神田勇哉のブログ -6ページ目

神田勇哉のブログ

フルーティスト 神田勇哉の日記


テーマ:
{B79349BC-A85D-4DAD-9271-9D8934399F18}

日本音楽コンクール優勝者のコンサートでした。

作曲、ヴァイオリン、クラリネット、
トランペット、歌、ピアノ部門の

優勝者の方々との共演。





さすが日本一のコンクール、
優勝者にコンチェルトをさせてあげるなんて太っ腹!



とある過去のコンクール覇者は、

「この "毎日新聞日本音楽コンクール" だけは
優勝者の待遇が破格に違う」

と言っていた。


つまりコンチェルトやらせてくれたり、
各地のピンの仕事に繋げてくれたり…

って事だと思うが。




最近はこの前伴奏した
「東京音楽コンクール」なんかも
結構な頻度でプロデュースしてくれるのだけど、


やっぱ本家は違うのだろうか?







確かに、
私もこのコンクールのフルート部門 覇者は
しっかりと記憶してる。


高木さん、和志さん
小山くん、れいなちゃん
由恵さん、いでさん
愛ちゃん
松木さん
下払さん


確かに宣伝効果としては抜群ですな。



来年2020年は再びフルート部門だそうな。

このリストに名を連ねる新人が生まれ出ずるのですね。








どうでもいい話だけど、
エフエフ、ファイファン、みたいに

このコンクール略称が安定してないのである。



マイ コン (毎コン)、
オン コン (音コン)と呼ぶ人もいれば、


下手すると  ニチ コン (日コン)
なんて呼ぶ人までいる。

ニコチンみたいだ…







この日のプログラムは

新曲
コープランド : クラリネット協奏曲
ショーソン : ポエム

フンメル :トランペット協奏曲
R・シュトラウス : うたもの
ニコ・ドスタル : オペレッタもの
ベートーベン : ピアノ協奏曲





皆様の若きエネルギー頂きました。






テーマ:
スタジオにてアニメの音楽の録音をさせていただきました。


とてもカッコいい曲!







なんだかわからんが

やたらとアンサンブルが上手くいくなぁ…


と思っていたら…

{26ABE380-4193-4C1A-9611-8BD17ED5EE44}

マグナムが揃ってました。





それぞれが別々の活動をしてる中

たまになんの具合が予定が合うんですね。



惑星がお互い接近するようなもんダナ…








{540AEDC6-BBCE-4C41-8B9E-FC8D9C15B51A}

目を話すとすぐ

ハレンチな話をし始める二人。


困ったもんだ!!

※ウソです。







今回集まったのは何かの予兆なのか!?

{E16B6EF6-CA48-4875-BA4F-3AF7BBA74DDB}

という事でハイ!


3/31  静岡にて

フルートフェスティバルのゲストとして
演奏させていただく事になっております。



清水ですって。

イメージは、ちびまる子ちゃんだな…







僕の性格が歪んでいるのは、

小学生の時の愛読書が

「こち亀」と「ちびまる子ちゃん」だったからな気がする…


二つとも綺麗事を皮肉ったギャグで笑わせてくる。
  



…いや、歪んでいたから
この二つを好んで読んでいただけかもしれない。

テーマ:
{2C3BFF88-C309-48F7-889E-E4CAF46AC76E}

らららクラシックの収録でした。


集中しての4本撮り。








普段の私にとって "唇のケア" というのは、
寝る前にリップをゴッテリ塗るだけ。

フルートを吹く時は、
細かいコントロールできなくなる為、
使わない。





この日は、

「乾燥してる現場」で「長時間の収録」という
マイナス要因を忘れていたため、

ぼーっと過ごしていたら、

最後の方なんか唇がボロボロになっちゃって
いい音出んかった…







いつも生徒さんには、

「コンディションを保つのもプロの仕事ですよ!
自分のマイナスになる可能性は、
恥っから潰しておくのです。」

なんて言ってるのに…





アハハー

プロ失格だよぉ〜









ムシュ工藤重典の口伝には、こんなのがある。


「自分にとって調子悪い時の音でも、
人からしてみたら、いつもと変わらない音だし、

むしろ良い音にすら聞こえる事がある。」




うーむ、なるほど。

多くの生徒さんのレッスンと試験、コンクールを見てきた人のご意見だ。




…と、も一つ、


「ランパルのコンサートの開演前に
楽屋に挨拶に行って音出しを聞くと

必ず 絶不調。


…ほんで本番が始まってホールで聞くと

サイコーに絶好調なのだよ。」



おお、

特に音の綺麗さにはこだわらない私にとっては、
とても興味深い話だ。










とはいえ 現実に

自分の音が普段と違ってシャバシャバになると、
フォーカスが全然出来なくなるので、


やるきドン底だよね。下矢印






広いホールなら響きでどうにか誤魔化せるけど、

この収録は響かないトコだったんだよなぁ…。
クソゥ…








…なんて思ってて完成品をモニタリングしたら…



なんの変哲もナイ、いつもの自分だった…


Ameba人気のブログ