まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

平昌表彰台で 最高の笑顔を見られますように。


テーマ:
NYタイムズ紙に掲載された記事です。
長文ですが、一読の価値があります。

収まりきらないので、2部に分けます。


The Greatest Figure
Skater Ever Is Michael
Jackson on Ice, Surrounded
by Winnie the Poohs
かつてない優れたフィギュア・スケーターは、
ウィニー・ザ・プーに囲まれた
氷上のマイケル・ジャクソンだ



“People see Hanyu for the first time and
they become hysterical or they’re moved
to tears. It’s like their lives are complete.”
「人は初めて羽生を見て、
感極まって、あるいは感動して涙を流すようになる。
まるで彼らの人生を達成したかのようだ。」

By JERÉ LONGMAN JAN. 4, 2018
ジェレ・ロングマン 2018年1月4日

{7FD9CE63-6206-4061-8162-1B6B83D7D7B8}


If Yuzuru Hanyu of Japan recovers from an ankle injury in time for the Winter Olympics, he’ll be one of the Games’ biggest stars. Not since 1952 has a men’s champion successfully defended his gold medal in figure skating. Credit Chang W. Lee/The New York Times
冬季オリンピックまでに日本の羽生結弦が足首の怪我から回復して間に合えば、この大会の最大のスターの1人になるだろう。フィギュア・スケートでは1952年以来、男子のチャンピオンが金メダルを守り切ったことはなかった。



MOSCOW — As usual, a Winnie the Pooh doll sat rinkside to reassure Japan’s Yuzuru Hanyu, the reigning men’s Olympic figure skating champion and perhaps the greatest skater of any era.
モスクワ – いつものように、ウィニー・ザ・プーの人形が一体、日本の羽生結弦を安心させるためにリンクサイドに座っていた。羽生はオリンピックにおける男子フィギュア・スケートの現チャンピオンであり、おそらく全時代を通じて最も優れたスケーターであろう。

Pooh gave smiling, uncritical approval of Hanyu, 23, in late October at an important pre-Olympic competition in Moscow called the Rostelecom Cup. Hanyu prefaced each routine with a quirky ritual, squeezing Pooh for good luck before he stepped onto the ice. He chose the Disney character as his personal mascot, according to a fan blog, because he found comfort in Pooh’s unchanging gaze.
10月下旬、モスクワで開かれたロステレコム杯と呼ばれるオリンピック前の重要な試合で、プーは23歳の羽生に微笑みを称えながら、暗黙の承認を与えていた。羽生は毎回ルーチンの出だしに風変わりな儀式を行うのだが、氷上に出ていく前に幸運を誓ってプーをギュッと掴むのだ。あるファンのブログによると、プーの変わらない眼差しに安心感を覚えることから、このディズニーのキャラクターを個人的なマスコットとして選んだのだそうだ。

Sometimes Hanyu bowed to the Pooh doll, which doubled as a tissue dispenser. Other times, he shook Pooh’s paw and patted his head.
時々羽生はプーの人形にお辞儀をするが、このプーはティッシュ・カバーの役割も果たしている。またある時、彼はプーの前足を握り、自分の頭をポンポンと叩いたりもした。

Several thousand of Hanyu’s fans had traveled from Japan, China, South Korea and the United States to see him compete. Some wore fuzzy Pooh ears. Others wore Pooh hats and costumes with cape-like attachments resembling Pooh’s red shirt.
彼が戦うのを見るために、何千人もの羽生のファンが日本や中国、韓国、そしてアメリカからもやってきていた。中には毛のついたプーの耳を身に付けている者もいた。プーの帽子を被る者や、プーの赤いシャツに似せたケープのようなものが付いたコスチュームの者もいた。

Good luck totems can carry a skater only so far, though.
しかし、ラッキー・チャームはスケーターをそこまでしか運んではくれないのだった。

This is a story about obsession — the preoccupation that Hanyu’s fans have with a transcendent international star and his own ambition for impeccable victory.
これは執着、つまり羽生のファンが並外れた国際的なスターに対して夢中になっている状態、そして彼自身が持つ非の打ち所のない勝利への野心についてのストーリーである。


Two and a half weeks after the Moscow competition, Hanyu’s fixation with difficult jumps led to an ankle injury. Ligament, tendon and bone damage to his right ankle kept him off the ice for more than a month, just as he was supposed to enter his final preparation for the 2018 Winter Games in February in Pyeongchang, South Korea.
モスクワの試合から2週間と半分が過ぎた頃、羽生の難度の高いジャンプへの執着が足首の怪我に繋がった。右足の靭帯、腱、そして骨の損傷により、羽生は1ヶ月以上も氷から遠ざかったが、それはちょうど韓国の平昌で2月に開かれる2018年冬季オリンピックへの最終準備に入る予定の時期だった。

Hanyu was named to Japan’s Olympic team in late December. Officials said they hoped he could recover. But the Winter Games were only weeks away and Hanyu’s ankle remained unstable. He could not yet practice his jumps.
12月下旬、羽生は日本のオリンピック・チームにノミネートされた。関係者は彼が回復できることを願うと発言した。しかし、冬季オリンピックはわずか数週間先であり、羽生の足首は未だ不安定なままだった。彼はまだジャンプの練習もできていなかったのだ。

Until he can complete a triumphant routine, uncertainty will shroud Hanyu’s availability and reliability for the Olympics, creating agita not only for his fans but at the highest levels of his sport.
彼が勝利のルーチンを滑りきるまで、羽生のオリンピックへの出場可否や信頼性には不確定要素が覆いかぶさり、彼のファンのみならずこの競技の上層部にまでも不安感を生じさせることになる。

At the least, the injury has threatened to jeopardize Hanyu’s chance of becoming the first repeat men’s champion since Dick Button of the United States in 1948 and 1952.
少なくとも、羽生にとって、1948年および1952年のアメリカのディック・バトン以来初の男子二連覇のチャンピオンになるチャンスがその怪我により危険に晒される恐れがあるのだ。


On a larger scale, Hanyu would be one of the Games’ few inimitable figures, hailing from a country that vibrantly supports the fading sport of figure skating. His absence, or his inability to compete at his best, would dim the star power at a global event where ticket sales and interest have lagged. And Olympic marketing experts could miss a huge opportunity to cultivate the Asian market for the 2020 Summer Games in Tokyo and the 2022 Winter Games in Beijing.
より大局的に見れば、羽生は人気の薄れつつあるフィギュア・スケートというスポーツに活気に満ちた声援を送る国からやって来る、オリンピックにおいて他に比類のない稀な存在の1人なのだ。彼が不出場、あるいはベストな状態で戦うことができないとなると、チケットの売上げや関心がはかばかしくない世界的な試合において、そのスターとしての力に陰りが落とされることになるだろう。またオリンピック・マーケティングの専門家たちは2020年の東京における夏の大会や2022年の北京の冬の大会に向けたアジア市場を開拓するという大きなチャンスを失いかねない。

Even if Hanyu can participate, the Winter Games will be his first competition in three months. And he won’t have Pooh to comfort him inside the rink. The presence of Pooh’s likeness would contravene Olympic rules of sponsorship and branding.
羽生の出場が叶っても、この冬季オリンピックが彼にとってここ3ヶ月で初めての試合となるのだ。そして自身を落ち着かせてくれるプーをリンク内に持っていくことはできないのだ。プーの肖像の存在はオリンピックの規則であるスポンサーシップやブランドに反することになるからだ。




“Did you see the Poohs?” a Japanese figure skating official said. “The ice turned yellow.” Credit Chang W. Lee/The New York Times
「プーを見ましたか?」ある日本のフィギュア・スケート関係者が言った。「氷が黄色くなりましたね。」

