水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba

水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba


テーマ:

こんばんは、千葉県議会議員の水野ゆうきです。

『土曜あるある晩餐会』を観てくださった皆様、

ありがとうございました。

 

また、密着撮影当日は1日地元での活動日でして、

行く先々の皆様が出演のご快諾をくださったお陰で、

スムーズな撮影ができました。

心より感謝申し上げます。

 

 

放送では地元で、有権者の皆さんに見せている

ありのままの自然体で出演しましたので、

我孫子の皆さんは「いつも通り」「まんまだったよ」とのご連絡。

私はいつもと同じではあるのですが、

「芸人みたい」「面白かった」「ツボだった」というコメントも

多数いただきました(;^ω^)

私の日々の活動等が放送されたこともあり、

後援会入会申込や応援メッセージを本当にたくさんいただき、

嬉しく思っております。

随時、ご連絡をさせていただきます。

 

また、私のVTRで購入する品物の内容によっては

コンビニは市外や県外を使う、

という女性議員の「あるある」(4名)に対して、

「そこまで気を遣わなくても、、、」というご意見もあったのですが、

「あるある」を押した他の女性議員の皆さんは

買い物かごを見られたり、(悪い意味で)買うものを

SNSに書き込まれたりした経験があるとのことでした。

 

今のマスコミやSNS、女性議員の不祥事が多い現状を

見てみますと、同じ税金とはいえ、公務員とも違い、

選挙で皆さんの負託を受けて「議員」という仕事をしている我々は

ちょっとした誤解でも拡散されたり、その対応に追われて

不必要な労力や時間を費やしてしまうことがありますので、

女性議員は煩わしいことは極力避けて、未然に誤解を防ぐ

気の遣い方をすることがあるんですよね。

(とは言え茨城県取手市は千葉県我孫子市のお隣ですぐ近く車

※これは女性議員に限らず、男性議員も「あるある」とのことで

SNSにコメントをいくつかもらいました。

 

私も議員になる前は民放テレビ局の報道局、番組制作側に

いましたので、理解をしているつもりですが、

政治家が出演する番組は非常に気を遣います。

発言規制等の一切ない無所属の私にまずは振るという場面も

少なくなく、番組の皆様も構成・編集にあたって、

色々と気を遣われたかと思います

 

実は、収録直後にAKB48の指原莉乃さんが

私のところに来て

「水野さん、

(ふっちゃって)ごめんない。ありがとうございました。」

と最後に声をかけてきてくださいました。   

 

さすが1位!だなと思いました。

ちょっとした裏話でした。

 

VTRも「美人すぎる県議の1日密着」というタイトル

(番組もおそらく気を遣って(笑))でしたが、

何度も番組で話したように、そうではないことは、

きちんと認識しておりますので、悪しからず・・・汗①

 

番組のエピソードはさておき、

昨日は午前中、一緒に平和祈念式典に出席されていた

地元自治会長と自治会役員と情報・意見交換がてら

早めのランチをご一緒させていただき、

午後イチのイベント前にいったん帰宅。

 

甥っ子が昨日から「クワガタ!クワガタ!」

とおねだりしていましたので、秋にはお外に返す約束で

お店でしっかりと飼育する準備をして専用ケースに。

 

 

クワガタに終始、夢中になっています。

 

午後はお呼びいただきました「ふさ演劇フェスティバル」

の観劇のためにすぐに布佐地区へ。

 

観劇前にバリアフリーを進める我孫子市民団体の皆様から

布佐地区でご相談いただいている我孫子市内の

県道及び国道356号現場調査へ。

 

 

確かにこの歩道では車椅子が通れない!!

しかし、この左側は店舗なので、地権者との交渉が必要です。

週明け、現状を担当者と協議をしてきます。

 

そして、「ふさ演劇フェスティバル」へ。

 

 

布佐南小学校児童による朗読劇『どうぶつ会議』に始まり、

布佐中学校生徒のミュージカル『11ぴきのネコ』、

朗読&映像『ふさの風物語』・歌と踊り『大利根小唄』、

我孫子東高校演劇部OBOGで結成された

劇団東家の演劇『それではまた、逢う日まで』、

最後は我孫子朗読劇の会の皆様による

朗読劇『樋口一葉ものがたり~その恋と生涯~』を

堪能いたしました。

 

我孫子市のあらゆる世代の皆様による演劇は

演目によって独創的で、ときには情緒的であっという間に

時間が過ぎてしまいました。

 

特に女流作家として注目を浴び、5千円札に描かれている

樋口一葉の儚い人生(享年24歳)と「たけくらべ」や

「にごりえ」という名作が生まれた背景を語った朗読劇は

感動的でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

千葉県議会議員 水野ゆうきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース