こんにちは!近藤です!

 

 

昨日水曜日は吹田駅前教室(リンク先に教室案内)

子供クラスの合氣道教室です

 

この日は先日の「あさイチ」の放送でやっていた

重いものを軽々と持ち上げる姿勢のしかたなどを

子供たちに体感してもらいました

 

子供でも、正しい姿勢をマスターすれば

僕が腕を下に引っ張っていても

軽々と持ち上げて歩いていました

 

心身統一恐るべしです!

 

で、先生もやってみてよ

となってやったのがこれでした...

 

{F326E2B1-2C43-48A7-A32E-0D5258664828}
6年生と3年生の男の子に背中に載られて
立ち上がり歩かされました
 
 
 
子供クラスの場合は
子供たちの体力づくりも大きなテーマと考えています
で、これは背筋やってます
学年×10回...
先生は何回やるの?と言われ
思わず青ざめました(^^;)
小学生換算すると一体何年生なんだろう?
 
{363878B3-B297-42FF-BB07-E74D8D3EB42D}
ほかにも
腹筋や手押し車、合氣道ならではの膝行
前回り受け身などもたくさんやって身につけます
 

これは心を静めて素早く動く稽古として

スプーンにピンポン玉載せて競争してます
子供達には意外と難しいみたいです
 
{00510276-A27B-45A2-AA0C-4B32B2CCAB78}
 
 
さて本題です!
今回は
合氣道の特に子供クラスを指導する中で
意識していることです
 
といっても
つい最近になり、ようやく氣づいたかな...
という程度のことで
「出来ている」と言い切れないところです
 
 
合氣道の技をみてよく言われるのが
「相手の力を利用して投げるんだね」
というもの
 
これは少なくとも心身統一合氣道では
間違っています
 
僕なりの解釈では
「相手の氣を止めない」からそれが
「相手の力を利用する」ように見える
ということです
(そのために自分の氣も止めない!)
 
 
どの技にしてもそうですが
相手の氣を尊重することなく
相手の氣を遮蔽や断絶して
動きが止まってしまったときというのは
技をかけるのが難しくなります
 
だから相手の手を強く握ったり
相手の動きに自分の身体をぶつけてしまったり
握られた手の内に自分がぶつかってしまったり...
ということを絶対しないようにします
 
そうやって相手の氣が止まってしまうと
身体の動きも止まってしまうからです
 
 
やったことのある人ならわかるでしょうが
止まっている相手を動かして投げる、よりも
動いている相手の方が何倍も簡単です
 
ですから
合氣道で大切なのは『氣を止めない』ということ
総ての技が「氣を出す」ことにつながっている
そう言っても良いぐらいです
 
 
 
で、このことは
特に親子のような「上下関係」のある中での
人間関係において
大切な意味があるように感じています
 
親と子、ということであれば
大概のことは厳しく言えば片付きますので
子供の氣とは関係なくても
大人の理屈・論理で「正しい」ことを押し付けます
「しつけ」ですね
 
でも本当はそれは大人側の論理であると
心の奥底では知っているのかもしれません
 
しかし大人は自身の持つ判定基準だけで
子供たちの「氣」を尊重どころか見ることもしない
 
そうやって押しつけの「しつけ」をしておいて
言うことを聞かないとまた怒ったり
「もう知らないぞ」と突き放してみたり...
 
 
 
なぁんて言っていると
僕はそんなこと全然ないみたいですが
 
こうした押しつけの「しつけ」を
ついこのあいだまで、僕がやってました!m(__)m
 
 
結果、子供たちはどうなったのか?
余計に反発したり、スルーしたり、固まってしまったり
全然、「正しい」と思う姿に近づいてくれません
 
そりゃあそうです、「氣」を止めているんですから
意図した方向へ動いてくれるわけがありません
 
 
動いてもらうにはどうすればいいのか?
 
行くべき方向に「氣」を導いてやるしか
方法はないようです
 
赤ちゃんがぐずり出したとき
一生懸命、赤ちゃんが興味を持ちそうな方へ
赤ちゃんの氣を向けさせようとしましたよね
「ほうら、見てごらん、電車が来たよ~」
みたいな
 
子供たちの場合は、もう少し話が通じますので
まったく赤ちゃん扱いすることはもちろんないですが
しかしそれに似たことを
赤ちゃんに対する以上に工夫をしながら
一生懸命やっているんです
子供たちの氣を導いて、理想の世界へ踏み出してもらえるように
 
 
正直言って、難しいです!
今でも押し付けてしまっていることも多々あります
 
それでもやっぱり理想の姿というのは
しっかり子供の氣を導いて
自ら進んで素晴らしい世界を手に入れられる
力をつけさせてあげる、ということ
そう信じております
 
 
簡単に具体的な方法はみつかりませんが
まずは『氣を止めない』ということ
大人がそれを少し意識してあげるだけで
子供たちの「自主性」という氣が動いて
成長してくれるのではないか
 
そういう思いで稽古しております
まだまだ精進精進、修行修行、ですが
 

 

★心身統一合氣道教室についての情報は

こちらのホームページをご覧ください

(吹田市と堺市の教室です)

お問合せフォームもホームページにあります
 

心身統一合氣道の情報満載メルマガ

こちらから無料メルマガに登録してください

https://my58p.com/p/r/f0Hc26dI

 

ブログやメルマガでも書きにくいことは

LINE@で送ります
このボタンをクリックして

LINEで友達追加してください

友だち追加

上のボタンでできない場合は
http://line.me/ti/p/%40ird8671n
こちらのリンクから

または

LINE ID 「@ird8671n」

で検索して友達追加をお願いします

 

★氣圧療法についての情報は

こちらのホームページをご覧ください

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

AD