片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

9月になり秋の空・・・と思いきや、大型台風は直撃するし

まだまだ入道雲がむくむくと青空にでていますびっくり

 

それでも夕方になると少しは秋の気配がしていますね。

 

今週は中秋の名月と満月です。

 

猛暑が過ぎて涼しくなってきたらいよいよ年末にかけての片付けをしたいと思っていらっしゃるでしょうか?

 

はい、そうしましょう~ウインク

しかし、わたしたちは大変都合の良い生き物?で、視覚化しないと見えないことにしてしまいがちです。

 

こんもりと積みあがっていれば、ああ、どうにかしなきゃ~と

思えますが、扉がついていると見えませんから気になってはいてもそのままスルーが出来てしまいます。

 

初回のご訪問の際にできる限り全体のお部屋を見せていただくようにしていますが、収納や押入を開けていただくときはかなり躊躇されることが多いです。

 

そりゃそうだーーとわたしも思います。

誰だって知らない人(私)に見せたくはないでしょう・・・・・。

 

不思議なことに、見えるところはきれいに片付いているが見えないところがそのまま・・・というケースがあります。

 

また見えるところはすごいことになっているのに収納や押入を開けたらガラガラに空いているというケースもあります。

 

それはどういうことでしょうグラサン

 

まず、扉や引き戸でしまわれているところは閉じてしまえば見えないので忘れられます。だから何を入れていたかは後回しにできるのかもしれません。

実際に片付けが始まってみると

こんなところにあったのかビックリマーク・・・ということになります。

 

また見えるところは山積みになっているのにそこをかき分けて扉や引き戸を開けて見るとほとんど何も入っていないという場合は

収納の棚の使い方に疑問を持っている場合です。

どう使い分けたらいいのかが分からないのです。

 

そこで床の上や椅子の上やベッドの上が雪崩寸前まで積みあがってしまう。

あ、この場合はほとんどが衣服や本などです。

 

どちらの場合は良いとか悪いとかではなく、ご自分がどのタイプだろう?と考えてみてください。

 

そうなるには必ず原因(生活習慣)があるはずです。

 

たくさんの収納があればそれで収まるのでしょうか?

収納が足らないから溢れてしまう?

 

収納がたくさんあったとしても今度は入れたい放題にしてしまうと

今は見分けが付いたとしても将来的に年齢が上がっていくと今度はその収納の多さに圧倒される時が必ず来ます。

 

扉、扉、引き戸、引き戸、、、だらけでまるで神経衰弱のように毎回すべての扉や引き戸を開けて(ましてはその先にはまた収納ケースや引き出しが置いてある)探すことになります。

 

では、ラベルを付ければよいのでしょうか?

 

洗濯した衣類や書き足した書類、買い足した本、読んだ本、取り出した書類などをまた収納するという作業も繰り返さなくてはなりません。

 

自分の記憶の限界をどこまで引き延ばしてそれらが維持できるのでしょうか?

 

だから、必要なモノたちをなるべく少ないカテゴリーで仕分けして

いつでも取り出せるようにしておくことが大切なのだと思います。

 

さて・・・・

 

あなたはいつから始めますか?

 

 

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

中山ゆうみ 公式HPはこちら