When healthy, his ambitious athleticism allows him to perform remarkable four-revolution jumps known as quads. And the emotion and interpretive skills of his artistry and musicality have made him a figure of fascination. He covers the ice with the creativity of a brush stroke and the precision of a stylus.
健康な時は、彼はその野心的なアスリート魂によりクワドとして知られている見事な4回転ジャンプを跳ぶことができる。そして感情と彼の持つ芸術性と音楽性における解釈のスキルとが、彼をして魅惑の存在とならしめる。彼は軽く触れるだけのストロークとレコード針のような正確さからなる創造性で氷を覆うのだ。

“He’s the most complete athlete in figure skating, probably ever,” said Stephane Lambiel of Switzerland, the 2006 Olympic silver medalist who is now a coach.
「彼は恐らく今までで一番の、フィギュア・スケートにおける最も完全なアスリートだ」と言ったのは2006年のオリンピック銀メダリストで現在はコーチでもあるスイスのステファン・ランビエールだ。

Hanyu can appear delicate, a boyish Christopher Robin with his Pooh. He also blurs rigid gender lines with his performances, possessing a grace and elegance that fans and journalists say are prized in Japan over a hypermasculine style of skating.
羽生はデリケートな、少年の頃のプーを手にしたクリストファー・ロビンのようにも見える。また羽生はその演技で明確な性の境界線をあいまいにするのだが、彼は優雅さとエレガンスを持っており、これはファンや記者たちによると日本では極めて男性らしいスタイルのスケーティングよりも高く評価されるのだと言う。



It is his aim, he says, “to stir something in people’s hearts.”
「皆さんの心の中の何かを呼び覚ますこと」が自分の目指す先なのだと彼は言う。

And, too, Hanyu is a relentless competitor who persevered after a devastating 2011 earthquake and tsunami struck northeast Japan and rattled his hometown, Sendai. He rotates so fast and tightly on his jumps that his body seems to disappear on its thin axis.
そしてまた、羽生は2011年に悲惨な地震と津波が日本の東北を襲い、彼の故郷である仙台を揺らしたのにも耐えたひたむきな競技者でもある。彼はそのジャンプの際にあまりに速く、またきっちりと回転するため、彼の体はその細い軸の上でまるで消えてしまったかのように見える。

“He’s got this aura, this special presence that only he has,” said Midori Ito, who in 1992 became the first Japanese skater to win an Olympic medal, taking second place in the women’s competition at the Winter Games in Albertville, France.
「彼にはこのオーラ、そして彼だけが持つこの特別な存在感があるんです」と言うのは、1992年に日本人として初めてオリンピックのメダルを獲得し、フランスのアルベールビルで行われた冬季オリンピックの女子の競技で2位となった伊藤みどりだ。

Even Hanyu’s physique — slender body, long neck, arms and legs — is atypical for a Japanese skater, said Ito, who is now a skating analyst.
現在はスケート・アナリストである伊藤は、スレンダーな体に長い首や腕、そして足を持つ羽生の体格までもが、日本人のスケーターとしては異質なものだと言う。



“He’s powerful and tender,” one fan said. “His emotion will heal your heart.” Credit Chang W. Lee/The New York Times
「彼は力強く、同時に優しいんです」とあるファンが言った。「彼の感情があなたの心を癒やしてくれますよ。」

“He’s so fierce on the ice, but in the kiss and cry he’s got his Pooh,” Ito said through an interpreter, referring to the area just off the ice where skaters wait to learn their scores after a routine. “That gap is what makes him attractive.”
スケーターがルーチンの後でスコアの結果を待つ、氷から少し離れた場所に言及しながら、通訳を介して伊藤が言う。「氷の上では大変獰猛な彼ですが、キス&クライではプーを手にしているんですよ。あのギャップが彼を魅力的にしているんです。」

Hanyu is the first Japanese man to win an Olympic gold medal in figure skating. As such, he is among the country’s most popular athletes and endorses products from mattresses to chewing gum to a video game to an airline.
羽生はフィギュア・スケートでオリンピックの金メダルを獲った初の日本人男子である。そういうわけで、彼は日本で最も人気のあるアスリートであり、マットレスからチューイング・ガム、テレビ・ゲーム、航空会社に至るまで商品を宣伝している。

