移動を決断した僕はめぼしい2箇所を見て回る。


1箇所目


明暗にはイナッコがいて、やや怪しい動きをしている。

おそらく、明暗にはフィッシュイーターがいる

アカメかシーバスかは分からない。
でも、地元なら喜んで釣りをする状況。
少し心が揺らいだが、この状況だとさっき入った場所と変わらない。


もう1箇所の方に賭けて移動する。



2箇所目…

を見る前に気付いた。



2箇所目に近ずくに連れて、聞こえてくる音。



パーン!!!💥

ジュバジュバジュバ〜
アカメの捕食音とベイトが逃げる音


音が聞こえる度に心が高鳴る。

そして、川を見て唖然とする。
10秒に一発はボイルするアカメ、ボイルの度にものすごい勢いで逃げるイナッコ達。

その光景が至る所で行われている。
橋の上の明暗からはアカメが10匹近く見えており、そいつらですらもボイルしている。
釣り人は皆無。

こんなにも、パラダイスなのにも関わらず、釣り人は誰一人居ない!

昼に予測した、今夜は熱い夜になる予想が当たった。それにベイトの移動を予測して、絞った場所


読めただけで十分、釣った気になってた。というより、読めただけで嬉しかった。

昼間に下見をしたルートで川に降り、水の中を進んでいく。



極力プレッシャーを与えないように出来るだけゆっくり、そして、音を立てずに明かりをつけずに。道路の明かりを頼りに目的の場所まで歩いていく。


その間にもアカメ達は派手なボイルを繰り返して、僕の心臓をドキドキさせる。



いつものスタイル通り、エンヴィーMAXから探っていく。

弱いアクションから強いアクション
表層からボトム


魚を反応を見ながら少しずつコースやアクション、ルアーを変えていくのが僕の基本的な釣り方


しかし、なかなか反応は得られない。アカメはボイルしまくっているが、そう簡単にはいかない。


ルアーボックスを見渡し、投げてないルアーと今までとは違うコースを頭に思い浮かべながら釣りを続ける。



手に取ったルアーはオグル85SLM


表層を気持ち早めのスピードでリトリーブさせてみる。



目を凝らして見ているとアカメが一瞬ルアーを見る!


しかし、それのみ。


ただ、この反応は自分の中では大きい


ふと脳裏に先週、ジンちゃんがオグルでアカメを反応させた時のことが浮かぶ



ルアーをオグル75sに変えて、さっきと同じようにアプローチをする。


同じくさっきと同じような反応を得られる。

魚は多いのか、反応した魚はどこかへ消えてしまうが別の個体が次から次へと入ってくる。


暫くいろいろ試して、確信に近いアクション、角度を見つけた。


アップクロスとアカメの目線ってのがキモの釣り方
サイトでアカメの反応を見ながら出来るってのも大きい


何度か微調整をして、次は絶対食わせられる。
そんな自信に満ちたときでした。
僕の中ではアカメを狙ってる、というよりは未知の魚と対峙してるイメージ

それほど、アカメを狙ってるということを自分の中で意識出来ないほど"釣り"をしてる時間


後から思ったことだけど、これが僕のアカメ釣りの真髄だったかなと思った。


未知なる魚をどう攻略するか、いかに生態を理解して自分で答えを導き出すか。
その魚が、その対象魚がアカメである訳で、決して何が何でもどんな方法を使ってでもアカメを釣ってやるって訳ではないってのが僕のスタイルなのかなと思った。



元々、アカメにのめり込んだ理由というかその原因の元は釣れなかった悔しさからきている。


悔しくて悔しくて、高知に居ない間もアカメのことを考えて、、、、


実は昨年、ブログにも書かなかったし他のSNSにも書いてなかったけど餌を使ってアカメを掛けた。
あまりにルアーで釣れないから、エサに変えて適当に投げてわずか1分でヒットした。

フッキングが甘く、暫くファイトして抜けたのだけど間違いなくアカメだった。

その時、僕は激しく後悔した。

キャッチ出来なかった悔しさじゃない、むしろ取れなかったことは不幸中の幸いで、

僕がアカメ釣りの真髄だった

"未知なる魚をどう攻略するか、いかに生態を理解して自分で答えを導き出すか。"
を完全にふさぎ込むことに繫がることになると思ったからだ。

エサでもちゃんと考えてやっていれば関係ないが、何も考えずにやって僅か1分でヒットしてキャッチだなんて、自分にとって何の進展も無いし、釣りとしての感動も生まない。



そんな見え見えの未来が分かっていたにも関わらず、安易な行動をしたことに僕は後悔した。


それもあり、僕はシーバスを狙う時も仮想アカメとして狙った。
高知の強い流れに対応出来てないと感じたので、地元でも流れの強い場所でやり込んだ。
ボトムの流しの釣りや浮かせて釣る釣り…
いろいろやって、結果的に今まで出せなかったシーバスも多数出せるようになっていた。



