美味しいアナゴを探してネットを彷徨っていたら

千葉で6月と7月に「富津はかりめフェア」という催し物?があることを知ったんだ

「アナゴ」のことを富津あたりでは「はかりめ」と呼ぶのだとか

6月から7月にかけてあなごは旬をむかえるとかで

この時期のアナゴが一番美味しいらしいのだ

以前、鈴鹿のあなご専門店でアナゴを食べた時に

梅雨の時期のあなごが一番おいしい。。。と教えてもらったのだけど、そのことは房総でも同じらしい

ならば是非とも食べに行かねばならないゾ!

で、

どうせなら以前から行きたいと思っていた鋸山にも行ってみよう

あっ、出来れば南房総まで足をのばせればいいな。。。

ってことで

一泊のお出かけを計画したのだった

 

3時に家を出て、途中30分程の仮眠をとって

鋸山観光道路の終点にある無料駐車場に着いたのが8時半

東口管理所で拝観料を支払って入山

この駐車場からは頂上エリアの地獄のぞきまでは一番遠いけど

逆に大仏のある広場には一番近い

ロープウェイや有料の登山自動車道を使えば頂上エリアに近いけれど

全山を観てまわるなら結局どこに車を停めても同じことだし

疲れてないうちに登りから始めたほうが

帰りは下りになるから、そのほうが楽だよね♪

 

 

ということで最初に訪れたのが、この巨大な石の大仏様

ネットの情報によると観光道路から入山する人は少ないから

早い時間はこのエリアは空いている。。。とあった

その通り大仏のエリアはまだ人影は疎らだった

その後延々と石段を登って行くんだけど

徐々に観光客が増え始める

結構急な勾配の階段ではあるけれど

綺麗に整備されているし手すりもあるので登りやすい

 

 

百尺観音まで登ってくるとだいぶ人が増えてくる

人が写りこまない写真を撮るにはちょっと我慢が必要だった

ここか山頂まではもうひと登り

流石に展望台や地獄のぞきは混雑していた

人のいない風景を撮るのは無理なので

有名な場所だけど写真は省略する

 

 

そのあと再び東口管理所にむかって山を下る

途中、千五百羅漢道を通って薬師本殿へ

残念ながら本殿は改修工事中で立ち入り禁止になっていた

とは言え

石段を登ったり下ったりで足はヘロヘロ状態

なので

正直なところ

本殿でまた石段を登るのは勘弁してほしい気分だったんだ

車に戻ったのは11時ちょと過ぎ

お腹が空いてきたのでお昼にすることにし、勝山漁港の食堂「なぶら」に向った

この店は漁協直営ということでおいしい魚が食べられるらしい

もちろん南房総にはおいしい魚が食べられるところは

他にもたくさんあるのだろうけど

なぶらは鋸山から近かったこともあって、それで選んだ

 

 

これが海鮮なぶら丼、1300円

左下にあるのが「さんが焼き」でこれは追加した

さんが焼きは言わばあじの和風ハンバーグのようなもの

 

海鮮なぶら丼のアップ~~~

これは旨かった!!!

清水で食べたマグロ丼よりも、今まで食べたどの海鮮丼よりも

実は美味しかった

ただ漁師町だからだろうか味噌汁は濃いめだったし

さんが焼も味付け濃いめだった

でも山登りで疲れた体には、しっくりくる味だった

なぶらを出て、次は「道の駅 富楽里 とみやま」に向かう

昼食は最初は、なぶらで食べようか道の駅 富楽里 とみやまにある「網納屋」で食べようか決めかねていたのだけど

結局は鋸山から近いなぶらで食べたのだけど

網納屋もどんなところか見ておきたいと思い立ち寄ったのだ

道の駅 富楽里 とみやま の二階部分はハイウェイオアシス 富楽里になっていて、二階部分に網納屋があった

その他、軽食も食べられる場所もあって賑わっていた

道の駅のほうでお土産を物色して次に 道の駅 とみうらに向かう

ここの枇杷倶楽部という店で、枇杷のソフトクリームを食べるた

枇杷って意外に味と香りは強いんだね

ソフトクリームだから雰囲気だけかな。。。って思っていたのだけど

いい意味で裏切られた

これは食べる価値十分にある!

勿論いい意味でね (枇杷の嫌いな人は別だけど)

残念ながら写真はないけど見たい方はネットで検索してください

枇杷倶楽部 から向かったのは 常楽山 萬徳寺

ここには青銅製としては世界最大の涅槃仏がある

残念ながら写真を撮るのはダメと立て札があったので

撮影はしなかったのだけど

帰ってからネットを調べてみたら仏様だけを撮るのではなく

人と一緒に撮るのなら問題ないとあった

知っていれば撮ったのになあ。。。

(詳しい説明はこちらにリンクしておきます)

