鬼デカイパークを簡単に作る方法 - その2 | Yu Yoneya Official Blog

Yu Yoneya Official Blog

雪に全く縁のない東京下町で生まれ育った
フリースキーヤ―、米谷優のブログ


テーマ:
おはようございます!

前回は割と好評で楽しんでみてもらえたようで
極上の喜びでございます。

きっと君はもう、ドでかいパーク作りたくてワクワクしちゃってんだろ?
まあ落ち着けよ。
あと15コのステップ踏めば君も。。。。
Perfect Body
じゃなくて
Perfect parkを作れるからよ!

ではさっそく前回の続き~


{065C25E5-0D5F-45AA-B9C8-032413E7246A:01}


手順6:ツールを賢く使え。膨大な時間は、正しいツールを選ぶことで、膨大な時間を節約できるかもしれない。 重機が5分でできる作業を人の手で1時間かけるようなことはしてはいけないよ。いいか、身体を酷使するんじゃなくて頭をスマートに使え。お前はまだ数日しか作業していないし、これからエナジーを使う必要があるぜ。

{335A7577-CA79-4E3A-A9EE-4FEEB6A89EA6:01}

手順7:目を見開いて全体を見ろ。作業は同時に複数の個所をとる。だから編成が鍵だ。もしお前が効率と節約の目で作業を見続けないと、5つの重機で5回も同じ場所に雪を寄せる様な作業をしてしまうだろう。

{91E7FFFF-95E9-4911-A6A8-EE16EDB152B8:01}

手順8:掘り続けろ。シャベルは手になじんできただろう。壁をメジャーで測らないで、目測するようになるだろう。壁の作業を楽に終わらせるためにスノーキャットを使え。なぜなら、他の作業が待っているからね。

{A883FE53-FE18-4491-8731-D84CBE28A345:01}

手順9:独創的な解決策を。どんなにいい計画をたてても、予期せぬ問題にぶち当たるだろう。ツールを利用して想定外の事態を、その場で修復する準備をしろ。あと雪かけ機を上に上げる時に、パワーショベルに縛り付けるのをためらうんじゃねえぞ。

{58F068A2-3993-4E19-8C57-B9E924435B3E:01}


手順10:日が沈むまで掘れ。ヘッドランプと予備のグローブが最高に便利だぜ。 暗くなって冷える前に、可能な限り早く削るんだ。 暗くなっちゃって、柔らかい壁がガリガリのアイスに変わってしまうなら「Che Cazzo!(畜生!)」ってイタリア語で叫べばいいよ。



【続く】

今日はここまで!

See u next time!

Peace

米谷 優さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス