危なそうに見えて通る牌。 | 魚谷侑未オフィシャルブログ「魚谷侑未の麻雀奮闘記♪」Powered by Ameba

魚谷侑未オフィシャルブログ「魚谷侑未の麻雀奮闘記♪」Powered by Ameba

日本プロ麻雀連盟魚谷侑未のブログです。
第6・7期女流桜花・第10回女流モンド杯・第9回モンド王座です。
麻雀格闘倶楽部・ロン2に参戦しています。
麻雀の話から日常生活の下らない事まで色々と綴って行こうと思います。よろしくお願いします。


テーマ:
今日は最高位戦ルールでセットしてきました。

面白い局面があったので、ブログに書きます。
ツイートしようと思ったんだけど、文字数が足りなかったw



‪東3局、西家、ドラ四‬

‪南家が五巡目に‬

南、一、9

ってポンして、
9ポンの時の手出しが一枚切れの発。‬

‪しばらくツモ切りで2と4が通ってる状況で手出し3‬


13XX
35XX

‪ていう形の、カン2やカン4テンパイからの‬待ち変えが否定された+9ポンの時に手出し発だったから変な手順を踏んでない限り3はほぼ手牌の関連牌。(トイトイをつけたいなら孤立牌の3より発を残した方が有用だから)

また、

113X発

の場合もほぼ3を切りそうですよね。
だから、

113X
も否定されます。



つまり、打3の時は絶対にノーテンかつ、

13XY

から3を打ってる事がほとんどなので、ション牌の東って98%通る牌なんですよね。


この3を打たれた時に「あーほぼノーテンだなぁ」とパッとわかって、(ここまでの絶対的な読みがあったわけじゃないけど、13XX35XXがない事はわかったから)満貫テンパイから東を打った事で、周りからは「魚谷さんは100%テンパイ」って思われてましたが、よくよく考えると、自分がノーテンでも切っていい牌だなぁと、局が進んでから考えてみて思いました(*´-`)
相手がきちんと考えて打ってる人なら、東で当たるケースほぼないよね。

一応、113東の1シャンテンから1か東引きがあるんだけど、打点効率とか考えると、113東発なら3切りそうだなーっていう読みも含めて。



こういうのって、勉強会セットの時じゃないと話し合えないから、面白いよね。

きちんと考えてみると、ただション牌だから危険牌!って思うんじゃなくてほぼ当たらないケースがあるなーと思いました。


なんか色々と楽しい一日でした。

やっぱり麻雀好きだなぁ。


明日からも頑張ろー。

魚谷侑未さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース