千葉県知事の記事について/我孫子市戦没者追悼式/千葉県松戸健康福祉センター運営協議会 | 水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

我孫子市選出・千葉県議会議員の水野ゆうきです。

 

まずはじめに多くの県民市民からお問い合わせをいただいている森田知事の週刊文春の記事についてですが、私自身もこの件に関しましてマスコミをはじめ多くの方々からコメント等を求められている状況です。

千葉県議会議員という立場から突撃でも取材に対してノーコメントで済まされるということはありません。

 

本日、森田知事が記者会見を行い、実際に9月10日に自宅のある芝山町に行ったことを話されました。

私自身、本日午前は我孫子市戦没者追悼式、午後は千葉県松戸健康福祉センター運営協議会等と政務が立て込んでおり、午後マスコミの皆様からの電話に出られる状況ではなかったのと、知事の会見を生で見ていなかったために、メディア関係者には県庁職員からのレクを受けて詳細を確認してからでないと安易にはお話しできない、と本日の政務活動が終わるまでお答えさせていただいていましたが、記者の皆さんからは「レクが終わるまで待ってます」ということでしたので、夕方に県から説明を受けた後、以下のコメントをしました。

 

●県民の納得が得られないのであれば、知事がトップとして県民に丁寧に説明責任を果たす必要がある

●事実関係や詳細がわからない部分は県議会で検証・精査をしていくことも必要

(本日のTBS『Nスタ』でも私のコメントが顔出し・実名で一部放送されました)

 

12月県議会は11月下旬から開会となります。県議会においても一般質問や委員会等で質疑が行われるでしょうし、森田知事自身も「県民に疑念をもたれないようにやっていきたい」とお話しされましたので、私たち県議会議員も県民の声を代弁する立場として、皆様の声をしっかりと受け止めて議員の職責を果たしていきたいと思います。

 

さて、本日は令和元年度我孫子市戦没者追悼式が挙行されました。

 

 

先の大戦におきまして、多くの尊い命が失われました。戦禍の犠牲になられた方々の御無念を思うと、哀惜の念に堪えません。

戦争により亡くなられたすべての方々に哀悼の意を捧げます。

御遺族の皆様方には、深い悲しみを抱えながら、そして筆舌に尽くし難いほどのご苦労をされながらも御尽力を賜りましたことに対し、深く敬意と感謝を表します。

 

そして、すぐに松戸市へ。

とはいえ、本日我孫子駅で人身事故があり、電車が遅延しておりまして、お昼は急いでラーメンにして松戸健康福祉センターへ向かいました💦

 

千葉県松戸健康福祉センター運営協議会がありまして、委員となっている私も必ず出席をしています。

 

 

松戸健康福祉センターの管轄は松戸市、流山市、我孫子市で、81万941人と管内人口が非常に多く、多様な感染症が発生したり、流行シーズンには同時多発的に発生するだけでなく、交通網の充実により近県の流行の影響を受けやすく国際的に脅威となる感染症の発生リスクを抱えています。

 

本日の運営協議会では松戸健康福祉センターの台風対応、東京2020を控えた麻しん対応、主な事業の進捗状況について説明があり、協議を行いました。

 

千葉県は台風・大雨からの復興、来年の東京2020に向けた対策とやるべきことが山積しておりますが、1日の時間を有効活用して前に進めていきたいと思います。