ダークホース

China’s Boyang Jin dealt with injuries in the first half of the season, but came back to win Four Continents so I am definitely including this guy in the mix. He has come through in the past when it counts, particularly at major international events, capturing bronze medals at the 2016 and 2017 World Championships. Like many of the top men, he has a full arsenal of quads, but falls short artistically against the top guns. Jin will also need all his jumps to have any hope of competing for a medal if the top guys are in top form.
中国の金博洋は今シーズンの前半怪我に対処していたが、戻ってきて四大陸選手権を制したことから、この選手もぜひとも混ぜておきたい。
彼は、主要な国際大会では特に、過去大事な場面で成果を出しており、2016年および2017年の世界選手権ではいずれも銅メダルを獲得している。
トップの多くの選手たちと同様に、彼は4回転をフル装備しているが、トップ選手たちに比べると芸術面では遅れを取っている。
トップ選手たちの調子が良い場合、金もメダル争いへの望みを持つためには全てのジャンプを決める必要があるだろう。
 
 
Russia’s Mikhail Kolyada is a skater on the cusp of success. A third-place finish in his Grand Prix Final debut in December should have been a confidence booster heading into the second half of the season, but a month later he landed in third at Europeans, 15 points behind his just-turned-senior teammate, Dmitri Aliev. Still, Kolyada has solid technical skills and a developing artistic streak, but like Uno, Chen and Jin, he has no experience on the Olympic stage. Kolyada will be a long shot to make the podium in PyeongChang, but I am not counting him out.
ロシアのミハイル・コリヤダはちょうど成功を遂げようとしている線上にあるスケーターだ。
12月に初めてグランプリ・ファイナルに出場して3位となり、それがシーズン後半に向けて大きく自信を高める原動力となったはずだが、1ヶ月後のヨーロッパ選手権ではジュニアからシニアに上がったばかりのチームメイトであるドミトリ・アリエフに15ポイント差を付けられて3位となった。
それでも、コリヤダには確かなテクニカル・スキルがあり、芸術面では進展を見せているが、宇野やチェン、そして金と同様に、オリンピックのステージでは経験がない。
コリヤダが平昌で表彰台に上がる見込みは低いものの、彼は除外しないでおきたい。

 

 

 
 
客観的に見つめた展望だと感じました。
 
saikorinさんありがとうございました。
画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっとよろゆづ

ばりぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス