お久しぶりです。ユウタです。学生の春休みは暇なので久々にブログ書いてみます笑

フェブラリーSから少し間隔が空いてのGl競争ですが、ここから一気に春のGlシーズンの開幕です!

個人的には皐月賞のダノンプレミアムと春の天皇賞のシュヴァルグランの走りに期待してるんですよ。。。

絶対勝つと思うんだよなぁ笑

まあ先のことは置いて、まずは春のスプリント王者決定戦「高松宮記念」です!

自分で言うのもなんですけど、短距離Glは得意なんですよね笑

是非とも当てたいです。

では本題の高松宮記念の考察をしていきます。昨年はセイウンコウセイが勝ちましたが、馬場が悪く、1番馬場の良いところを通っての勝利でしたので、今年は昨年のレースによって優劣をつけず、フラットに各馬を予想・分析していきたいです。

 

 

高松宮記念のトライアル(ステップ)レースとして

阪神カップ

シルクロードS

阪急杯

オーシャンS

辺りまでが上がると思いますが、今年は阪急杯のレベルが高いと思います。タイムもそうですがメンバーが濃かったですね。ダイアナヘイローは福島厩舎の有終の美のためにメイチの仕上げ+前有利ということもあり、恵まれた感は否めません。前が団子でゴールインした中、大外ブン回して伸びたレッドファルクスはさすがですね。馬体にも余裕があったと思いますし、標準はやはり高松宮記念。馬体が昨年よりも白く見え、斑点模様が少なくなった印象ですが、関係ないんですかね。。。笑

ちなみにゴルシの引退レースの有馬記念は真っ白でした笑

そこから芦毛は白くなったら歳の老いなのかなと勝手に判断しております笑

その辺詳しい方、コメントお願いします笑

話が逸れましたが、レッドファルクスは個人的に評価は高いです。

シルクロードSはレベル低めのレースではないかと思っております。完全に全盛期を抜け、落ち目に入ったセイウンコウセイがトップハンデを背負い2着に逃げ粘り、2番手で4コーナーを回ったファインニードルが2着と、これまた前有利の展開で1~3着まですべてアドマイヤムーン産駒と血統と馬場の相性も良かったのだと思う。3着に突っ込んできたフミノムーンはとてもいい脚を使ったが、高松宮記念のようなHペースになりやすい展開だと追走苦労で脚が溜まらない馬のように思える。ペースが落ち着き、脚が溜まる展開になれば掲示板までという馬だと思っております。

オーシャンSは昨年もこのような感じでメラグラーナが人気被ってましたよね笑

OP特別と言っても過言ではないと思います。この組からは重い印を打つことになりそうな馬はいません笑

気になるのは昨年のCBC賞の勝ち馬、シャイニングレイです。高松宮記念と同舞台で豪快な差し切りを決めています。完全な前残りの展開から、追込み勢からはただ1頭ケタ違いの脚を見せました。ただ、厩舎サイドはもう少し長めの距離の方が合うと発言しているのが気になりますが。。。

現状私が気になっている馬は

ジューヌエコール…Hペースでようやく折り合いがつく馬。ペースが速くなり、折り合いがつきそうな今回なら。

ダンスディレクター…8歳だがレース数は少なく、前走でも力を示したように、まだまだスピードは健在。

レッツゴードンキ…フェブラリーSでも良い伸びをしていたし、昨年は馬場の悪い内をすくっての2着。

レッドファルクス…現スプリントチャンピオン。得意舞台中京の良馬場で昨年のリベンジを。

レーヌミノル…スピードを活かすレース展開になりそうな今回は狙い目。

です!!

 

まだ追い切り・枠順で変更はありますが、1週前の段階ではこんな感じです。

また来週ブログ更新しますのでよろしくお願いします。

以上ユウタでした!

{72DA5931-D1CF-4D07-BF5F-FD84C513AE91}