● こんな雄大な景色の中に、赤いバスてか③ | 旅エッセイスト・ ライター 金澤佑樹

旅エッセイスト・ ライター 金澤佑樹

バスや電車、飛行機など移動を含めた
楽しい旅の様子を、阿呆風味のエッセイにしています。

ホームページ
http://soranopen.jp/

旅取材のご依頼、執筆、その他ご相談は
info@soranopen.jp

みなさんこんにちは、LCC旅ライターの金澤佑樹です。

 

先日から余市でレストランバスバス

乗った時のことを記事にしてます。

余市キラキラって、新千歳空港からはJRで2時間。

小樽のちょっと先です。

 

(前回の記事はこちら)

 

余市駅前のお店で、ワインをひっかけた後

ついにレストランバスに乗車!

ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

 

これがまたテンション上がります。

1Fが厨房。

2Fが座席になってます。

 

では発車☆

天井がオープンに!!

みんな感動。

 

何に感動って、

自動ではなく、手動パーということに驚く。

 

レストランバスは、普通のバスよりも

背が高いので、時々、ドキドキしますヽ(*'0'*)ツ

看板、ぎりぎりやのう・・・・!!

( ̄□ ̄;)

 

これもレストランバスの楽しさなのです。

ということで、まずは「旧下ヨイチ運上家」

バスの中から撮影したので、こんな

破天荒な角度ですんませんね。

 

普通なら、下から見上げるとか、海岸からの写真だと

思うんだけど、レストランバスからの

この高さが面白い。

天井がこの位置。

そして振り返ると、この景色です。

ひえー―――。いい天気!!!

 

この日は快晴で、海水浴の方たちもいたよ。

海水浴、わたしは苦手だけどね。

楽しそうでした。

 

旧下ヨイチ運上家は、

嘉永6(1853)年にヨイチ場所の請負商人である

竹屋林長左衛門により建てられた

現存する唯一の運上家です。

300円で中を見学できます。

 

現存してるって、すごいよね(゚_゚i)

 

途中で、シェフが巨大な鮭を持ってきてくれました。

1人1人、ひと口サイズにした鮭とばをいただきました。

 

うまいっ!!ヽ(゚◇゚ )ノ

ところで、そろそろ

アレ、もらってもいいですかね???

えへへ。

 

これぞレストランバスの醍醐味。

美食とアルコールと、景色!

 

バスは進んで、

このあとトマト農園さんに向かいます。

 

続きはこちら!

金澤佑樹でした。

 

 

レストランバスはこんな感じ。

次回はこれに乗るのを狙ってます!!

 

札幌行きのLCC

ざっくりと価格を見てみるなら

ここから見てみてね。(PC版)