オレは、須藤凜々花・りりぽんを観察していた | 鉄砲先輩(須藤凜々花命名(w!)☭北のりのりブログ

鉄砲先輩(須藤凜々花命名(w!)☭北のりのりブログ

遊撃インターネットを主催
http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/top.htm
遊撃インターネット日記の後継に使わせてもらっています。主に共産趣味とAKBグループについて書いています
http://www.sepia.dti.ne.jp/yuugeki-internet/nikki00

 2017年7月16日の握手会で、須藤凜々花本人に直接この小論の存在を知らせました。 彼女は、既に小論を読んでいました。事実誤認や名誉毀損に当たるようなところがあれば訂正するので連絡してほしいと伝えましたが、2017年8月9日現在連絡はありません。

2017年7月31日

 

 2017年AKB選抜総選挙の発表会場で「結婚する」と爆弾発言をし、一躍時の人となった須藤凜々花(りりぽん)。

 現実は、一年近くも男性関係を隠して万余のファンを騙し続け、自らの地位を上昇させようと大いにファンを煽って二千万円分以上のAKB選挙投票券を買わせた。最後に男性関係がスクープされると知ると、先手を打ってその選挙結果発表の会場で『結婚発言』を行い、全てをぶち壊したのである。
 下のツイートを見てほしい。

 


 ちょうど一年前の同じ選抜総選挙の発表会場で、須藤凜々花が「卒業を発表するつもりだった」と言うほど深刻であった母が癌であるという発言も、どうもあやしい。四十才で癌になり一年以上生きているだろうか? オレの義母は、癌の診断を受けてから八ヶ月で死んだ。癌発言からちょうど八ヶ月後の二月には、
>2月4日には母上が『須藤凜々花オンステージ』に来られた
 来られるだろうか? 

 40歳の検診で早期に癌が発見された可能性はある。しかし、アイドルを辞め東京に戻ったところで癌の治療に何か益があるわけではない。少なくともこのような場で言うようなことではないだろう。なんとしてでも注目を浴びたいという須藤の衝動が、このような発言をさせたと考えるべきだ。

 

 追記① 2017年7月

 2017年7月16日の握手会で、須藤凜々花本人と直接話しをしました。その際に彼女は「お父さんは、中学二年の時にタクシー(の事故?)で亡くなった」と明言しました。

 翌17日に再度話しを聞きました。 オレ「きのう、お父さんが亡くなったのは本当だと聞いたけど、何年に亡くなったの?」 須藤「中二の時と言ったけど…」 オレ「何年? 須藤「………」(本当ならば2010年) オレ「ご命日は?」 須藤「 …モバメを送った日です」(本当ならば4月3日) オレ「お父さんは、本当に亡くなったというモバメを送って誤解をといたら?」 須藤 「勝手に言ってるだけですから」

 枕営業を噂された程度の事で色をなして反論した須藤のこの態度は、語るに落ちたというべきだろう。隠しきれない憎悪の視線と、握手が終わった後で『警備』の連中に、名前を聞かれまとわりつかれたのが印象的だった。

 追記② 2017年12月1日

 須藤は嘘をつくことに抵抗のない人間である。自分の見栄のために平気で嘘をついてきた。しかし、父親が死亡しているということが、須藤の虚栄心を満足させるだろうか? 同情はされるだろうが、父の死が須藤を高めるとは思えない。虚言や虚栄、それに共感性や罪悪感の欠如という致命的な欠点に目をつぶれば、須藤は極めて賢い。このようなメールを送りつけたことには、必ず合理的な理由があったはずだ。

 両親が離婚したのは、須藤が小学二年生の時。その後も交流があり、中学二年生の時に父が亡くなった可能性はたしかにある。

 親が死んだなどという嘘のメールをバラまくような者は、異常者と思われても仕方あるまい。父の死が本当ならば、そのことをネットなりインタビューなりでなぜ言明しないのか? 嘘であるから触れられないのだと考えてきた。しかし、もうひとつの可能性を見逃していた。カギは須藤が父の命日というメールを送ってきた日付にある。

 AKB選抜総選挙。2016年3月27日が立候補締切日で、事実上の選挙戦が始まったのが3月28日からだ。そして父の命日というメールを送ってきたのは、立候補締切日の一週間後の4月3日だった。同情を集め票を得るためだろう。

 父の死が事実という可能性はある。しかし命日をねつ造した可能性は大きい。だから触れることができなかった。あの記憶力の優れた須藤が、父の命日についてシドロモドロだった理由もこれで説明できる。

 2016年。ウソとペテンを駆使して三度目の挑戦で初めて須藤は、シングルCDに参加する権利を持つ44位という順位を手に入れた。

 追記③ 2018年11月4日

 取材を進めた結果、須藤凜々花の父は、離婚の数年後に死亡したという複数の証言を得た。娘の立場で葬儀にも出席したとのことだ。その際に、あまり激しいショックを受けているようには見えなかったという。なお須藤本人は、暴力団員をも含む複数の『お父さん』がいたと発言している。須藤の語ったお父さんとは、これら複数の『お父さん』を合成したものなのかもしれない。

 資料

須藤凜々花「結婚宣言」のウラに複雑家庭事情(日刊ゲンダイDIGITAL 2017年6月21日より)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/207785/1
(ー略ー)20歳での結婚宣言のウラには「生まれ育った環境も大きいのでは」と語るのは須藤家に近い人物だ。こう続ける。
「父親はひと昔前、ある有名飲食店グループの代表を務めており、一時期は業界の“風雲児”の異名をとっていました。須藤が幼少のころは、両親の稼ぎはかなりのもの。そのため、恵まれた環境で育ちました。しかし、父親の女性問題が原因で今から10年以上前に離婚。須藤は弟とともに母親に引き取られました」(ー略ー)

 

  

 

 実はオレは、須藤凜々花に小さなウソをつかれたことがある。四月に行われた写メ会でのことだ。

カラマーゾフの兄弟読んだ?  はい。読みました

 

 次の握手会で
カラマーゾフの兄弟、どうだった?  読んだことないです
えっ!……じゃあ今度贈るよ…。 
 わぁ!ありがとぅ!

-----------------------------

 

 

 なぜオレごときに、そんな意味のないウソをついたのか考えた。 適当にこたえたのか? しかし、須藤凜々花の対応は良かった。
 この時から、須藤凜々花の一面を探りたく挑発的なことを訊く厄介オタになった。みるみるウザがられていくのが分かったが、好奇心には勝てない。ウキウキと「りりぽんの弱点を見つけたよー♪」と言った時に一瞬見せた目つきは、『ギラリ』と形容するのが相応しい、過激派くずれのオレでもウッとなる迫力だったよ。

 いろいろ突っついて、須藤凜々花の面白い性質や『学』の水準を知ることができた。オレが知った彼女の奇妙な点については、後日別文で書かせてもらうつもりだ。


 負けることと他者の下手に立つことが、ものすごく嫌いだと分かった。リクアワのりりぽんMCをみた人は、感じなかっただろうか。自分と同格とみなした相手には、物腰や言葉は丁寧でも必ず上位に立とうとする。松井珠理奈を馬鹿扱いした時には、胸が躍っていただろう。
 ウソをついたのは、オレに「読んでないのぉ?」と言われるのが癪だったからだろう。息を吐くようにウソをついた。

 須藤凜々花が、ウソをつくことに躊躇がない人間だという事は分かった。それは、ウソで成り立つ芸能界の悪習に染まり、また、オレがつまらない一介のオタにすぎないからだと思っていた。
 ここまでやるとは。
 愛と言っているが、今年に入ってからの須藤凜々花の身体の急激な変貌を見ると、男との身体の相性が良い。はっきり言うと頻繁に良いセックスをしている。肉欲。良く言っても愛欲だ。

 欲のため、自分を愛し支えてくれた人々を一年近く騙し続けることができる。
 バレなければ、これから何年間も騙し続けていた。
 バレた時、他人が最も傷ついても自分の傷が少なくなる(と思ったらしい)手段を選ぶ。

 

 結婚発言から四日後にAKBの御用記者だけを集めて行われた須藤凜々花の会見を読んだ。彼氏の事を美しく語っていた。本当か? 矛盾やウソは、いくらでも見つけることができる。

 婚約者は、飲食店に勤める40歳の母の25歳の友人? 水商売の常連客を『友人』と呼ぶのか? 母親と彼との詳しい関係は、『あまりわかりません』? なんだそれは? 彼氏と出会ったのは 、『たぶん』お母さんの誕生日会『だったと思う』 と言っていた舌の根の乾かないうちに、『交際前からずっと知っていた。数年前の誕生日会』に設定が変更される。そして『初めて会ったときから“好きだな”と思った』言ってみたり、あれだけ派手に結婚するとぶち上げておきながら『(結婚は)早くしたいというわけではなく、彼と一緒にいたい。結婚はいつでもできると思ってる』と言ってみたりする。

 もはや自分でも、なにが本当でなにがウソか分からなくなっているのではあるまいか?

 嘘しかない、まったく誠意の感じられないシロモノだ。徹底した須藤凜々花擁護派であったオレも、さすがにこの会見記事で目を覚まさせられた。

6月21日に行われた『須藤凜々花会見詳報』はこちら

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/22/kiji/20170622s00041000120000c.html

 

この会見のウソと矛盾に関する討論は、こちらを見てほしい

【悲報】須藤凜々花の言ってることが滅茶苦茶すぎる・・・ : AKB48まとめ

http://akb48nensensou.net/archives/51657753.html

 

 虚言癖の疑いがある須藤凜々花が語っているだけだ。肝心の男がいないではないか。許嫁の窮地だ。結婚するなら、なぜ堂々と同席しない? オレならば翌日には沖縄に飛ぶだろうし、会見にも同席し自分のせいで凜々花が大勢の人に迷惑をかけたと謝罪する。それが普通だと思う。オレが間違っているだろうか?

 須藤凜々花は、言葉の持つ力を知っている。お話会の日まで、自分の行為を正当化する言葉を考えていたはずだ。

 「ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃない

 よく考えたものだ。新聞の見出しにぴったりだ。無償の信頼・愛情・献身・労働・財産を、皆が縛られ内心では破りたいとも思っている「ルール」という言葉に矮小化して、須藤が情熱的で何か大層なことをしたように見せかけている。誠意は無いがコピーライターの才能はある。見事なものだ。

 「万余の善意の人を騙し裏切り傷つけることになるという理由で、我慢できる恋愛は恋愛じゃない」と正直に訳せば、内容の空虚さが分かるはずだ。

  

 

 下は、須藤凜々花が男の家に泊まった6月8日の23時30分に送られてきたファン宛の有料モバイルメールの抜粋だ(***は個人名)。

 男女が睦み合う時、なぜか赤ちゃん言葉や幼児語を使う事が多い。送られてきた時間から考えても、おそらくセックス後の高揚した気分で書いたものだろう。すぐ側には当然(おそらくは裸の)男がいたはずだ。これを無償で投票してくれている人たちに送ったのだ。

 

りりたんは赤ちゃんの時から何も変わってないよ(o^^o)
自分の心に嘘はつきたくない(*´◒`*)っていうスタンス
ばぶばぶ
***もそうあってほしいなぁ(*´◒`*)
りりたんはね、***に幸せになってほしいんだぁ~(*´◒`*)
できることならなんでもしたい(o^^o)
今日のギリギリまで
そして明日も***にとって素敵な一日でありますように。
ちゅっちゅっちゅっ

