マラソンのハイシーズンですね。

毎週のようにどこかでマラソン大会が開催され、日々のトレーニングの成果を発揮しようとランナーの皆様は頑張っています。

 

 

なぜあの人は走るのが早いのだろう。

 

 

と思う方があなたの近くにもいませんか?

 

 

 

そろそろマラソン大会は年内は終了という方も多いかと思うので、マラソンを始めたての人でも

 

来年の大会でベストが出る方法がないかとトレーナーの観点から考えたいと思います。

 

おはようございます。

東京都東村山市UCT鍼灸院・パーソナルジムで

「脱腰痛・お腹痩せダイエット」を提案しているいとがゆうです。

 

現在朝の9時00分です。

 

 

 

実は昨日、人生二度目のハーフマラソンに出場してきました。

 

結果は無事完走

 

一応週に4回トレーニングに通っていますので最低限の筋力や体力はあります。

しかし、マラソンをする習慣はありません。

 

 

タイムは2時間08分です。

 

 

このマラソン大会のために練習した距離は3ヶ月で

 

ランニングで約30キロ。

チャリで約40キロ。

筋トレは脚より背中。

 

 

 

そして一番大切にしていたのは

 

歩行・走行時に肋骨と骨盤が逆回旋するという事実をひたすら追求しました。

 

そのことについて書いた記事はこちら↓

 

 

結果的にこの走り方は成功でした。

 

 

10キロ地点では経過時点が50分。

 

つまり1キロ5分で走るペースですが、このまま行けば100分つまり1時間40分でゴールできる計算になります。

 

 

マラソンはビギナーですがトレーナー的観点からは少しでも自分の順位を上げることができたわけです。

 

 

 

しかし、ここで問題点が出てきました。

 

 

やはり、マラソンをする習慣がないので徐々に私の太ももは悲鳴をあげてきました。

 

最終的には後半で両腿がつって失速・・・それで2時間を超えたというわけです。

 

 

 

〜結論〜

 

・フォームの安定

・ペース配分

・筋の最適化

・持久力

・精神的安定

 

 

これらを確たるものにするためには、

 

 

①マラソンを解剖学・運動学で分解

走行中に体ではどんなことが起こっているかだけでなく、

平衡感覚、視覚などからも分析し鍛えるべき部分を明確化する。

 

②それに基づいたトレーニング

単純にスクワットをして筋肉量を増やすとかではなく

細かく走行中の筋運動の刺激感を再現し、実際の練習に役立てる。

 

③実際に練習

②のトレーニングの効果が出ているか、確認の意味も込めて実際に走行。

 

④練習量を増やす

あとはひたすら走る。

 

 

 

 

この順序で来年のマラソン大会に向けて準備を、僕自身がやってみようと思っています。

 

 

✴︎東京都東村山市✴︎

UCT鍼灸院・パーソナルジム

〜いとがゆうのブログ〜

 

ホームページはこちら