『我孫子市内歩道バリアフリー化』6年の歩み:冊子完成、星野市長に寄贈 | 水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

我孫子市選出・千葉県議会議員の水野ゆうきです。

 

本日は日暮俊一市議と我孫子市視覚障がい者の会代表とともに、我孫子バリアフリーの会の皆様が制作されました『我孫子市内歩道バリアフリー化』6年の歩み:冊子を星野市長に寄贈してまいりました。

 

 

市議会では歩道のバリアフリー化は日暮議員が特に力を入れており、市道以外での県管轄の部分は私が担当させていただき、障がいのある方々の目線にたって、我孫子バリアフリーの会の皆様方の並々ならぬ継続的な活動により、我孫子市内においてバリアフリー化が進んでおります。


このバリアフリー化の運動は家族会「こぴあ」の皆様方によるもので、私もサポートさせていただいております。

 

 

既に要望箇所のうち14か所がこの6年で実現をし、その経緯とビフォーアフターを我孫子バリアフリーの会の皆様が冊子にしました。

 

 

中はこのようになっています。

 

 

星野市長におかれまして、丁寧にお話しを聞いてくださり、アドバイスもいただきました。

 

これまで我孫子バリアフリーの会が一丸となって行政に働きかけて改善した経緯・証がこの冊子には詰まっています!

 

道半ばではありますが、市民の皆様方が安全に歩道を通ることができるように障がい者、ご高齢者、子ども、ベビーカーで移動される保護者の立場になって、県と市がタッグを組んで、支援してまいりたいと思います。