 こんなものを今現在無償で自分のために尽くしてくれている人達に送りつけた。これでは人格や品性を疑われても仕方あるまい。

 スキャンダルメンである峯岸と指原が、AKBと知ってて近づいてくる男はクズだと言っていた。オレもそう思う。大勢の人を騙す事になるからだ。まともな男なら、自分かAKBかを選択するように促すはずだ。おそらくNMB藪下柊は、好きになった男を選び卒業した。
 オレは知っている。りりかファンの善良さ、優しさ、須藤凜々花への愛情、経済的負担。

 須藤凜々花は、オレよりはるかに彼らを知っていたはずだ。
 このメールは、愛人に向けて書かれたラブレターだ。現に汗を流して投票している万に近いファンに、男と笑いながらこのメールを送りつけたのか ?
 もはやウソをつけるという水準ではない。

 男は(須藤は『けい君』と呼んでいる)、ファンを『どこかにいるらしい存在』として認識しているだけだ。ずっとマシだ。しかし、須藤凜々花は、彼らと握手し笑い語り合った。彼らが血肉のある人間であると知っていたはずだ。
 人間はモノではない。笑い、喜び、痛み、苦しみ、痛みを感じる。そういう存在だ。
 須藤凜々花は、人間をモノと見ているのではないだろうか。利用できる道具としか見られないのかもしれない。人間を人間として感じられないのか?

 失明寸前までダンスの特訓をする『努力の才能』は、自分をも痛みを感じる存在として感じることができないからなのかもしれない。須藤の努力とは、爬虫類が獲物を狙う『努力』なのではないだろうか?

 この番組は『男』も観ていたはずだ

 須藤凜々花の『結婚宣言』に泣きながら抗議した高橋朱里が、公演を『運営の都合』とやらで突然休まされ、翌日、謝罪動画なるものをアップさせられた。須藤に対する抗議のスピーチが会場の一体感を壊したとかいうワケの分からない内容だ。

 須藤凜々花は、権力の使いかたを知っている!

  2015年08月18日付ツイッターより

 

 この言葉も大嘘だ!

 須藤凜々花は、自分の魅力を熟知している。彼女は、相手が自分に何を望んでいるのか敏感に察知する。そして、その人の望む『須藤凜々花』を完璧に演じる。多くの人が、須藤に魅了される。

 そうだ。オレの須藤凜々花に対する入れ込み方は異常だった。
 彼女の有能さ、強靱な内面、努力、反骨精神、美貌、そして時折見せる狂気を帯びたような言動。強く引きつけられた。須藤の性格が持つある一面に薄々は感づき、過去の言動を洗い、会話できる場では前もって性質が引き出せる様な言葉を工夫して臨む事までしていたのに、なぜか須藤を絶対的に信頼し、歯の治療費までつぎ込み友人知人の間を駆け回って投票を依頼した。普段のオレの生活態度や人間観を知る人は、みな首を傾げていた。

 なにかに取り憑かれていたとしか思えない!


 須藤凜々花の知能は非常に高い。行動力、努力、洞察力、発信力、美貌、全て一流だ。ただ、人の心の痛みに共感する能力が極めて薄い。その時がきたら平然と仲間を裏切り、ファンを裏切り、今までの自分をも裏切った。
 須藤凜々花にダンスを初歩から教えた恩人である上西恵が卒業する時、NMBに残る妹を私が守ると数千人の前で宣言したではないか。これもウソだ!