駐車場に車を停めて山門をくぐり

坂を少し登った所で拝観料を払って境内?へ

実は萬徳寺には本堂はないとのこと

受付から少し先に広場があって、そこに涅槃仏がある

広場の入口で5本の線香をもらい、お参りの作法を教わる

ガンダーラ方式のお参りははじめてなのチョット緊張

仏様の前まで進み線香に火をつけ立てる

両手を合わせておじぎをし手を合わせたま仏様のまわりを三周し

足のところまで行く

親指と人差し指をつけたまま掌を開いて三角形をつくり

仏様の足の裏にある法輪に掌をあて

三角形をとおして法輪に額をつけて願い事をするのが作法だとか

ここの仏様には足腰を強くする強い霊験があるということで

脚に問題をかかえている私にとっては願ってもないご利益なので、勿論真剣にお願いした

ここの参拝者は私よりずっと高齢な方が多かった

その分、願い事も現実味が強い気がした

広場入り口で冷たいお茶をいただいたて駐車場に戻る

時刻は16時少し過ぎ

さて次は今回の旅行のメインイベント

はかりめを食べに行こう!

実ははかりめを食べる店の候補も2店あって、どっちにしようかと決めかねていた

で、萬徳時の駐車場から店に電話してアナゴの入荷の状況を問い合わせて

結局、寿司・活魚料理 いそねに向かうことにした

この店のお品書きのリンクもここにはっておきます

一番人気のはかりめ2色丼は一日10食限定とあって

日曜日の夕方では売り切れているだろうと諦めていたのだけど

用意できると言われたのがいそねを選んだ理由だた

ちなみにはかりめ丼セットも一日30食程度限定だとか

で、これがはかりめ2色丼

 

右側にあるさわやか丼は甘酸っぱくてさっぱりした味付け

こんな味のあなごは、これまでに食べたことがない

臭みもなく美味しくいただけた

左側のはかりめ丼は、色程濃い味付けではなかった

ただ汁はやはり濃いめだった

つまり、関東の味付けは強めということなんだろうな

念願のはかりめを食べられて満足!満足!!

 

あとはホテルに向かうだけ

宿泊するホテルはハミルトンホテル上総

ここは結婚式場が主体のホテルで、もちろん宿泊だけでもOK

そのせいか非常にリーズナブルな値段設定になっている

私が予約した時には、一泊朝食付きツインで2名宿泊で8,316円(消費財込み)だった

建物は少し古いけれどアメニティーもしっかりしていて、お茶セットも充実

しかもバスローブまで用意されていた

正直バスローブが用意されているホテルに泊まったことがなかったので驚いた

朝食つきと言ってもパンとコーヒーくらいのホテルもあるのだけど

ここは和食と洋食を選べるようになっていて私が食べたのはこちら


 

ね、なかなかでしょう?

十分お腹いっぱいになったゾ

だけどやっぱり味は濃いめだった

 

旅行2日目は市川市ぞうの国に行ってぞうに乗る、

そのあと海ほたるで昼食を食べ帰路につく予定

ホームページによると、ぞうの国は休日かなり混雑するらしい

おまけに子供が夏休みの期間だから相当なんだろうけど

幸いにして訪れたのは月曜日の平日

それでも小学校低学年の子供を連れた家族で賑やかだった

そんな場所に私達がいるのは、いささか場違いな気はするのだが

妻の強い希望があってのこと。。。

入園したら先ずぞうさんライドのチケットを買う

料金は2500円で写真一枚付き

チケットは数量限定になっていて買いそびれればアウト

だから開園時間に合わせて入園した訳で

無事チケットを手に入れて

ぞうさんライドの時間まで園内を見てまわった

ちょうど朝の餌やりと掃除の時間で職員が忙しそうに動き回っていた

10時半になると、ぞうさんのショーが始まって、そのアトラクションと続く

ぞうさんライドは、アトラクションの最後にある

 


ぞうさんのショーは本来子供対象なのだろうけど、

なかなかどうして大人でも楽しい内容だった

その後アトラクションタイムと続き、

いよいよぞうさんライドの時間

大人だけなら二人まで(150キロ以内)

子供連れなら大人一人に子供二人まで

子供だけというのはダメとのこと

だけど大人二人で乗るのは私達だけなので

非常に恥ずかしい

でも、ぞうに乗るためにわざわざ来たのだから

そこは頑張らねば

で、ぞうの乗り心地は想像以上だった

ぞうが歩くたびに背中に取り付けてある座席はかなり揺れる

座席の背をしっかり握っていてもつらいものがある

広場を一周するだけなんだけど長く感じられる

写真を撮ってもらって終了

その写真の公開はお許しを。。。。

滞在時間は2時間くらいかなって予想していたのだけど

園を出たのはお昼を過ぎていた

 

そして海ほたるへ

実は往路もアクアラインを通ったのだけど
日曜日とあって朝早い時間なのに駐車場は既に満車だった
復路は平日なのでいくらかましで
でもそれなりに混雑していた
 

 

海ほたるで食べたのはグリーンカレーと

冷たいあさりのフォー

 

どちらもそれなりに美味しかった

やっぱり暑いときは辛いものか冷たいものがいいよね

海ほたるを2時間ほど見てまわって

お土産を買い帰路についた

家に着いたのは20時少し前だった

 

AD