お久しぶりの投稿になってしまいました💦

訪問していただきまして、ありがとうございます✨




9月に入ってから急に無気力になりまして、お休みの日にはお家でのんびり、予定がない限り本当にのんびりと過ごしておりました。





もうとにかく眠いし…💤
寝ても寝ても寝たり無いという状況でした。





途中、私こんなんで大丈夫か⁉︎と自分自身を心配しておりましたが、今日なんかスッキリした感じがすると思って、手帳を見て納得してしまいました。



毎月、手帳に自分の運気を書いているのですが、今月全然見ていなくて、最終日にチェックするという適当さ(笑)




私の今月の運気は、『偏印・印綬・病』だったのです。



偏印(知性)…好奇心旺盛、発想力、想像力

印綬(知性)…勉強、習得本能、本を読む

…夢や空想を表現、実行力は弱い




まさに今月は、引きこもって本をよく読んでおりました。
経営者の自叙伝的な本が多かったのですが…



経営者になりたいわけではないけれど、経営者の人の思考が面白くて、とても興味深く勉強になります。



私は、知性の星を多く持っているので、知らない事を知れる事が好きだし、面白くて…
全く苦ではありません。



そんな時ふと思ったのです。



四柱推命の鑑定の時に、よく自分の星を意識して、無い星を追い求めないで下さいとよく言っていました。



無いものねだりばかりしないで下さいね。

これをやりたくて生まれてきたのだから、この星を十分に活かしてあげて下さいねと…
  


言われた経験を持っていらっしゃる方も、多いと思います。

それはそうなのだけれども、と感じられた方もおられた事でしょう。




命式に書かれている星は、当たり前に出来る事!
意識せずともやっていたりする事!
先天的に持っているから、出来てしまっているんですよね!
だから当たり前過ぎて、自分が持っている物には特別感を感じにくいのですよね。



だって生まれた時から備わっていたら、その人にとって普通なことなのですよね。



周りから見て、特別なことでも!



そうすると、隣の芝生が青く見えてしまうのですね!
持ってない物の方が魅力的✨


とてもよく分かります。




四柱推命の鑑定の時、自分の命式通りに生きれていればうまくいく✨
だって、これがやりたくて決めてきてんだから!




じゃあ、持ってない星は完全に無視していいのか?と思った時に、私はそれは違うなと思いました。





行動力ないから、全くお家から出ません。
人脈ないから、誰とも関わりたくありません。
自立心ないから、親のすねかじり続けます。誰かに依存し続けます。
遊び心ないから、毎日楽しい事ないです。
知性ないから、今まで勉強をしてきませんでした。




たぶんこんな方は、いないですよね💦
もしこの考えに至っている方がいらっしゃるのであれば、持っている星を活かしていないからです!
陰転してしまっていますね💦




私は、自立心・行動力の星を持っていません。



だけど無い星に関しては、自分の命式をフルに使った時にどこからかやり方を知り得たり、誰かに助けてもらったりしながら覚えていく事なのだなと、この1か月で腑に落ちました。




持ってない星は、後天的に身につけていくか、誰かに助けてもらうか✨




私の場合は、知性・遊び心・人脈は持っているけれど、自立心・行動力がありません。



だからか、本を読んだりした時、私と関わってくださった周りの人たちから『自立の仕方』や『どう動いていくのが良いのか』などを学んで来た様な気がします。



有るものを活かしたら、無いものも得られる!


とりあえず、自分が決めてきた事をやる!




持ってないものは、自分自身をキチンと生きた時に、どんな形か分からないけれども、ギフトとして届くんだなぁと妙に納得してしまった1か月でした。




だから、この四柱推命では自分自身を生きて、思いっきりこの地球を楽しもうと言ってくれてるのだと…





自分に嘘をつかない生き方!

それは、本当にやりたい事ですか?









最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました😊