 もはや異常なのではないかと考え、調べた。

 これかもしれない。

 

サイコパスの特徴。

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的

http://www.psy-nd.info

 

 須藤凜々花の得票数は、3万1779票。一票約八百円として約二千五百万円が投じられた。一人三票投票したとすると、一万人が二千五百円ずつ投じたことになる。五十万円くらい投票したファンなら、それこそゴロゴロいる。全て無償の行為だ。

 下の画像を見てほしい。一枚目は、結婚発言をする直前のものだ。二枚目は、結婚発言直後に撮られた画像だ。これが一万人、二千五百万円分の善意の努力を踏みにじった人間の顔だろうか? オレには、この顔から良心の呵責のようなものは微塵も感じられない。「やってやるぞ」「やってやった」という達成感しか感じない。

 

 

  一躍時の人になった須藤凜々花は、必ず戻ってくる。まだ二〇才だ。さらに魅力的に、賢くなっているだろう。
 須藤凜々花は、権力のありかを嗅ぎつけ有力者に引き立てられのし上がってきた。

 須藤凜々花は、真摯に凄まじい努力をし積み上げる。多くの人が彼女の姿勢に感銘を受け、愛し、協力するだろう。正論も彼女の努力と魅力の前にかすみ、逆に非難される。しかし、須藤の『努力』とは、爬虫類の『努力』に近いものなのだ。

 須藤凜々花は、再び大勢の人を魅了し引きつけ、そしてまたぶち壊すだろう。本当にサイコパスならば、良心はない。自分を愛し助けた人が苦しんでも意に介さない。

 須藤凜々花は、ウソをつき、騙し、多くの善意の人を巻き込み傷つけた。
 人を人とも思わない度胸がある。事件後にも握手会に出るそうだ。厳重に警護され身に危険がないことを知っているのだ。そして『誠意』を見せることが、今後有利に働くと計算している。人を人とも思わないのだから、何を言われても須藤凜々花の心に響かない。

 

 

 サイコパスと疑われるような人間が、追い詰められあがいているのがこの騒動だ。
 ネットで拾った意見だが、全面的に賛成する。

>正直まともには思えなかったね
あのスピーチは今までの須藤の行動や発言を全部嘘にするようなものだ
須藤を知らない世間の連中には、それほど奇妙には映らなかっただろうけど

 

 須藤凜々花は、犯罪を犯したわけではない。この事件さえ踏み台にして再びのし上がろうとするだろう。そうだ。須藤には強烈な上昇志向が見られた。大勢の人が、須藤の為に苦しむことになるのではないだろうか?
 須藤凜々花が、自民党総裁席に座っている画像がある。総理大臣の椅子だ。19歳の時点で、もうそんな所に入り込んでいる。

 

 

 

 須藤凜々花の言葉は、心から出たものではない。その場の思いつきでウソをついてきた。

 須藤凜々花は、他人の心に入り、魅了し、操る天才だ。

 須藤凜々花が現れたら、注目して観察するべきだ。

 だが、関わり合いになるのは避けた方が良い。

 

20170623 鉄砲先輩(りりぽん命名)記

追記①

精神科医でもなく診察したわけでもない者が、須藤凜々花を『サイコパス』と断定するのはおかしいという意見をいただきました。もっともな忠告ですので、須藤は『サイコパス』であると断定するような記述を訂正しました。

追記②

約一ヶ月にわたり須藤凜々花の言動と文章を精査し考えた結果、須藤には『良心』があると結論しました。ですから本文で書いた『須藤凜々花は、サイコパスかもしれない』という疑念は、否定されたと考え撤回します。

しかし、須藤凜々花を理解するための重要なステップになると考え、この記事は残すことにしました。

2017年7月31日

須藤凜々花についてより深く知りたい方はこちらも読んで下さい

本当に彼女には良心が無いのか? -自己批判-
http://ameblo.jp/yuugeki-internet/entry-12291836556.html

 

その後の調査により判明した驚くべき事実です。ぜひこちらも読んでください

 

動画

山本彩-さや姉が劇場で泣く→須藤凜々花に投票→裏切りりぽん NMB48 

https://www.youtube.com/watch?v=qZeiWwHX7ZI

 

須藤凜々花に関する情報をお持ちの方は、どうかこちらにお寄せ下さい。秘密は厳守します。

yuugeki-internet@garnet.dti.ne.jp