鹿嶋神社(日向市)

 

道の駅日向、お舟出の湯を通り過ぎた所に

なにやら神社があるとの事で、宮崎市内から

1時間半掛けて出掛けました。

 

日向サンパークという遊具やテニスコート

グランドゴルフなどの施設がありますが

人は少ない・・・(>_<)

 

テクテク歩いて行くと

鳥居発見!!!

この鳥居、小さい(@_@;)

私の背で頭が届くくらい(^_^;)

 

こちらから更に下ると

 

フクトが浦という場所らしい。。。

6月から7月にかけてクサフグの大軍が

押し寄せて産卵するらしい!

見たいような見たくないような・・・

 

浜?に出ると、そこは大小の石ころばかり

なにやら看板があるので行ってみると

おおっ、こちらですね~~~(^O^)/

何ですかっ!?

このアドベンチャー感満載の通りは!!!

奥に階段が見えますよ~~~

ドキドキしながら上がっていくと

小っちゃ!

社の周りには浜で拾った石に願いを書いて

置いてありました。

知らなかった・・・

書くもの持って無いや(ーー;)

御祭神・由緒書きが無かったのですが

御祭神はたぶんタケミカツチでしょうかね。

とてもシンプル

ですが、綺麗に保たれています。

ご挨拶を済ませまた浜辺に。

階段あるじゃ~ん!

行くしかないでしょっ。

おおぉ~~~

見晴らしが良い~~~(^O^)/

この辺りは美々津海岸遊歩道と言われ

全長3kmの整備されたウォーキングコースと

なっているようです。

 

晴れてればもっと気持ち良いでしょうね!!

全く知らなかった神社へ行けて良かったです。

 

曇りやったかいテゲさみかったじ!

急にさみなったかい身体に気を付けにゃね

 

【鹿嶋神社】

宮崎県日向市幸脇

 

詳しくは↓↓↓

日向市観光協会 美々津海岸遊歩道

 

【2017年10月3日の記事を再投稿ですm(__)m】

 

前回のつづき

西郷隆盛はなぜこの地を宿陣としたのか・・・

「此の地に宿陣したのは

可愛山稜(ニニギノミコト)の

陵墓があったからだ」と

曾孫の西郷隆夫氏が父隆正から

聞いていたと証言されました。

西郷隆盛は、山縣有朋陸軍中将率いる

官軍が、天皇家の祖が眠る

この地に向けて鉄砲も大砲も

決して打つことができないことを

知った上で一時の安息を得たのです。

 

右下の赤印が「西郷隆盛宿陣跡資料館」で左上の赤ピンが

「ニニギノミコト御陵墓参考地」

実際は赤ピンがもう少し右側ですけどね・・・

ニニギノミコト墓の周りでバンバンと戦は

出来なかったのでしょうね。

さてニニギノミコト御陵墓参考地です。

 

右上にユンボが見えると思いますが、

行った時にこの辺りの

修復工事がされていました。

可愛山稜と書いて「えのさんりょう」と読みます。

正式には「北川陵墓参考地」

延岡市 ニニギノミコト御陵墓参考地

↑こちらは延岡観光協会HPより拝借

昔ながらの木造で簡素な造りでしたが

石造りで立派になっていました。

宮内庁の文字がこの参考地が重要な事を教えてくれます。

私が行った時には、簡単に立ち入れそうでした・・・

 

「ニニギノミコト御陵墓参考地」といえば

西都原古墳群(西都市)」の記事で書いた

男狭穂塚古墳もニニギノミコトの

御陵墓参考地とされています。

西都原古墳群の男狭穂塚と女狭穂塚 御陵墓参考地

 

この2つが参考地と言われるのは、

「宮内庁により皇族の墳墓とされたが、被葬者を

特定する資料に欠ける陵墓」だからです。

 

ニニギの陵墓は鹿児島県薩摩川内市宮内町字脇園の

可愛山稜」が明治政府により治定されています。

ちゃんと調査して確定してほしいものですね。

掘り起こしたいー!!

(2018年1月撮影の可愛山稜)

鹿児島県薩摩川内市

 

ニニギ、ニニギと書いてきましたが、

ニニギって誰やん???

