フランスからの帰国者 | 佐藤裕也眼科医院のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

佐藤裕也眼科医院のブログ

ブログの説明を入力します。

 フランスから帰国した知人からメールが届きました。空港内でのPCR検査は陰性で、指定のホテルに3日間入れられ、再度のPCR検査も陰性で、空港内に逆戻り。そこで「自粛」を命ぜられ、厚労省指定のハイヤーを呼んで都内の住居に到着。その間毎日ケータイでのチェックが入り、本人確認と居場所を監視されていたとのこと。ホテルでは廊下にも出られない監視付きだった由。

 一方フランスではワクチン接種の証明があれば自由に移動出来るのだそうです。フランスから帰国した人が感染者並みの扱いを受けるのは何故なのでしょう、と言ってました。

 一方でオリンピック選手は入国時に患者が出てもほぼフリーパスに近い扱いで大阪まで行ってしまいましたが、オリンピック関係者は一般の日本人より優遇されるのは初めから決定していたように思えます。これで日本国内で感染者が増えないことなどあるわけがないですね。そういえば政府関係者はオリ、パラによる感染者数の増減について、一言も発言がありません。