まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

平昌表彰台で 最高の笑顔を見られますように。


テーマ:

こちらをふまえて。

ロシア選手団の派遣認めず=IOC、個人資格には道―平昌冬季五輪

(時事通信より抜粋)
【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、組織的ドーピングによりロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪への選手団派遣を認めないことを決めた。

一方、過去に違反歴がなく、潔白が証明された選手は「ロシアからの五輪選手」として五輪旗の下で参加を認めることとし、個人資格での参加に道を残した。
表彰式などでは国歌の使用を認めず、五輪賛歌で代用する。


{BFD0AFB0-2EE5-4B8F-8945-039A4CACC050}



Ice Network によるロシア語からのスピーチの英訳です。
それを更に日本語訳にするため、翻訳の翻訳であることを差し引いてお読みください。

http://www.twitlonger.com/show/n_1sqbnf7



Translation of the speech Evgenia Medvedeva gave to the IOC Executive Board...
IOC役員会でのエフゲニア・メドヴェジェワのスピーチの翻訳。


Dear President, dear members of the Executive Committee!

委員長、ならびに役員のみなさま

I am honored to be here today. Thank you for the opportunity to address you on behalf of Russian athletes.
本日はこの場に立てて光栄です。ロシアのアスリートを代表して意見を述べる機会をいただき、感謝いたします。


I have until the last moment tried not to pay attention to the negative news related to Russian sports. I thought that we, the "clean" Russian athletes, had nothing to worry about. If someone really committed anti-doping rule violations, we certainly do not have anything to do with this.
ロシアのスポーツに関する否定的なニュースには、最後まで極力気持ちを向けないようにして参りました。私たち「クリーンなロシア人アスリート」は、何も心配することはないと思っておりました。
もしも誰かが実際にドーピング・ルール違反を犯していたとしても、私たちがそのこととは一切関係がないことは確かです。


In 2014, I was 14 years old. I have not even entered the adult national team of my country. For me personally, Pyeongchang should be the first chance to plunge into the unique atmosphere of the Olympic Games. I do not understand why I and my Russian teammates can lose this chance.
2014年、私は14歳でした。
我が国のシニアのナショナル・チームにも入っていませんでした。
私個人にとって、平昌はオリンピックの大会という他では味わえない雰囲気に身を投じる初めてのチャンスになるはずです。
なぜ私、そして私のロシア人チームメイトたちがこのチャンスを逃すことになるのか理解できません。


I took part in many different tournaments and I'm terribly proud of my two world title titles. But the Olympics is a dream! Everyone has dreams, and you probably already had a chance to fulfill your own. Let me do the same! I do not know if there will be other Games in my sports life after Pyeongchang.
私は多くの試合に出場し、2度の世界タイトルをたいへん誇りに思っています。
しかし、オリンピックは夢なのです。
誰にでも夢がありますし、皆様も恐らくご自身の夢を達成するチャンスを得てこられたことでしょう。
私にも同じ経験をさせてください。
私は平昌の後に、スポーツ人生の中でもう一度オリンピックに出場できるか分からないのです。


I always believed that the opportunity to compete at the Olympics should be fought on the ice. Unfortunately, now I understand that I can lose this chance because of circumstances that do not depend on me in any way.
私はいつも、オリンピックで競技するチャンスは氷上での戦いであるべきだと思っていました。
残念ながら、今回、自らにはどうすることもできない状況により、そのチャンスを逃すかもしれないことを理解しています。


I can not accept the option that I would compete in the Olympic Games without the Russian flag as a neutral athlete. I am proud of my country, it is a great honor for me to represent it at the Games. It gives strength and inspires me during the performances.
私は中立なアスリートとして、ロシアの国旗なくしてオリンピック大会で競技を行う選択肢を受け入れることはできません。

私は自分の国に誇りを持っていますし、オリンピックで国を代表することは大きな栄誉です。

そのことによって演技中に力を与えられ、閃きを与えられるのです。


In addition, for me both personal and team tournaments are equally important at the Olympics. If I perform without a national flag, I will not be able to compete in the team. At the same time, my other rivals will have this opportunity. The Olympic Charter states that all athletes should have equal opportunities. And in this case there can be no question of equality.
さらに、私にとってオリンピックでの個人競技もチーム競技も等しく重要なものです。

国旗なしで演技をするということは、チームでは競技できないことになります。

同時に、私の他のライバルたちがこのチャンスを得ることになるのです。

オリンピック憲章には、すべてのアスリートが等しく機会を与えられねばならないと書かれています。

ですから今回の場合も、平等性においてなんら疑義を挟むべきものはないのです。


Dear members of the executive committee! I promise you that if I play at the Olympics in Pyeongchang, I will do my best not to disappoint you and adequately represent your country and the Olympic movement as a whole. Thank you for attention!
理事の皆様、私は平昌のオリンピックで演技ができるなら、皆様ががっかりすることのないよう全力を尽くし、皆様方の国を、そして全体的なオリンピックのムーブメントを十分に表現いたします。

ご清聴ありがとうございました。



{B6AC08F7-3E78-4218-9ABA-A1932115F625}



重いコメントです。
これが最善の決断だったのでしょうか。
やり切れない思いです。




saikorinさんありがとうございました。

画像はお借りしました。

ランキング参加中。親分をクリックするのだ

AD
いいね!した人  |  コメント(12)

ばりぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。