旅エッセイスト・ ライター 金澤佑樹

旅エッセイスト・ ライター 金澤佑樹

バスや電車、飛行機など移動を含めた
楽しい旅の様子を、阿呆風味のエッセイにしています。

ホームページ
http://soranopen.jp/

旅取材のご依頼、執筆、その他ご相談は
info@soranopen.jp

Amazonのkindleで旅エッセイの書籍発売中。


ホームページでは
ここで公開していない、記事を
掲載しています。
ぜひ見てみてね。

https://www.soranopen.jp/

みなさんこんにちは、旅ライターで

札幌観光大使の金澤佑樹です。

 

札幌市営地下鉄の冊子「Withyou」冬号の

配布が開始されました。

お正月を意識して…和装です!門松門松絵馬絵馬鏡餅鏡餅鏡餅お年玉

お年玉欲しいな…誰もくれないかな、やっぱり。

 

今回は路面電車からの東西線。

雪の中をてくてくのりのりしながら

楽しいお店をたくさん回っています。

 

さて今回も、両開きの本になっているので

反対の表紙はこちら。

ああああ、ラーメン!!ラーメンラーメンラーメン

味噌、塩、しょうゆ、ほかほかほか

リアル常連のお店や、今回の取材時に

新規開拓したお店など、旨いところがいっぱい載っています。

実は、あまりに美味しすぎて

まかないラーメンだというのに、今回表メニューに

してもらったという「わがままし放題」の

お店もありますニヒヒニヒヒニヒヒ

 

 

 

この冊子に載っているお店には

本当にすべて行って、飲んで食って楽しんでます(笑)

エッセイのページだけでなく、

その他の施設も、全部まじGOGOしていて

おススメしているところばかりなので

ぜひ地下鉄や路面電車に乗って行ってみてね。

 

 

「Withyou」は、札幌市内の地下鉄の駅

券売機の横や、案内所の前などに設置・配布されていますので

今すぐ探しに行ってください。ウインクウインクウインク

 

地元の人にも、観光客の人にも

楽しんでもらえる内容になってます。

 

お得なキップの情報なども載っているので

上手に地下鉄旅を楽しめますよー。

 

今はなかなか大手を振って

あちこち行けない時期ではありますが

まずは読んで、楽しい気分になってもらえると嬉しいです。

 

札幌にいないから手に入らない!という場合は

PDF媒体になっているので、ここから見てね。

 

ではまた!金澤佑樹でした。

みなさんこんにちは!

旅ライターの金澤佑樹です。

 

2年ぶりの虹新刊虹のお知らせです。

 

やっと出た…(;'∀')

遅い…←自分が。

 

今回は、今までの3冊と違い

北海道内のあちこち行っております。

 

十勝エリア、富良野

それから森町!

 

最後はつい最近遊んだ

札幌から洞爺湖の旅を

エッセイにしております。

 

ホームページで公開していた内容に

新作を加えて、Amazonkindleにて

販売中です。

 

北海道の美しい景色と、わたしの

適当なイラストがカラーてんとうむしで楽しめますニヤニヤ

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B08L1RKLRN

 

 

紙の本が好きな方は

写真が白黒になってしまいますが

ご用意もしております。

 

基本的には札幌市内にある二条市場

「二条cafe」コーヒーにて販売(13日~を予定)していますが

 

 

そこに来るのも難しい場合には

郵送でも受け付けますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ぜひ、いつも通りの

阿呆旅エッセイを読んで

ゆるく、楽しんでもらえると嬉しいですデレデレ

 

金澤佑樹でした!

みなさんこんにちは!

札幌観光大使で、ライターの金澤佑樹です。

 

恒例となりました札幌市営地下鉄の冊子

「Withyou」の

もみじもみじもみじ秋号もみじもみじもみじが発行されました!

紅葉が待ち遠しいです。

 

今回の秋の路線旅地下鉄

東西線から東豊線で

あちこちお買い物して楽しんでいますウインク

 

あ、チラ見せ。

 

美味しいものも、もちろん

がっつりと食べてます。

 

反対の表紙は…

そう!パンの特集パンです。

 

んもう、たくさんのパン屋さんに

まわって、食べて、また行って、食べて…酔っ払いを繰り返し

厳選したお店を載せています

 

カラダの中が、70%小麦になるほど

食べましたチーン

 

でも美味しいです。

 

皆様もぜひ!

 

「Withyou」

札幌市営地下鉄の全駅

券売機横や案内所前などに

設置されています。

 

路面電車の場合は、車内にありますので

ぜひ見かけたら、手に取ってみてください。

 

もちろん、二条cafeにも置いてますので

こちらに撮りに来ていただいても

大歓迎です♪

 

 

札幌にいないから手に入らない!という場合は

そのうちこちらのHPから

PDF媒体になっているので、ここから見てね。

 

ではまた!

 

楽しい旅を!

金澤佑樹でした。