とびっきりの笑顔に迎えられて、台湾までの快適な旅が始まりました。
今回の台湾旅行でお世話になったのは、シンガポールのLCC航空会社スクート(SCOOT)

ワタクシ、LCC初体験でございました。

新しくて広くとても綺麗な機内。
この日はラッキーにもレインボー仕様でした。

スクート(SCOOT)は最新機材、

機体も新しいボーイング787です。

エマージェンシーのデモンストレーションがビデオじゃ無いのが新鮮でした。
スーベニアなどの機内販売も充実。
LCCだから狭くて汚い古いというのは間違いでした!
こんなにも足元が広いの。
ヘッドレストは可動式でした。
SCOOT CAFE(スクートカフェ)のメニューは、豊富でかなりのチョイスがあります。
クロワッサンサンドをチョイスしました。
ドリンクは、ジャスミンティーかコーラが選べます、
ジャスミンティーがほんのり甘いのが日本と違うかな。
チョコレートも美味しかった。
スクート(SCOOT)は、17カ国60都市へ!
(2017年10月現在)増え続けています。
関西からホノルルへ直行便が始まるそう。
LCCだから狭くて広いと言う認識は変わります。
 

他にもマイナスな情報も多いLCCですが、

実際体験したら全然違いました。

(狭いとか、遅延が多いとか、荷物が直ぐに重量オーバーになるとか、サービスが悪いとか・・・。)

 

写真は、LCCSTYLEさんよりお借りしました。

3列×3シートなので、通路が2本あるので、
荷物がたくさん入りかなり広々。
足が楽々伸ばせたので、圧迫感無しで助かりました。
他にも特徴があります。
エンジン音が静かで、空気清浄されており、
湿度が20%~保たれているので乾燥知らず。
スクートビズというビジネスクラスあり!
SCOOT CAFEという機内食が揃っています。
Wi-Fi 20MB 5ドルから利用出来ます。
電源は有料ですが完備されています。
LCCには、往復割引がないので、
行きと帰り会社が違っても問題ありません。

シートのグレードも変えても良いのです。

行きを良くしてみたり、帰りを良くしてみたりと、片道ずつプランニング出来ます。
私たちはFlyBagEatというプランで、
機内食+20kgまでの荷物がセットになっていました。
さらに・・・
★スーパーシート・・・可動式ヘッドレスト
★サイレントゾーン・・・12歳以下は座れない
おかげで静かでした。
短いフライト時間ですが爆睡出来たのはありがたいw
日本人CAが必ずいるので言葉の問題はありません。
 
成田空港で偶然お見かけしたキャビンクルーの皆さん。
和気あいあいの雰囲気がこちらにも伝わりました。

月2回のセールがあるので、狙い目です。

10月29日に5周年セールがスタート!
スクート(SCOOT)

⇒5周年記念セール開催中です!

⇒LCCのことなら何でも分かるサイト♪

どくしゃになってね…
 人気ブログランキング

 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

@yuukanmadam (フォローしてね)

AD

リブログ(1)

コメント(2)