His routines bear the appealing, tense contrast between art and athleticism at the heart of figure skating. Sometimes, this puts Hanyu in conflict with himself. He is an unsurpassed virtuoso, but he is also an athlete who wants to jump as proficiently as any other skater, even if that elevates the risk of injury — perhaps unnecessarily.
彼のルーチンはフィギュア・スケートの中心部分において芸術とアスリート魂との間に訴えかけるような、張り詰めた対比を生じさせる。時に、これが羽生を自らと対立させることがある。彼は卓越した名匠である一方で、それが怪我のリスクを高めることになっても、そして恐らくはそこまで必要がなくても、他のスケーターたちと同様に見事なジャンプを跳びたいと欲するアスリートでもあるのだ。



Hanyu’s expected rival for a 2018 gold medal, Nathan Chen of the United States, has become the first skater to complete five quads in a single routine. Hanyu wanted to keep pace as a jumper, even if he might get hurt. He seemed to view skating the way Brazilians are said to view soccer. It was better to perform aspiringly and attractively and lose than to perform conservatively and win.
羽生にとって2018年の金メダルを懸けて争うライバルと目されるアメリカのネイサン・チェンは、1つのルーチンで5つの4回転を跳んだ初のスケーターとなっていた。羽生は怪我を負う可能性があったとしても、ジャンパーとして遅れを取りたくはなかったのだ。彼はブラジル人がサッカーを見るようにスケートを見ているように思われた。安全策を取った演技をして勝つよりも、意欲的かつ魅力的に演技して負ける方が良かったのだ。

“I am an athlete, and as an athlete it’s normal to keep challenging to do more and more,” Hanyu has said.
「僕はアスリートだし、アスリートとしてどんどんチャレンジし続けて、もっともっとやるのは当たり前だ」と羽生は語った。

He fell twice during his free skate at the 2014 Olympics in Sochi, Russia. He said he wanted to deliver an unblemished, more inspired performance at the 2018 Winter Games.
ロシアのソチで開かれた2014年のオリンピックのフリー・スケーティングの際、彼は2回転倒した。彼は2018年の冬季オリンピックではミスのない、より閃きを感じる演技をしたいと語った。


“Could he win without the big, giant tricks? Yes,” said Hanyu’s coach, Brian Orser, who won two Olympic silver medals competing for Canada in the 1980s. “But that’s not him. He’s willing to take the risk. He’s visualizing a greater win than last time. It wasn’t that magical moment you usually see at the Olympics.”
「大きな、とびきりの仕掛けがなくても彼が勝つだろうか?もちろんだよ」と語ったのは羽生のコーチのブライアン・オーサーだ。彼は1980年代にカナダ代表として出場し、2つのオリンピック銀メダルを勝ち獲っている。「でもそれでは彼じゃないんだ。彼は進んでリスクを負うんだよ。この前よりももっと素晴らしい勝利を思い描いているんだ。この間のはオリンピックでよく見られるような魔法のような一時ではなかったからね。」

While the popularity of figure skating has nose-dived in the United States for several reasons, including the lack of a women’s star and the indifference of younger fans, the sport thrives in Japan, especially among women.
女子にスター選手がいないことや若いファンが無関心なことも含め、いくつかの理由によりアメリカではフィギュア・スケートの人気がガタ落ちしている一方で、このスポーツは日本で、特に女性の間で人気が上昇している。

Over the past quarter-century, Japan’s singles skaters have enjoyed regular international success that has been both engaging in its artistry and groundbreaking in its athleticism.
過去四半世紀において、日本のシングルのスケーターたちは芸術性への取組みとアスリート魂における開拓の両分野において、常に国際試合で成功を収めてきた。


