映画 | ハンドメイドアクセサリー作家さんざのブログ

ハンドメイドアクセサリー作家さんざのブログ

ハンドメイド作家のさんざです!
裏話やたまに前世の記憶話、等Instagramとかに書けない話を書いてますw

東海3県の移動販売催事主に、回ってます。

こんにちは!


やっと土用が明けましたー、、



明けるまですごい体がしんどくて

身体が動かなくてやばすぎた。



さんざには、子供が今世3人いるのですが

(戦国じだいは7.8人いてやばすぎたけど実子は3人くらいで、実はあの方々のお子様を養子として預かって育てていた模様)




特に長女が今6年生なんですが



生理がはじまってから、勘がするどくなってしまって



土用のはじめにはいると、綺麗に体調不調になるようになってしまい、、



(今世のさんざ一家は、私も含めて、生理が始まると霊感を初め、何か変化がでてくるようです。

長女と次女が覚醒して確信しました)




そして娘たちは元気ですが



次女が今日急に腰が痛いと言い出しまして。



昨日2時間ぶっ通し、ダンスレッスンだったのもあって

原因はそれか?と思いましたが




今日は敵地である大阪にきているために


原因が何か様子見てます。




もちろん丸腰で来るなんだ危ないので


一応対策はしてきている。





あ。そういえば。今更ですが


また三浦○馬くんが出ていた

ブレイブと、天外者、見ました。




だいぶ前に買って、いつ見ようと思っていて、


子供達が7月にコロナになっちゃったので、

家族も濃厚接触者。で外にでれなかったときに、


まとめてみました。




そして、ニュースで知ったけど、


たまたま見た日が、はるまくんの命日の前日だったみたいで。






彼の前世は、戦国時代、わたしの上司でした。


殿が息子のようで弟なようで、


まるでおかんのようだ、と冗談で言われたことがあります。

魔王だのさんざん言われていますが未だに



本当の殿はやさしく、


戦のない世の中にしたい、

敵をも味方に。と



そのために天下統一をなされようとしていました。




ブレイブでは、

はるまくんは家康役で


若き頃の殿を見ているようで懐かしかった。



そしてこの時にはもう何か



死を悟っていたのでは、、と




どこかでなんとなく自分からはおじいちゃんになるまで生きれないと感じていたかもしれない、と


なんとなく感じてしまいました。




亡くなってしまってから、みる作品。


この方はもういないんだなぁ、と凄く寂しく感じてしまいました。




姫(胡蝶様)におみやげをみる殿の姿が未だに思い出されます。


それほどまでは奥方様のことを愛しておられた。



照れながら絵がする殿が愛らしかったです。




鎌倉時代も、戦国時代も、しかも今世も。


私より先に亡くなってしまわれました。



鎌倉時代は、私は復讐心にかられ、

殿を殺した敵地に乗り込み、

夜襲を仕掛け、

後少しのところで、仕留め損った。


そして結果、わたしも殺されてしまった。


今思えば、殿にも申し訳なかった。

だけど本当に憎しみ的狩られた苦しみがどうしようもなく、苦しかったです。

未だにあのときの事を思い出すと涙が出てきます




戦国時代は、複数の殿の影武者がおり、


前線を離れた私は


本当の殿がどこにいて、

本当の殿は生きているのかさえ把握するのが難しかった



大切な方たちを、最後まで守ることができなかったことに無念でした。。





それがたまたま、今世、その時の方に再会し


それなことないよ、と言っていただけただけで、

救われましたが、



どこかに自分が許せない感情があるのでしょう。



根が真面目だからかなりこたえたまま、転生してしまいました。




こんなこと、姫たちが知ったら怒られそうです(^◇^;)




今世は同じことを繰り返さないためにも、


前向きに頑張っていきたいです。


自分からとの今度は戦いで。



子供達のことも、今度こそ大切に、すごしていきたいです。