視てしまったはなし | ハンドメイドアクセサリー作家さんざのブログ

ハンドメイドアクセサリー作家さんざのブログ

ハンドメイド作家のさんざです!
裏話やたまに前世の記憶話、等Instagramとかに書けない話を書いてますw

東海3県の移動販売催事主に、回ってます。

こんばんは!



随分と日記が開いてしまいました、さんざです。





最近のはなしで、不思議体験?をしました。





少し前に、家族で鉄板焼きのお店に

夜ご飯を、食べに出かけました。




たくさん、

さんざんにたらふく食べ、




お腹いっぱいになり、家族で車に戻ると。




斜め前に停車している、白いアルファードが目に留まりました。




運転席には誰もいませんでしたが、


中の助手席に、おじいちゃんが座っていました。




〖 なんで家族は中でご飯たべているのにおじいちゃんだけ車の中でまっているんだろう?〗


さては、鉄板焼きの気分でなかったのかな、、と




おじいちゃんは車の中で、横を向いてぼーっとしていました。




はっきりと見えていた、というかいたのですが




私はそのうち。ふと違和感を感じました。



いや、フツーに考えて、おかしいよね、、!




そしたら、その違和感に私がきづいて、



あ、あまり直視したらだめなやつだな、見えているのわからないようにしなきゃ、とおもっていたら、



おじいちゃん、すーっと消えていきました、、ガーンガーンガーンガーンガーン





うわー、やっぱりかーガーンガーン





みえるとき、みえないとき、


安定しないんですけど、


私の場合は本当に見える時は実体の人間のように

目に映る時があるんですショボーン



これはなぜなのかはわからないんですけど、、





自分の目にびっくりするよね



こんな感じだから、

もしかしたら、

普段生活していて、

普通に人間だと思って視界に入ってる人も、



もしかしたら、、と思うと、本当にこわっ!って思いますガーン