Japanese fans flock to international competitions, buying tickets by lottery, often finding it easier to obtain seats outside of Japan than inside. At a tiny rink in Barrie, Ontario, Hanyu’s fans have even camped out overnight to be first in line when the doors opened. And Japan’s television networks and corporate sponsors are vital to bankrolling the International Skating Union.
日本のファンは大挙して国際試合にやって来て、抽選でチケットを購入するが、日本国内よりも海外で座席を手に入れる方が簡単な場合もよく見られる。オンタリオ州バリーの狭いリンクで、羽生のファンはドアが開いた時に一番に並ぶために徹夜してキャンプを張っていた。また日本のテレビ網や企業スポンサーは国際スケート連盟に積極的に資金を提供している。

“It’s keeping the sport alive,” said Jason Dungjen, a former American national pairs champion who coaches Japanese skaters.
日本人のスケーターをコーチしている元アメリカ代表のペアのチャンピオンであるジェイソン・ダンジェンは「それがこのスポーツを活性化しているんだ」と語った。

Hanyu’s supporters take sports fandom to a different level. They carry keychains in his likeness, dress as Winnie the Pooh and travel internationally — in huge numbers — to see him compete. Credit Chang W. Lee/The New York Times; Koki Nagahama/Getty Images
羽生のサポーターがスポーツの熱心なファンのあり方を異次元のレベルに押し上げている。彼の肖像の入ったキーホルダーを下げ、ウィニー・ザ・プーの衣装を着て、海外へ、それも大人数で、彼が滑るのを見るために旅をするのだ。


Five Japanese television networks covered Hanyu’s performance at the Rostelecom Cup in Moscow. So did several dozen print journalists and photographers who recorded his every jump, spin and utterance. Last spring, the skating website icenetwork.com found Hanyu on the cover of 19 publications called mooks — a combination of magazine and book — at a Japanese bookstore.
モスクワでのロステレコム杯では日本の5つのテレビ網が羽生の演技を報道した。同様に、何十社もの新聞や雑誌の記者およびフォトグラファーたちもやってきて、彼のジャンプやスピン、また発言までも逐一記録していた。昨年の春、スケートのウェブサイトである icenetwork.com は日本の書店で、雑誌と書籍を合わせたムックと呼ばれる 19 冊の出版物の表紙に羽生を見つけている。

The bookstore was not in Tokyo. It was in Midtown Manhattan.
この書店は東京にあったのではない。マンハッタンのミッドタウンのものだ。

“It reminds me of when Michael Jackson was in his heyday, or meeting the Pope,” said Jackie Wong, a prominent skating blogger and former skater who lives in New York. “People see Hanyu for the first time and they become hysterical or they’re moved to tears. It’s like their lives are complete. It’s crazy.”
「マイケル・ジャクソンの全盛期とか、教皇と会った時のことを思い出したよ」と言うのは、ニューヨーク在住の有名なスケート・ブロガーで元スケーターのジャッキー・ウォンだ。「人は初めて羽生を見て、感極まって、あるいは感動して涙を流すようになる。まるで彼らの人生を達成したかのようだ。クレイジーだよ。」



As Hanyu was introduced in Moscow for the short program at the Rostelecom Cup, Japanese fans waved small national flags. On one side of the rink alone, there were 16 banners proclaiming “Go Yuzu” and other exhortations. As Hanyu began to perform to Chopin, the crowd grew so quiet that the scrape of his blades could be heard in the upper reaches of Megasport Arena.
モスクワではロステレコム杯でショート・プログラムの時に羽生が紹介されると、日本のファンが小さな国旗を振った。リンクの一方のサイドだけでも「Go Yuzu」とか他の激励の言葉を誇示するバナーが16枚もあった。羽生がショパンに乗せて演技を始めると、観衆はぐっと静かになり、彼のブレードが擦れる音までがメガスポルト・アレーナの上階でも聞こえそうなほどだった。

A month earlier, Hanyu had set a world record for points for a short program. But in Moscow, he landed clumsily on a quadruple salchow and put his hands to the ice after an awkward combination jump. The judges placed him second to Chen. Still, Hanyu’s appreciative fans showered the ice with dozens of Pooh dolls.
1ヶ月前、羽生はショート・プログラムで世界記録のポイントを出した。しかしモスクワでは、4回転サルコウでは着氷が乱れ、コンビネーション・ジャンプでぐらついた後氷に両手をついた。ジャッジは彼をチェンに次いで2位につけた。それでも、羽生の真価を認めるファンたちは氷上に何十個ものプーの人形の雨を降らせた。

