テーマ:
JAPAN TIMESに掲載された、ジャック・ギャラハー氏のコラムです。

https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/01/02/figure-skating/looking-hanyus-chances-retaining-gold-pyeongchang/#.Wkxa8FVl_IU


{883D63BE-8E07-4890-830C-4C2CB9BDA0B5}


Yuzuru Hanyu's recovery from an ankle injury has thrown into question whether he will be able to capture his second straight Olympic gold medal at the Pyeongchang Games next month in South Korea. | KYODO
羽生結弦の足首の怪我からの回復具合により、来月韓国で開催される平昌オリンピックにおいて2つ目の金メダルを獲得できるかどうかという論議を呼んでいる。


Looking at Hanyu’s chances of retaining gold in Pyeongchang
羽生の平昌における二連覇の可能性を検証する

BY JACK GALLAGHER
ジャック・ギャラハー


It is the $64 million question.
これは一番気になる論議である。(訳註:$64 millionは、昔のTV番組より)


Will defending Olympic and world champion Yuzuru Hanyu, coming off a significant injury, be able to go to the Pyeongchang Games next month without a competition beforehand and add a second gold medal to the one he won in Sochi?
重い怪我を負っている現オリンピックおよび世界チャンピオンの羽生結弦は、その前に1つも試合に出場せずに来月の平昌大会に行き、ソチで獲得した金メダルに続けて2つ目を獲得できるだろうか?


Ice Time reached out to two legendary skating writers and two coaches to get their thoughts on this question, one that is on the minds of a great many people these days.
Ice Timeでは伝説のスケート記者2名、および2名のコーチに連絡を取り、この論議、すなわちこのところ極めて多くの人びとの頭によぎる問いかけに対する彼らの意見を求めた。



In similar cases in the past, injured skaters in other countries have had to prove their fitness before being confirmed for the Olympic ticket. Because of Hanyu’s long list of accomplishments, he is essentially being given a pass by the Japan Skating Federation.
過去の同様のケースにおいては、他の国々で怪我を負ったスケーターたちがオリンピックのチケットを確約される前に状態が良いことを証明せねばならないことがあった。
羽生には枚挙に暇がない実績があるため、日本スケート連盟から原則に則って選出されている。

Fair enough, I say.
たいへん公正である、と言っておきたい。

Hanyu is Hanyu.
羽生は羽生だ。

The JSF has met with Hanyu’s team and been kept informed about how he is recovering from the ankle injury he suffered during practice at the NHK Trophy in Osaka on Nov. 9.
JSFは羽生のチームと会い、11月に大阪で行われたNHK杯の練習中に負った足首の怪我からの回復具合について引き続き情報を得ている。

Phil Hersh, formerly of the Chicago Tribune, who has covered every Winter Olympics since 1980, gave Ice Time his detailed view in a recent email.
前シカゴ・トリビューン紙のフィル・ハーシュは、1980年より冬季オリンピックを毎回報道してきたが、最近のメールでIce Timeに自身の詳しい見解を書いてくれた。



The Four Continents is very close to the Olympic Games, so that is probably a non-starter,” Hersh wrote. “It would be fairer to the other Japanese skaters who might get the spot if he did have to show fitness before a monitor.”
「四大陸選手権はオリンピック大会にとても近いため、これが最初の試合になることはないだろう」とハーシュ。
「羽生がモニターの前で実際に体調が整っていることを示す必要があったとしても、四大陸選手権への出場権を獲得できる他の日本のスケーターにとってはその方が(四大陸に羽生選手が出ないことが)公正だろう。」

Takahito Mura is the first alternate for Pyeongchang and would get the spot should Hanyu be forced to withdraw.
無良崇人は平昌の補欠第一位であり、羽生が棄権を余儀なくされた場合に出場権を得ることになる。

I mentioned the Nancy Kerrigan-Tonya Harding drama back in 1994, where Kerrigan had to recover in a short period of time after being whacked on the knee by a thug hired by Harding’s husband.
私はかつて1994年に起きたナンシー・ケリガンとトーニャ・ハーディングの事件について言及したが、これはケリガンがハーディングの夫に雇われた暴漢により膝を殴打された後、短期間で回復せねばならなかったというものだ。

Hersh cited a different scenario in his response.
ハーシュは応答の中で、別のシナリオを引用した。

“A closer analogy might be Michelle Kwan in 2006. Her final competition was the 2005 worlds,” Hersh wrote. “A monitoring committee went out to see her between nationals and Turin (some reporters were there as well). But even that is no guarantee, as what happened in Turin proves.
「より似たような話としては、2006年のミシェル・クワンが挙げられるだろう。彼女の最後の試合は2005年の世界選手権だった」とハーシュ。
「審査会は全米選手権とトリノとの間に彼女を見に行ったのだ(そこにはレポーターたちもいた)。だがトリノで起きたことが示すように、そこまでしても何の保証にもならない。


“If Yuzu proves unable to compete at the 11th hour, it is simple to get another skater to Pyeongchang from Japan — simple, that is, compared to flying Emily Hughes in to Turin.
「もしユヅが直前になって競技に出場できないと分かったら、日本からは別のスケーターを平昌に派遣するだけの話だ。それだけだ。
つまり、エミリー・ヒューズをトリノへのフライトに乗せるのに比べたら、ということだ。」


“Kwan withdrew on Feb. 12, a day after her first practice in Turin; the women’s event was Feb. 21 and Feb. 23. Yuzu clearly belongs at the games, but there should be ‘independent’ testing of his fitness. Given the inconsistent level of most men’s skating this season, Yuzu still could be a gold contender at less than 100 percent.”
「クワンは2月12日、トリノでの最初の練習の次の日に棄権した。女子の試合は2月21日と2月23日だった。ユヅは明らかにオリンピックにふさわしいが、彼の調子については「個別の」テストが必要だろう。
今シーズンはほとんどの男子のスケートのレベルが不安定なことを考えれば、ユヅは100%とは言えないものの、やはり金メダル候補者となり得るだろう。」


Hersh then recalled an instance where two U.S. skaters had to show they were physically able to perform before being given the green light for the Olympics.
その後ハーシュは、オリンピックに青信号を与えられる前に2人のアメリカ人スケーターが物理的に演技出来ることを証明せねばならなかった件について回想した。


“In 1992, both Tonya (who competed at nationals) and Todd Eldredge (who did not, bad back) were monitored before getting approval to compete in Albertville.”
「1992年、トーニャ(全米選手権に出場)とトッド・エルドリッジ(背中を痛めて同欠場)はいずれもアルベールビル出場を承認される前に審査を受けている。」



An international coach, who requested anonymity, believes Hanyu’s incredible skill and poise will enable him to pocket the gold again without an event in advance of the big extravaganza in South Korea.
匿名希望のある国際的なコーチは、羽生がその類まれなスキルや均整の取れた身のこなしにより、韓国における大きな祭典に先立って試合に出場しなくても、再び金を手中に収めることができると信じている。


“I think he can do it. He is such a great athlete with so many weapons in his arsenal,” the coach told me in a telephone call on New Year’s Eve. “This layoff may turn out to be a good thing for him. There is going to be pressure on Nathan Chen and the others, but Hanyu has already done it once, so his chances are good.
「彼ならできると思っている。彼はあまたの武器を備えたあれほどの優れたアスリートだ」とこのコーチは大晦日の晩に電話で語ってくれた。
「今回の一時的な休止期間はきっと彼にとって良いものとなるだろう。ネイサン・チェンや他の選手たちにはプレッシャーになるだろうが、羽生はすでに一度経験しているから、彼の勝算は高いよ。


“Presuming that he hasn’t been sitting on the couch for the past few months, I think he will be in good shape. He is so thin that he looks like he would not let himself go. Other skaters might have trouble pulling this off, but I think Hanyu can win again.”
「ここ2ヶ月ほど彼が長椅子に座っていなかった(訳註:キスクラなどの長椅子のことと思われ、つまり試合に出場していなかった、という意味)としても、きっと調子はよくなると思っている。
彼はかなり細いから、油断して太ることもないだろう。他のスケーターならこの状態をうまくやり通すのは困難かもしれないが、羽生なら再び勝つと思う。」


“She did have to skate in front of a U.S. Figure Skating panel a few weeks later to be OK’d for Turin. She did well and was sent to the games, but then was injured in her first practice and withdrew.”
「彼女は実際に、数週間後にアメリカ・フィギュア・スケート連盟のパネルの前で滑り、トリノへの承認を得る必要がありました。素晴らしい滑りを見せて大会に派遣されたものの、最初の練習で怪我をして辞退しました。」


When pressed on whether she thought Hanyu can capture the gold again, Brennan would not rule it out.
羽生が再び金を獲得できると思うかと強く尋ねられると、ブレナンはその考えを排除しなかった。


“I’ve learned enough in life to know when I have no idea what the future holds,” she wrote. “It would be unprecedented (at least in my memory) but that doesn’t mean it won’t happen.”
「これまでの人生経験から、将来何が待ち受けているかは分からない時にはどうやって判断すればいいかこということを嫌というほど学びました」とブレナン。「(少なくとも私の記憶では)前例がないけれど、だからと言って、そうならないという意味にはならないのだと。」


