まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

平昌表彰台で 最高の笑顔を見られますように。


テーマ:

会員登録記事ですが。。

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=517067&comment_sub_id=0&category_id=114&from=news&category_list=114

中日新聞プラスより。原田遼記者です。

 

中指と人さし指を立てる冒頭の所作を合図に、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は、いにしえへの扉を開ける。

「氷に踏み出した瞬間から役柄になりきっている」とは振り付けを行ったシェイリン・ボーン氏。

笛と太鼓の音色に合わせ、悪霊と対峙(たいじ)するかのように体を翻し、手足をしなやかに振る。

その姿は日本古来の占術を操るとされる陰陽師(おんみょうじ)に他ならない。

 

 

うひょ~~~~~ラブラブラブラブラブ

 

 

んで、新聞を見てみましょう。

Eさん、感謝!!

 

 

原田記者の、言葉の選び方が好きです。

特に「紡がれてきた歴史を自らでかみ砕き」というのと

「こだわってきた独自の芸術には魂が宿る」っていう箇所。

奥が深い表現ですね。

 

(以上、追記でした)

 

 

 

この特集を1ヶ月後に見た時、どんな感想が出るかのぅ。。。ぼけー

 

 

 

かっこいいので めいっぱい加工(鼻息)

 

 

 

 

というわけで、平昌オリンピックを1ヶ月後に控えた今日の新聞記事です。

 

 

まずはモーニングサン関西版。後藤記者です。

 

別に対決させる必要はないけどねもぐもぐ

 

タイプの違いをグラフと文章で。

 

 

 

ま、とりまノーミスだったら良いのよ(違う)

 

 

ちなみに関東版は。

(ショーマすまぬ)

 

同じ記事でも、地域によってレイアウトが違います。

おさしんの場所とか。

読みやすさはどっちだ?とか。

勉強になりますですウインク

 

 

 

 

こちらは無敵のカホク。

 

おさしんが良いですね(感涙)

 

 

 

 

記事を見てみましょう。

 

高難度なジャンプの取捨選択、体力の回復が鍵になる。

4ルッツさんはど~なるんでしょ。

 

 

 

 

 

こちらヤル気のチュー国。

実はカホクと記事内容は同じだすww

 

 

 

この2紙の上部。

メダル獲得予想などという、毎度外れるやつ(コラ)を打ち出したのは共同通信社運動部。

 

高難度の技を回避しても総合力の高さで五輪2連覇に届くだろう。

 

 

 

ま、あくまでも予想ですから。

きっとこれ以上のメダル獲得となりますよウシシ

 

 

Yさん、Fさん。そしてYさん。ありがとうございました!

 

 

 

ランキング参加中。ぽちっとしてみ

AD
いいね!した人  |  コメント(14)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。