7回目の3.11(1) | 佐藤裕也眼科医院のブログ

佐藤裕也眼科医院のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

3月11日にはどうしても大震災当日のことが想い出されます。

小雪まじりの異様に寒い日でした。

2時頃には手術が終わり、部屋で休んで居たところでした。

午後2:46、突然の大地震発生と同時に停電。揺れが中々

おさまらず、待合室に行って大混乱の人々に「震度7まで耐える

設計だから絶対に外に出ないで」と叫びました。道路向かいの

建物の壁が崩れ落ちるのが見えました。揺れが収まりかけた時に

名古屋の中京メディカルに電話をして「無事。被害なし」の第一報を

いれました。その直後から電話は全く通じなくなりました

 ちょうどその時刻に、翌日の手術に備えて中京メディカルから派遣

されたナースが仙台駅の駅舎を出て歩道橋の上に居ました。駅舎の

シャッターが下りて戻れず、混乱の中を当院までたどり着きました。

レーシック手術を受けるために他県から来ていた患者さんも帰れなくなり

そのほかの2~3名の入院患者さん共々、数日間の籠城生活が始まる

ことになりました。勿論翌日以降の手術はすべてキャンセルです。

(つづく)

佐藤裕也眼科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス