みなさん こんにちわ。

昨日は元校長先生による ”食事で決まる心と体” のお話を聞きにいきました。

おさらいがてらシェアしますね。

 

ど〜ぞ〜

 

『心』ってなに? どこにあるの?

 

人は脳で考え、あれやこれや判断する。

 

気分がいい! イライラする! お腹すいた! 

何か感じたときに脳から信号が出る。

その信号に使われるのが神経伝達物質さん達。

 

有名どころで言うと、

幸せ幸福ホルモンのセロトニンちゃんがいる。

 

セロトニンいっぱいの人は前向きで好奇心旺盛、喜ぶに溢れた毎日を送れる。

 

一方で、セロトニンが不足している人は、

やる気が出ない、不平不満が多い、人生つまんない。。うつ状態になって行く。

 

幸せの鍵! セロトニンって何でできてるんだろう?

 

なんとなんとセロトニンの材料は

トリプトファンというアミノ酸(タンパク質の一種)!

 

なので、ど〜もやる気が出ない、素直になれない、なんだか文句ばっかり言っている、何がしたいかいわからない、

などなどマイナスを感じやすい方。実はそれ貴方のせいでも誰のせいでもなくセロトニンが足りてないだけ!

なので積極的にトリプトファンが入ってるタンパクを食べると

幸福感あふれる人生への近道ですよ〜。

 

 

トリプトファンをとって幸せな人生にしていきましょ〜よ。

 

 

プラス情報で

トリプトファンがセロトニンに変わるときに

ビタミンB6、ビタミンCが必須!

なので一緒に食べると幸せです。