A second international coach, who also requested their name not be used, provided detailed responses in a telephone call on Tuesday.
やはり匿名を希望するもう1人の国際的コーチは、火曜日の電話で詳しい回答を寄せてくれた。



“Based on what Yuzu has done in the past, there is no doubt that he should be on the Olympic team even without a fitness check,” the coach stated. “Even if he is not in perfect condition, the reality is that he will be better than, say, Takahito Mura.”
「これまでユヅが成し遂げたことに基づけば、彼は健康状態のチェックなど受けずとも、オリンピック・チームには選出されて然るべきなのは疑いもない」とコーチは述べる。
「たとえ完全なコンディションではなくても、実際のところ、彼なら、例えば無良崇人より良いだろう。」


As to whether or not Hanyu can win the gold again, the coach was more measured in his reply.
羽生が再び金を獲れるかという点については、同コーチはより慎重な返事を返した。

“That is a tough one. It is going to be a question of conditioning,” the coach commented. “Just missing one week of training is significant. It will come down to how he has recovered and if he has been able to maintain some level of conditioning.”
「それは難しい質問だね。それはコンディショニングの問題になるだろう」とコーチがコメントする。「トレーニングを一週間できないだけでも重大な問題だ。おそらく彼がどれほど回復しているか、またある程度のコンディショニングをキープできているかにかかってくるだろう。」


The coach then got more specific with his outlook on the situation.
その後、同コーチはこの状況についてより具体的に述べた。


“I think Yuzu can win the gold even without the quad lutz,” the coach said. “The quad toe, salchow and loop should be enough for him to do it.”
「ユヅなら4回転ルッツを跳ばなくても勝てると思う」と同コーチ。「4回転トウ、サルコウ、それにループを跳ぶだけで彼は十分勝てるだろう。」


The coach believes that Hanyu’s inner strength could be the decisive factor.
コーチは羽生の内的な力が決定的な要因となるだろうと考えている。

“I think Nathan Chen and Shoma Uno will be great. But Yuzu is a tough guy and very strong mentally,” the coach stated. “That is going to be very important.”
「ネイサン・チェンや宇野昌磨は素晴らしいだろうと思う。しかし、ユヅはタフな青年で、メンタルがものすごく強い」と同コーチは述べる。
「そこがとても重要になるだろう。」


With Hanyu not participating in a warmup event before the Olympics, it will be interesting to see if he skates in the team competition that begins on Feb. 9. With Japan’s chances for a medal somewhat long if Russian athletes are allowed to enter as a squad, that could serve as a test for Hanyu.
オリンピック前に羽生が練習となるような試合に1つも出場しないとなると、2月9日に始まる団体戦で彼が滑るかどうかを見るのも興味深いだろう。
ロシアのアスリートがチームとしての出場を認められれば日本のメダルの可能性は遠のくため、この試合が羽生にとってのテストとしての役割を果たせるかもしれない。


The men’s team event short program is set for Feb. 9, with the men’s free skate slated for Feb. 12. If Hanyu bypasses the team competition and lets Uno and Keiji Tanaka shoulder the load, he would have another week to prepare.
男子の団体戦ショート・プログラムは2月9日に設定されており、男子フリー・プログラムは2月12日に予定されている。羽生が団体戦には出場せずに宇野と田中刑事にその重責を担がせるとなれば、羽生はさらにもう一週間準備期間を設けられる。


The men’s singles short program is scheduled for Feb. 16.
男子シングルのショート・プログラムは2月16日にスケジュールされている。


Ice Time agrees with both coaches. If anybody can pull this off it is Yuzu.
Ice Timeはいずれのコーチの意見にも同意する。この状況を乗り越えられるとしたら、それはユヅだ。



What also must be considered is that Hanyu’s two primary rivals — Uno and Chen — will be competing in their first Olympics. The spotlight and the pressure will be unlike anything they have ever experienced before.
もう1つ考慮に入れねばならないことは、羽生の2人の主要なライバルである宇野とチェンが初のオリンピックに出場するということだ。スポットライトとプレッシャーは、彼らがこれまで経験したこととは全く比較にならないだろう。


I’m reminded of Mao Asada’s interview immediately after her free skate at her first Olympics at the 2010 Vancouver Games, where she finished second to Yuna Kim.
2010年のバンクーバー大会において初のオリンピックでフリーを滑った直後の浅田真央のインタビューを思い出すが、この時浅田は金妍児に次いで2位で終えたのだ。

“It was over in a flash,” a still stunned Mao told a TV reporter.
まだ呆然としていた真央はTVレポーターに向かってこう言った。「あっという間に終わってしまいました」と。



saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。
ランキング参加中。ぽちっとな

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。