“Did you see the Poohs?” Yoshiko Kobayashi, the high-performance director of the Japanese Skating Federation, later asked an American reporter. “The ice turned yellow.”
日本スケート連盟の強化部長である小林芳子は後にとあるアメリカ人の記者に訪ねた。「プーを見ましたか?氷が黄色くなりましたね。」

After a news conference with international reporters, Hanyu was engulfed on a dais by Japanese reporters and photographers.
海外の報道陣との記者会見の後、羽生は高座の上で日本の報道陣やフォトグラファーたちに囲まれていた。



Kobayashi pulled a stopwatch from her purse.
小林がポシェットからストップウォッチを取り出した。

“I control,” she said.
「私がコントロールします」と彼女が言った。

The Japanese reporters would have five minutes, she said. She gave them almost seven, then freed Hanyu from the scrum.
日本の報道陣は5分、と彼女。彼女は7分近くを与え、その後羽生は囲みから解放された。




Fans shower the ice with Winnie the Pooh dolls. Video by Диана Тажетдинова
ファンたちは氷上に何十個ものプーの人形の雨を降らせた。


The next day, Hanyu’s fans again gathered to watch his free skate. Among them was Saori Kanayama, 30, a Japanese flight attendant who had traveled from Dubai for the competition. She had planned her vacation to attend the Olympics. All she needed was a ticket.
次の日、羽生のファンたちは彼のフリー・スケーティングを見にまた集まった。その中に、日本人のフライト・アテンダントでドバイから試合を見にやってきた30歳のサオリ・カナヤマがいた。彼女はオリンピックに行くために休暇のプランを立てていた。あと必要なのはチケットだけだった。

Hanyu’s fans wrote thousands of letters to him, made dolls in his likeness and sent him origami, cookies and towels to wipe his face after training. Kanayama brought rock music CDs with her.
羽生のファンは彼に何千通もの手紙を書き、彼に似せた人形を作り、折り紙やクッキー、トレーニング後に顔を拭くためのタオルを送った。カナヤマはロック・ミュージックの CD を持参していた。

“He has too many Poohs,” she said.
「彼はもうプーは山ほど持ってるから」と彼女。



Her reasons for following Hanyu’s career so closely were partly cultural. “Japanese people are shy, we are not supposed to show our honest feelings,” she said. “As a skater, Yuzuru doesn’t hesitate to show how much he wants to be No. 1.”
彼女が羽生の経歴をそれほどまでに追う理由の一部は文化的なものだという。「日本人は恥ずかしがりで、正直な気持ちは表に出さないと思われています。スケーターとして、ユヅルはどれほどNo. 1 になりたいかを表すのに躊躇しないんです。」

Wearing a white tunic and skating as a character out of Japanese folklore, Abe no Seimei, a kind of soothsayer and supernatural protector, Hanyu landed a quadruple lutz for the first time in competition. It is the most difficult of the four-revolution jumps currently being performed, requiring the jab of a toe pick, a liftoff from the back outside edge of one skate and a landing on the back outside edge of the other skate.
白い衣装を身にまとい、いわゆる予言者で超自然的な魔術師である安倍晴明という日本の伝承からのキャラクターとして滑る羽生は、試合で初めて4回転ルッツを着氷した。現在実施されている4回転ジャンプの中では最も難度の高いもので、トウ・ピックを突いて片側のスケート靴のバック・アウトサイド・エッジから離氷し、反対側の靴のバック・アウトサイド・エッジで着氷する。

But the performance was not flawless. Hanyu finished second over all to Chen. Some of his fans cried in the stands, including one wearing a costume identical to Hanyu’s.
しかし演技はノーミスとはいかなかった。羽生は総合でチェンに次いで2位となった。ファンの中にはスタンドで泣く者もおり、中には羽生と同じ衣装を着ている者もいた。