 

と言う事で

・高千穂の天の岩戸神話「アマテラスオオミカミ」の孫

・天孫降臨(高千穂の峰に剣を突き刺した)

・コノハナ(木花)サクヤヒメの旦那

・山幸彦(青島)、海幸彦(隼人)の親

・コノハナサクヤヒメの姉の

 イワナガヒメ(銀鏡神社)は

ブサイクなんで追い返した「ヒドイ!」

 

イザナキやらニニギやらウガヤなんちゃらやら・・・

訳わからんでしょうが

神話のふるさと宮崎県ならではの

地域がたくさん出て来ますよ。

 

ニニギノミコト御陵墓の地図などはこちら↓↓↓

延岡観光協会 ニニギノミコト御陵墓参考地

 


 

2017年10月2日の記事を

再投稿です。NHK大河ドラマ「西郷どん」も

後数回で終わりますね。

 

日向神話や神社巡りからいきなり明治へ

 

2018年の大河ドラマは西郷どん(せごどん)

お隣の薩摩藩(鹿児島県)出身なので、宮崎でも

西郷さんは馴染みがあります。

西郷隆盛が西南戦争時に官軍(政府軍)に追われ

北川町のこの地に宿陣しました。

宿陣にした旧児玉宅

このように最後の軍議を開いていたとされる。

なんともリアルな人形です。

軍服焼却の地

こちらで日本に1着しかない陸軍大将の軍服や重要書類を

焼いたとの事。

裏手にはたくさんの彼岸花が咲いていました。

なぜ、西郷どんが

ここを宿陣としたのか???

続きは次回・・・

ホントはこんな顔じゃないという説

けど、「よかにせ」じゃないですか!?

 

 

西郷隆盛が3ヶ月ほど滞在した温泉はこちら↓↓↓

白鳥温泉 上湯(えびの市)」の記事

 

大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛役「鈴木亮平」もこの地を

訪れていました↓↓↓

鈴木亮平オフィシャルブログ 南九州の旅 最終回~宮崎編~

 

詳しくはこちら↓↓↓

延岡市HP 西郷隆盛宿陣跡資料館

 

宮崎市に加江田渓谷という

お手軽ハイキングが楽しめる所があります。

 

場所は「加江田神社」と「姥ケ岳神社」の間ぐらい?

11月中旬に行ったので、

もっと紅葉していると思いますが

最初の方はアスファルトで

すれ違う方々とご挨拶をしながら歩きます。

年配の方や、家族連れなど

色々な年齢層の方が歩いています。

途中からこのような道になりますよ。

初めて来たので、どこがどうなっているか

わかりません(>_<)

透明度が伝わりませんが

かなり綺麗な水でした!!

自然の大きな岩、台風で流れついた木

色付き始めたばかり

25分ほど歩いたでしょうか

写真を撮り忘れましたが

ここの川水、本当に硫黄臭い(>_<)

温泉に入りたくなる匂いです。

ここから更に進むと帰りが

日が暮れて大変そうなので

ここで引き返します。

 

(イヤ・・・

実は体力がなくて引き返すのです(>_<)・・・)

 

ここは、登山口が何カ所かあり

双石山は宮崎では有名な登山スポットらしい。。。

 

登山、挑戦してみようかな~~~(*^。^*)

冬は寒いからイヤだなぁ~~(*_*;

 

こんな派手な毛虫がいると

少しビビりますけど・・・(>_<)

 

しかし、子供連れやご夫婦、友人同士で

歩いている人が多かったです。

運動不足には良いですね!!!

 

X(登山ダメ?やめとけって事??)

今日の宮崎はケムトレ・・・

飛行機雲がた~くさん(@_@;)

宮崎の田舎の上空を

こんなに飛行機飛んでるの???

 

【加江田渓谷】

宮崎県宮崎市鏡州

 

詳しくは↓↓↓

宮崎市観光協会

この時期になると街は

煌びやかな風景になりますね流れ星キラキラ

 

宮崎の片田舎でも町ぐるみで

イルミネーションに

取り組んでいる所があります。

「小林市野尻町」

 

昨年の記事↓↓↓

小林市役所 野尻庁舎

1年経つのがあっという間ですね・・・

国道268号線沿いの個人宅や商店も

イルミネーションを行っています。

駐車できず、街並みは撮れていません。

家族連れが楽しんでいました!

なんと、使える写真があまりなかったので

こちらからは昨年の写真をm(__)m

入口部分から庁舎

小屋には入れるのですよ~~~(^O^)/

巨大リース

 

また、この町に行ったら個人宅・商店の

写真も撮ってきて紹介したいと思います。

 

イルミネーションを見ると冬が来たって

思うがね~~~。色んなトコでやっちょるかい

他のとこも行きて~がよ

 

【野尻庁舎】

小林市野尻町東麓1183-2