来年は何があっても絶対にルアーで、ちゃんと考えて答えを出して釣る。
全力を尽くして釣れなかったらまた一から地元で修行してやり直せばいい。それだけの事だ。

その想いだった。


そして、それは最高の形で実現できた。



カン!!ッ

アカメがルアーを追尾して、水中に消えた時に竿先に衝撃が走った。



僕は躊躇なく合わせを入れた。


竿先には重みがのり、直後一気に走り出す。

竿が一気に締め込まれる。が、この竿はそこまでやわでは無い。

竿のタメに耐えきれなくなったアカメが浮上し、強烈なエラ洗いをする。
そして、道路の明かりに照らされた目が赤く光る。いつ見てもこの魚のエラ洗いする姿はカッコイイ…


そして首振りの力強さ、速さ、どれをとっても同サイズのシーバスとは違うと改めて思った。


そこから一気に寄せて、ずり上げ…
といきたかったが


ずり上げ直前にアカメが反転し、最後のダッシュをする。

不意を突かれた。



ランディング体制に入っていた僕は焦る。


思えば昨年もランディングしようとした時に反転して走られ、そこでバレたなと思い出す。


完全にパニクっていたが、意外にも冷静に対応できた。


魚の頭の向きを意識したファイト


特にランディング直前や不意の大物には必要なテクニックで、よく、"いなす"という表現で使われるもの。


誰もが知ってる言葉でファイトだけど、一体どれだけの人が"いなし"の理屈をしっかり理解してできているのだろうか。


一年前までは出来てなかったテクニックで、アカメがあるから意識してやってるうちに出来るようになった。梅雨の90アップのシーバスもこのテクニックがあったから難なくあげられた。

よく、鮎の友釣りをやる人は魚の性質を含めてよく分かっていると言うが、僕は小さい頃に大好きだったクワガタの知識で学んだ。まあ、この話をすると長くなるので割愛w



いなした魚を陸へ誘導する。


そして、ずり上げる。来た時は膝上まであった水位は今はくるぶし以下だ


そして、陸に横たわる魚。


紛れも無い、アイツだった。
フィッシュグリップで掴む。これでキャッチ!


よっしゃー!!

と叫びたかったが、人の目が気になったので

ッシャー!!!!

と叫び、何回も一人でガッツポーズをした。


そして、今までのことが映画のワンシーンのように駆け巡り、今までの苦労が報われたこと、嬉しさで少し涙した。


魚釣って泣いたことって、サツキマス以来だったと思う。


その後すぐに水の中に入り、蘇生を行う


が、魚はめちゃくちゃ元気だったww


しばし見とれながら、写真を撮る。


{7F2A829E-1184-4862-A39D-D86DFB1758BA}

{D9181C36-81A4-4A6C-B25E-8614CED4C66A}


言葉が出ないほどかっこよく美しい。


その後、何人かに電話した。

一番初めはジンちゃん、そして吉永くん、地元の友達…


吉永くんは写真を撮りに来てくれることになった!
本当にありがとう!!!


自分で予測した場所、タイミング、自分で考えて導き出したアクションやコース…


遠征先でここまで自分だけの力で魚を釣ったのは初めてかな。。


自分の魚。


胸を張って言える魚だった。

{F5C09390-443B-4D26-9BA8-9002645168CF}


ただただ嬉しかった。


そして、アカメの魅力の虜になった。

アカメは釣って初めてその魅力に気付く
と思った。


しばらくして、吉永くんが到着し写真撮影してもらった。



アカメの余韻に浸っている頃、吉永くんが何かを掛けた!!

{A57D36D4-58F2-4625-882C-3ADF140E04E9}


この男、本当にやりおるわwwww


おめでとう!!!
初遠征でキャッチは凄すぎる!


吉永君もアカメをキャッチしたことで、僕も心置きなく竿を振れる


そこからはひたすらいろいろ試した。

試して試して…
{AEB34C2F-5F92-4158-A78C-7C2B96463131}

シーバスも釣れたりしたけど。



たくさん試せた。


アカメは釣れなかったけど次に繋がるだろう。



最終日はベイトが抜けて不発気味


今回の遠征で更にアカメの魅力に取り憑かれてしまいました。


こうして書いてる今、僕はまた高知に向かってます!!

どうか、釣れますように!!
{552B91E1-EDC5-475A-8669-811DE3BA6C45}


{97FB05CE-471C-4BB7-B2B1-1D0FD34CBF09}

では。





エピローグ



吉永くん
「ああっ〜アカメと彼女だったらアカメの方が早く釣れましたね。彼女を作るのはアカメを釣るより難しいのか…」 

この子、某やまひろ君と全く同じことを言いやがったwwww


本当にこの男達はwww