まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

シュッと4A降りるのだ!


テーマ:

続きです。


{81BFE09D-A03C-408F-9F4E-3B807784A11B}



“He gave hope for us,” Sato said. She teared up as she recounted the destruction of the earthquake. “He got the gold medal at the Olympics.”
「彼が私たちに希望をくれたのです」とサトー。彼女は地震による破壊を思い出しながら涙を流した。




The second week of November, Hanyu was set to compete in his second major pre-Olympic event of the season, the NHK Trophy in Osaka, Japan. Orser, his coach, had described Hanyu as being “so focused, so driven” that he was “on the verge of manic” in his determination to win a second Olympic gold medal.
11月の第2週、羽生は日本の大阪で開かれるシーズンのオリンピック前の2つ目の主要な試合であるNHK杯に出場すべく向かっていた。彼のコーチであるオーサーは、羽生について「すごく集中し、すごくモチベーションが高い」ため、2回目のオリンピック金メダルの獲得に向かう決意が「ほぼ熱狂的ともいえる」状態だと語った。

Orser tried to convince Hanyu that there should be a natural ebb and flow to a long skating season. Button, the 1948 and 1952 Olympic champion, cautioned Hanyu not to overtrain. And one of Hanyu’s idols, Evgeni Plushenko of Russia, the 2006 Olympic champion, suggested that Hanyu would not need five quadruple jumps in his Olympic free skate as Chen of the United States aspired to.
オーサーは、長いスケートのシーズンには自然な波長の浮き沈みがあるはずだからと羽生を説得しようとした。
1948年および1952年のオリンピック・チャンピオンであるバトンは、羽生にトレーニングし過ぎないように忠告した。
そして羽生が憧れる人物の1人で、2006年のオリンピック・チャンピオンであるロシアのエフゲニー・プルシェンコは、羽生にはオリンピックのフリー・スケーティングで、アメリカのチェンが熱心に目指しているような5つの4回転ジャンプは必要ないだろうと提言した。

Shoma Uno, a Japanese teenager who finished second to Hanyu at the 2017 world championships, was also a magnificent jumper. But Hanyu had a decided edge over other skaters in the completeness of his performance — spins, skating skills, transitions between jumps and musical interpretation, Plushenko said.
2017年の世界選手権で羽生に次いで2位になった日本のティーン、宇野昌磨もまた見事なジャンパーだ。しかし、羽生はスピン、スケーティング・スキル、ジャンプとジャンプの間のトランジションや音楽的な解釈といった演技の完全性という点で、他のスケーターよりも群を抜いて優れているとプルシェンコは言う。

“If he has three quads and skates clean, he can win the Olympics one more time,” Plushenko said. “If he does all the things he can, he’s going to win easily.”
「彼が4回転を3つ跳んで、クリーンに滑れば、彼はもう一度オリンピックで優勝できる」とプルシェンコは語った。「できることを全てやれば、彼は楽に勝てるだろう。」

The biggest hurdle to his own failed attempt to repeat as Olympic champion, Plushenko said, was injury: “In my head I was ready to skate but my body is sometimes going, ‘No, wait, please, please.’”
二度目のオリンピック・チャンピオンに挑もうとして失敗した時の最も大きな障害は、とプルシェンコが続けた。それは怪我だった。「頭の中では自分は滑る準備ができていたが、体の方が時どき『いや、待て、ちょっと待って』となるんだよ。」

His words were prescient. On Nov. 9, a day before the NHK Trophy began, Hanyu attempted a quadruple lutz in practice, but his legs landed in a pretzled position. More than 100 Japanese journalists turned up at a news conference that evening to learn of Hanyu’s condition.
彼の言葉は予見的だった。11月9日、NHK杯が始まる前の日に、羽生は練習で4回転ルッツを試みたが、彼の足はプレッツェルのように捻れた位置で着氷した。その晩100人以上の日本の報道陣が羽生の状態を知るために記者会見に集まった。

The next day, it was announced that he had ligament damage in his right ankle but would try to compete. Instead, he withdrew. (Weeks later, it would be revealed that the ankle had also sustained tendon and bone damage.)
次の日、彼は右の足首の靭帯を痛めたが、試合への出場を試みていると発表された。だが彼は棄権した。(数週間後に、足首は他にも腱と骨にも損傷を負っていたことが明かされることになる。)

“I am very sorry to have everyone worried,” Hanyu said in a statement.
「みなさんに心配をおかけして申し訳ありません」と羽生はコメントを発表した。

At Osaka’s Municipal Central Gymnasium, where the NHK Trophy went on without Hanyu, his fans were left dejected. Zeng Yuemeng, 28, an Osaka airport worker, said she had moved to Japan from China in July because of her favorite skater. She carried a Pooh keychain on her purse.
大阪市中央体育館では、羽生不在の中でNHK杯が実施されたが、彼のファンは意気消沈して去った。大阪の空港で働く28歳のZeng Yuemengは、大好きなスケーターのために7月に中国から日本に移って来たと語った。鞄にはプーのキーホルダーが下がっていた。

“Because this is his country,” Zeng said of Hanyu, “maybe I can see why he has become such a perfect human.”
「ここが彼の国だからです」とZengは羽生について語った。「なぜ彼があのように完璧な人になったのかが分かると思って。」

Other fans took a half-hour train ride to pray for Hanyu at a Shinto shrine in Kobe, Japan. Because the shrine’s name — Yuzuruha — resembled the first name of the skater, it had become a popular place for fans to write their well-wishes to Hanyu on round wooden plaques. Hundreds of plaques hung on racks at the shrine.
別のファンは、羽生のために日本の神戸にある神社で祈るために30かけて分電車に乗ったという。その神社の名前であるYuzuruhaというのがこのスケーターの下の名前に似ているため、ファンが丸い木製の飾り板(絵馬)に羽生の幸福を祈るお願いを書くための人気の場所となったのだった。この神社では、何百もの絵馬が棚にぶら下がっている。


Hanyu fans praying for his recovery at a Shinto shrine in Kobe, Japan. Credit Chang W. Lee/The New York Times
日本の神戸にある神社で、羽生のファンが彼の回復を祈っている。

One visitor to the shrine affixed a drawing she made of Hanyu to a round wooden plaque. Credit Chang W. Lee/The New York Times
神社を訪れたある人は、自分で描いた羽生の絵を絵馬に貼り付けた。

One visitor to the shrine affixed a drawing she made of Hanyu to a round wooden plaque. Credit Chang W. Lee/The New York Times
神社を訪れたある人は、自分で描いた羽生の絵を絵馬に貼り付けた。

Visitors who came to pray washed their hands at a stone basin, rang bells attached to thick ropes, bowed and clapped their hands. Ann Liu, 18, a Chinese student studying in Tokyo, carried a Pooh purse and said that Hanyu often buoyed her in difficult moments. She was trying to do the same for him.
神社に祈りに来た人は石でできたボウルで両手を洗い、太いロープに付けられた鈴を鳴らし、お辞儀をして手を叩いていた。東京で勉強している中国人の学生、18歳の Ann Liu は、プーの鞄を提げ、難しい思いをしていた時に羽生が何度も元気づけてくれたと話す。彼にも同じことをしてあげたいのだそうだ。

“He’s my guiding light,” Liu said.
「彼は私の導きの光です」とLiu は語った。



Lai Aishan, 38, who worked in a university computer center in Taiwan, said she had struggled to sleep after learning of Hanyu’s injury. She had tickets for the NHK Trophy but felt too disconsolate to watch skating on this Saturday afternoon.
台湾の大学のコンピューター・センターで働く38歳のLai Aishan は、羽生の怪我を知ってから眠れなくて苦労していると言う。NHK杯のチケットを持っていたが、この土曜日の午後はとてもやるせない気持ちがしてスケートを見られなかったということだ。

Buying a plaque in the fading light, Lai affixed a drawing she had made of Hanyu in gold ink. “I feel a little better now,” she said.
日が落ちる中絵馬を買い、Laiは金のインクで描いた羽生の絵を貼り付けた。「これで少しは気分が良くなりました」と彼女は語った。





ご拝読ありがとうございました。




saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。

ランキング参加中。クリックよろしく






AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。