一般に新築よりリフォームの方が手間がかかります。

壁を撤去してリビングを広げるときなど、周りに被害が及ばないように古い壁を、丁寧に取り壊して、廃材を捨てて、傷がついた部分を補修してから、内装の仕上げをする。

 

この壊し賃と捨て代がバカにできません。なのでリフォーム用カバー工法が生まれた訳です。

 

ということで、「リフォーム工事はなぜ高い?」をAllAboutに書きました。

 

 

2004年10月に執筆した記事に、新製品情報を追加して、
装いも新たにリニューアルしました。
一度のぞいてみて下さいね。

 

告知:一級建築士事務所OfficeYuuスタッフでした。