ウエスト周りのダイエットをするなら腹筋して、ランニングやウォーキングをしてと言うのはありふれたメニューですよね。

 

 

腹筋なら様々な種類のトレーニングがあります。

 

 

それをひたすら毎日頑張っても、お腹しか引き締まりません。

 

 

これでは、ウエスト周りのダイエットは成功とは言えませんよね。

 

 

 

他にも大切な要素がたくさんあります。

 

今日は、

本当にウエスト周りのダイエットを成功させるのに必要なポイントをお伝えします。

 

おはようございます。

東京都東村山市のUCT鍼灸院・パーソナルジムの

いとがゆうです。

 

 

まずはじめに、ウエスト周りのダイエットを本当に成功させるのに必要なポイントをお伝えします。

 

 

①運動のポイント

②体内環境のポイント

③生活習慣のポイント

 

この3つです。

 

では早速お伝えします。

 

 

 

①運動のポイント

 

腹筋の種類を増やして・・・とかどうのこうのって話ではありません。

 

ウエストってどこからどこまでかを考えると、簡単に答えが出てきます。

 

 

 

腹筋運動以外、していますか?

 

 

お腹周りのスリムさを際立たせるためには背中など、そのほかの部位のトレーニングが必要になります。

 

 

鏡で見て、前は引き締って見えてもちょっと臀部の方に視線を移してみると、意外と”浮き輪”が溜まっていたりするのもそのためです。

 

つまり、ウエストを引き締めるために本当にやるべきは、腹筋のトレーニングではないわけですね(^^

 

 

 

②体内環境

 

体内とざっくり表現しましたが、「腸内環境」のことです。

 

お通じが不安定、または出ない、スッキリしないなどなど便秘などの症状ありませんか?

 

 

単純な話、残留物が多ければ多いほどお腹は張りますよね。

 

ガスも溜まります。

 

 

これがなくなるだけで、ウエストサイズって変わります。

 

 

そのためには、腸内の環境を整える事が非常に大切です。

 

 

もちろん物理的な話だけではなく、消化吸収や代謝に関わる重要な機構なのでスムーズに動かしたいところですよね。

 

 

そのためには、「食事」「運動」だけでなく、私たち人間の根本的な機能を見直す必要が出てきます。

 

 

 

③生活習慣のポイント

 

ここまで、「運動習慣」「食習慣」についての要素を紹介してきました。

 

他の習慣とは何かというと、

 

 

仕事、日常生活でもできる”ながら”の運動習慣なのです。

 

 

何も、ジムに行ったり外で走ったりするだけが運動習慣ではありません。

 

 

例えばデスクワークの場合1日座りっぱなしなんてことはざらですが、ダラーんと猫背で過ごしますか?

 

 

30分に1回でも背筋を動かす簡単”ながらトレーニング”ができれば、筋運動も起きるし、腸内環境の改善にも繋がる可能性があります。

 

 

これ、1番簡単に実践できますよ!

 

 

 

 

 

詳しい方法、メニューの組み方などは初回体験・カウンセリングでお話させていただいております。

 

 

オンラインでのカウンセリング(有料)も随時受け付けておりますので、ご興味がある方はお問い合わせください。

 

 

問い合わせはこちら