【千葉県議会】総務防災常任委員会にて審議 | 水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba


テーマ:

我孫子市選出・千葉県議会議員の水野ゆうきです。

 

本日、千葉県議会では私が所属する総務防災常任委員会が開かれました。

 

 

総務部関係では20議案、1意見書案、防災危機管理部関係では4議案を審議いたしました。

 

相当なボリュームのため、かなりの審議時間となりました。

 

今回の平成31年度一般会計予算1兆7,608憶4,528万円のうち、総務部関係の予算は4,539憶745万7千円防災危機管理部関係の予算は57憶1,574万4千円です。

 

防災危機管理部では主に以下の内容となります。

〇地震被害予測システム:地震発生時に迅速が救助を行うため、新たに液状化被害、避難者数、帰宅困難者数の推計を可能にするための改修

〇千葉県津波浸水予測システム:詳細な津波情報を沿岸市町村等に配信。予測対象地域を拡大し、住民向けに津波観測情報をメールで配信できるよう整備を進める。

〇九都県市合同防災訓練や関東10都県合同の緊急消防援助訓練など、関係機関と連携して実践的な訓練を行う。

〇被災者生活再建支援金への拠出:被災者生活再建支援法に基づき、地震等の自然災害により住宅に被害が生じた世帯に支給する支援金の原資。

 

総務部では改元に伴う情報システムの改修を行う必要性があり、現在、県の基幹的業務に利用する大規模なシステムについては、概ねプログラムの改修を終えており、今後は4月1日新元号が公表された後、表示画面や印刷帳票に正しくは反映されているかの最終確認を行うこととしています。

 

質疑では県職員の有資格者(弁護士、公認会計士等)の有効活用、ICTの利活用による業務改善、時間外勤務について活発な議論が行われました。やはり児童相談所の多忙化をみてもわかるように、配置基準の考え方や柏児童相談所の児童福祉司の配置基準を下回っていることなど、やはり課題が山積です。

千葉県議会議員 水野ゆうきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