Frank Carroll, a renowned American coach who guided Evan Lysacek to a 2010 Olympic gold medal, attended the Rostelecom Cup. In his view, Hanyu seemed diminished.
エヴァン・ライサチェクを2010年のオリンピックで金メダルに導いた有名なアメリカ人コーチのフランク・キャロルがロステレコム杯に来ていた。彼の見立てでは、羽生は勢いが落ちたように見えたそうだ。

“I don’t see what he had a few years ago,” Carroll said. “I’m sorry. I know he does some beautiful things, but I don’t see the inspiration.”
「数年前に持っていたものが今は見えない」とキャロル。「残念だ。彼はいくつも美しいことをやっているのは分かるが、閃きが見えない。」

At a news conference, Hanyu complimented Chen as “a wonderfully talented person who does great jumps with a balletic expression.”
記者会見で、羽生はチェンについて「バレエの表現も合わせた素晴らしいジャンプを跳ぶすごく才能ある人物」であると褒めた。

“I need to practice more and more,” Hanyu said.
「僕はもっともっと練習しなければならない」と羽生は語った。



If Hanyu is somehow at full strength for the Pyeongchang Games, will he win gold again? “If he does all the things he can, he’s going to win easily,” said Evgeni Plushenko of Russia, the 2006 Olympic champion. Credit Ivan Sekretarev/Associated Press
平昌の大会でどうにか羽生が最大の力を出したなら、再び金を勝ち取るだろうか?「できることをすべてやれば、彼は楽に勝てるだろう」と言うのは2006年のオリンピック・チャンピオンであるエフゲニー・プルシェンコだ。

The next evening, Hanyu’s supporters were newly ebullient in filling the lobby of Moscow’s Aerostar Hotel, where the skaters were feted at a banquet. The fans formed two lines through which skaters walked, some stopping briefly for photos and autographs.
次の晩、羽生のサポーターたちが新たに溢れんばかりにモスクワのアエロスター・ホテルのロビーを埋め尽くしていたが、ここではスケーターたちがバンケットを開いていた。ファンたちは2列に並び、その間をスケーターたちが歩いていたが、中には写真やサインのためにちょっと立ち止まる者もいた。

A kind of spirit seemed to overtake Hanyu when he skated, lending him endearing masculine and feminine qualities, said one fan, Junko Ino, 36, a teacher from Fukuoka, Japan.
日本の福岡から来たファンの1人、30歳の教師、ジュンコ・イノは、彼が滑ると気のようなものが突然羽生を覆い、彼に人の心を惹きつけるような男性的そして女性的な資質を与えるのだと語った。

“He’s powerful and tender,” Ino said. “His emotion will heal your heart.”
「彼は力強く、同時に優しいんです」とイノ。「彼の感情があなたの心を癒やしてくれますよ。」

Sayuri Arimoto, 50, a software engineer, had traveled from San Mateo, Calif., to see Hanyu, even if it left her co-workers puzzled. “You travel to Europe just for figure skating?” they asked her.
ソフトウェア・エンジニアの50歳、サユリ・アリモトは、同僚を困惑させながらも、カリフォルニア州サンマテオから羽生を見にやってきた。「フィギュア・スケートを見るためだけにヨーロッパに行くの?」とみなに聞かれたそうだ。



When Hanyu was home in Japan, he sometimes skated at midnight for peace and quiet, his coach said. And in Toronto, where he trained most of the time, he occasionally called his coach to ask for a ride, uncomfortable with some fans who knew his daily routine and waited to ride the bus with him.
羽生が日本の家にいる間、彼は落ち着いた静けさを求めて真夜中に滑ることがあると彼のコーチは語った。そして彼が通常トレーニングを行うトロントでは、彼の毎日のルーチンを知って、彼と同じバスに乗ろうと待ち構えているファンに困った羽生が、時折コーチに電話を掛けて車に乗せて欲しいと頼むそうだ。

