私は幼少期から

 

喘息、アトピー、猫アレルギーなど

 

アレルギー体質でした。

 

 

 

 

身体が拒否する食品はいくつかあるのですか

 

 

その一つが 市販のカレールー です。

 

 

 

毎回ではないけど

 

食べると、神経?リンパ?

 

顎の根本らへんがしばらく痛くなる事があります。

 

 

カレー大好きなのに。

 

 

何でかな~。と思いつつ、特に調べることもありませんでした。

 

 

 

お店で食べるカレーやスープカレーで

 

痛くなったことはありません。

 

 

 

仕事で、東京カリー番長の水野さん取材を受けた時に

 

スパイスカレーに興味を持ってスパイスを購入。

 

 

順番とか段取りとか

 

料理好きでもない私には大変で

 

数回作って終わり。

 

 

 

簡単にスパイスカレーを作れないかと調べて出会ったのが

 

井上スパイス工業株式会社

http://inouespice.co.jp/

 

 

カレー用のスパイスを調合してくれているのでそのまま使うだけ。

 

 

その後、埼玉で友人になった人が

 

井上スパイスで勤めていたことがあった

 

などの縁もありながら今でもカレーはずっと

 

井上スパイスです。

 

 

 

 

 

この記事を書こうと思ったのは

 

 

 

無農薬・無化学肥料で農業を始めたいと思っているけど

 

「どうしても無農薬でなければいけない。」

 

「どうしても無化学肥料でなければいけない。」

 

と思っていなかったり

 

「経営が成り立たなかったら慣行農法でもいいから農業をやりたい」

 

と思ってしまっているので

 

 

このままでは

 

「途中で挫折してしまうのではないか」

 

「覚悟や想いが弱い」

 

そう感じ、自分の身体と食について見直してみるとにしました。

 

自分の身体が嫌がる食べ物。

 

それを調べていけば、考えが整理されたり想いが強くなるかなと。

 

 

 

そして見つけたのがこの記事です。

 

市販カレールーの正体は「劣化した油脂と添加物の塊」カレールーの正しい選び方と日本人の体質に合わせたカレーの作り方。

http://macrobiotic-daisuki.jp/curryru-kiken-45263.html

 

 

確かに。劣化した油脂は良くないかもしれない。

 

以前はマーガリンを食べると身体が痒くなることがありました。

 

マーガリンも家庭では使用していません。

 

 

 

一時期、集中的に体質改善に取り組んだおかげで

 

いまでは猫も平気、多少のハウスダストも平気。

 

マーガリンも1食くらい食べても平気です。

 

カレールーも1食くらい食べても大丈夫。

 

 

 

でも、スパイスカレーの方が美味しいので

 

カレールーに戻る必要もありません。

 

 

カレーを食べない、食べられない人がいると

 

発達障害関連の記事で見かけました。

 

その記事では、感覚過敏による色々な要素挙げていましたが

 

添加物についての記載はありませんでした。

 

 

もしかすると

 

添加物の味や何かに反応している可能性もあるのではないか

 

検討してほしいです。

 

 

 

顎の痛み

 

別の食品でも起きることがあります。

 

それについては次の記事でご紹介致します。

 

 

 

 

関連商品