女子テニスの世界大会【花キューピット オープン】の最終日 決勝戦前に、国歌独奏とオープニングアクトをさせていただきました

お花に溢れたステキな会場で、素晴らしい選手の皆様と関係者の皆様と、そこへ一員として関わらせていただけたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。




オープニングアクトでは、開催された『花と緑と音楽の街・広島』に因んで"平和"と"希望"をテーマにした曲を。
お客さまの手拍子やあたたかい拍手でとっても幸せな時間でした。


そして国歌、君が代。
出演が決まってから、この曲の歴史やあれやこれや考えて調べて色んな動画見て、、技術をみせるではない、華やかに演奏するではない、『心で演奏する』というのを意識した日々。
改めてこの曲の偉大さや良い意味での重さを感じました。








シングルス優勝のシェイ・スーウェイ選手、ダブルス優勝の穂積絵莉選手/ジャン・シューアイ選手、おめでとうございます✨

試合中の球の音や息づかい、近くできこえて、迫力があって、感動しました。かっこいい。




テニスしたいなぁ






益子侑