こんにちわ

片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

一時的に涼しい日が続きましたがやっぱり残暑は酷暑の日々ですね笑い泣き

今年の夏は特に暑い気がしているのはわたしだけでしょうか?

片付けにおいていろいろな意見がありますが、みなさんはいつ片付けをするのが一番やりやすいですか?

 

早朝型?夜型?

週末型?

 

隙間時間に片づけをするのならいつでもOKだと思います。

行動を起こすには普段から気になっていてもモチベーションが必要です。

そのモチベーションを起こすには時間を作ることがまず第一だと思います。

 

私自身、毎日朝早くから夜遅くまで現場を回りクタクタになって帰宅すると夕飯の支度以外は

何もやる気になりません滝汗

それはみなさんと一緒だと思いますほっこり

 

月末になって予定がかなり変更になったおかげでやっと気になっていた自宅のリビングのレイアウト変更をしよう!

という気になりました。

 

実は今月前半に熱中症のような症状になり1日半寝込んだ時期がありました。

たいてい一晩で復活するのですが今回は養生を取って1日身体を休めました。

その際に寒気がすごくて扇風機の風も当たれないほど冷えていたのでわたしだけリビングに布団を敷いて

冷房無しで寝込んでいたんです。

その後に回復してから使っていた布団を干してリネン類も洗濯し、圧縮袋に入れて押入にしまおうと思っていました。

しかしそれがなかなかできなかったあせる

台風の影響もあり布団が干せなかったのもあるのですが、さあやろう!というモチベーションが湧いてこなかったのです。

 

そしてやっと、昨日の朝の隙間時間にやりだしたらそのまま帰宅してからも勢いが加速していきました。

よくよく考えると・・・昨日の夜は満月だったんですよねアセアセ

その影響か?満月時刻から始めて気が付いたら24時を回っていましたびっくり

 

朝の出がけの隙間時間にやった事は、布団の圧縮と押入整理。

そして中学生になって遊ばなくなった息子のオモチャ類の処分とローチェストとハンガーポールの移動でした。

学習机を部屋に移動して以来、稼働式のローチェストとハンガーポールは使わないなあと思っていたのですが

取りあえずそのままにしていたのです。

しかしレイアウトを変えてみると予想以上にスッキリ感がでてしまったので(笑)

やっぱりローチェストとハンガーポールも処分しようと思いながら仕事に出かけたのでした。

 

あれば他に使い道がありそう・・・

そういう場合は現場でもよくあります。

わたしはモノを減らした後はなるべく既存の収納品を再活用することをお勧めしています。

しかし大きかったり古かったりした場合はミスマッチになりがちなので、リサイクルにするか粗大ゴミに出すことを勧めるようにしています。

もちろんわたしの会社で後日引取りに伺うこともしています。

 

さて、昨晩は早めに帰宅できたので余力も残っているし夕飯を作ってお風呂にも入ってから続きを進めるか・・・・。

という軽い気持ちでモチベーションも持続させていました。

しかし次にやりたかったカウンター下のレイアウト変更からどんどん波及して仕事スペースの本棚やディスプレイ棚にまで発展して行ってしまったのです。

 

そうなるともう止まりません笑い泣きほぼ仕事モードにスイッチが切り替わり気が付けば24時ガーン

もう一度お風呂に入りたいほどの滝汗と脱力感でしばらく放心状態でぼーっと座っていました(笑

 

現場でわたし自身がそうなることはないのですが、なぜか自分のモノだからか?満月の影響なのか?

その後もほとんど寝付けない状態でした。

 

ある同業の片づけ専門家の方が「片付けは夜寝る前に数分がいい」とおっしゃっていることを思い出しました。

でも数分で片づけられることはわずかな事です。

片付けるというよりも「整える」という感覚ですね。

 

わたしは仕事で帰りが遅くなった時も一通りのことをした後はすぐには眠れません。

たぶん身体の中のサイクルが狂ってしまうのだと思います。

 

同じ時間に起きて同じ時間に寝るという生活習慣が少しでも変わってしまうとそれを取り戻すためにまた

時間が必要だということだと思います。

 

毎日さまざまな案件の現場に片付けサポートに伺っています。

それは依頼主のクライアントさまが日常から少し反れた非日常の中でモチベーションを高めてわたしと一緒に行う作業です。

 

他人(私)が家に入って持ちモノをチエックされた上、いろいろ意見を言われてしまうわけですからネ、クライアントさまの心情をお察しすると

それはそれは大変な非日常なのだと思います。

 

私自身は真剣勝負なので、毎回その繰り返しの中で良い方向へ変化していく状態が当たり前にもなっています。

 

しかし今日はつくづく昨日の状態を思い出してみて昨日のわたしはいつもと何かが違うなあと思いました。

それでも片付いた様子を見渡すと何とも言えない満足感があるのです照れ

 

片付けると変化が起こる。

 

というのは本当の事です。これは日々現場で実証していますからね。

どんな変化なのか?と言われると決定的なことは人それぞれなので言えないのですが、

心の変化という言葉が一番当てはまるような気がします。

 

片付けという作業はあくまでも作業なのですが、そこに至るまでのメンタルな部分が実は最も大事なのです。

 

このメンタル部分から先に改善をしていかないと片付けという具体的な作業に追い付けないと思っています。

すべてはつながっている(心と身体と部屋)といつも感じていますので、身体を動かして作業しながらまた心に変化が訪れてくるのも事実です。

 

自分と向きあう。

 

ということはそういう事だと確信しています。

 

部屋の動線ができ始めるとそこからどんどん波及してまるでタグ付けされているように片付けラインが出来て来ます。

ああ、ここが一番大事ですねチュー

 

部屋の中をどうしたいのか?このイメージが湧かない限り片付け作業に着手しても中途半端に終わってしまうのです。

 

そのイメージ作りを初回カウセリング付き片付けサポートで行います。

 

まだまだ暑さは続きそうですが、週末からいよいよ9月になります。

秋から年末にむけて片付けを始めてみませんか?

 

 

 

 

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

中山ゆうみ 公式HPはこちら