At the Toronto Cricket, Skating and Curling Club, Hanyu’s team makes a great effort to answer his fan mail and to keep fans, bloggers and other journalists from intruding to videotape his practices.
トロントのクリケット・スケーティング・アンド・カーリング・クラブでは、羽生のチームは彼のファンからのメールに返答する作業や、ファンやブロガー、その他報道陣が彼の練習をビデオに収めようとするのを阻止するために大変な骨折りをしている。

“You can have a bad day and nobody’s going to be writing about it,” said Orser, Hanyu’s coach.
羽生のコーチ、オーサーは「うまくいかない日もあるし、誰もそれについては書こうとしないからね」と言う。

When he did not receive a desired result, Hanyu said, he felt a need to apologize to his fans, but did not consider the expectations of his supporters and the news media to be a burden.
思うような結果が得られなかった時、羽生は、ファンに謝らねばならないが、自分のサポーターやニュース・メディアを重荷だとは感じていないと話した。


The fall during training in November that left Hanyu with ligament, tendon and bone damage in his right ankle. Credit Kyodo, via Reuters
羽生の右の足首の靭帯や腱、また骨に損傷を与えることになった11月のトレーニングの際の転倒。

“Honestly,” he said through an interpreter, “sometimes I’m feeling like they treat me as a celebrity or an idol, but I’m not quite that. But I understand they’re all here to support me and I appreciate that passion.”
「正直に言うと」と彼は通訳を介して話した。「時々ファンが僕をセレブやアイドルのように扱っていると感じているが、僕はそんなのではない。だが彼らはみなここに僕を応援するために来ていることは分かっているので、その情熱には感謝している。」

In the lobby of the Aerostar Hotel, Hanyu emerged through a side door, wearing a black suit for the banquet. He almost reached the elevators before fans noticed him. They hurried to take photos and videos. Among them was Hiroko Sato, 49, a neighbor of Hanyu’s in Sendai, Japan. Her family’s construction company had sustained damage during the 2011 earthquake.
アエロスター・ホテルのロビーで、バンケット用の黒いスーツを来た羽生は通用口から現れた。彼がもう少しでエレベーターに着くという時にファンが彼に気がついた。彼らは急いで写真や動画を撮った。その中には日本の仙台で羽生の近く住むという49歳のヒロコ・サトーがいた。彼女の家族の建設会社は2011年の地震の際に損壊を免れた。


Hanyu was training at the Sendai rink and, terrified, ran outside in his skates when the ice began to rumble. He and his parents and his sister were left without electricity or drinking water. They spent three days at an emergency shelter at a gymnasium. The rink closed for several months, leaving him a skating vagabond.
羽生は仙台のリンクで練習中で、氷が大きく揺れ始めた時には怖くなってスケート靴を履いたまま外に走り出た。彼や両親、そして彼の姉は電気も飲水もないまま取り残された。彼らは体育館の避難所で3日間を過ごした。リンクは数ヶ月間閉鎖され、彼は滑る場所を転々とした。

Upon winning a gold medal at the 2014 Olympics, Hanyu, then 19, worried aloud that his victory would be a frivolous gesture to those who had suffered in Sendai. That was not true, said Sato, his neighbor. Hanyu skated in a benefit for victims of the earthquake and donated royalties from his two autobiographies to the rink in Sendai.
2014年のオリンピックで金メダルを獲ると、当時19歳の羽生は自分の勝利が仙台で被災していた人たちにとって取るに足らないジェスチャーにならないかと悩んだ。そうではなかった、と彼の近くに住むサトーは言う。羽生は地震の被害者のために滑り、2冊の自叙伝の印税を仙台のリンクに寄付している。

Hanyu had called her after the earthquake, she said, asking, “Are you O.K.?” and telling her, “Hang in there.”
羽生は地震の後彼女に電話をかけ、「大丈夫ですか?」と尋ね、「諦めないでください」と告げたと言う。



《続く》


画像はお借りしました。
ランキング参加中。クリックよろしく



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。