【仙台シータヒーリング・レイキ伝授】ひとみ

【仙台シータヒーリング・レイキ伝授】ひとみ

私達は幸せになるために生まれてきました。
あなたの人生はあなたのもの
スピリチュアルを人生に取り入れ、豊かな人生を送りませんか?

仙台・東北・東京 個人セッション 
各種シータヒーリング講座 レイキ伝授 瞑想会を主催しています。

北海道生まれですが仙台在住24年です。

祖祖母がいまでいうチャネラーでしたので幼い時から、
みえないけど存在するものを当たり前に感じていました。

しかし、いつのまにかいけないことのように思われてきて、封印しました。

最愛の母の死がどうしても受け止められず、
スピリチュアル本に救いをもとめるうちに
飯田先生の「生きがいの創造」に出会ったことでまた見えない存在を
感じていこう。伝えていこう。とおもうようになりました。

その矢先あの東日本大震災がおこりました。

沢山の方が亡くなり、残った私たちも昨日まで普通にあったものがない。
ライフライン、食べ物・・・悪夢でした。

「やりたいことをやろう。明日はないかもしれない」

そう強く思った大きな大きなきっかけになりました。

みえないもの。の中にたくさんの気づき。

人生の質を高めるヒントが隠されています。

目の前のことは その鏡。

それを日々自分に落とし込み、それを伝えています。

※ ホームページ


お申込み・お問い合わせフォーム




NEW !
テーマ:

一日の中で

この時間がなんとも好き。

 

仕事は煮詰まっているけど、

家事はやっていないけど

ベランダに出て、自然♪ではないけど

ガーデニングもしていないけど

風にあたり、車の行き来をただ眺めている。

お隣のお花をのぞいてみたり、

おもむろに、ホウキを持ってベランダの床履いてみたり。。。ね

 

何かをしなくっちゃ!の時間を手放すって

何も遠出しなくたって

できちゃう。

 

ホウキを持ったのは

掃除をしなくっちゃ。ではなくて

土が石ころが落ちていたからで

目的はなく、したいからやった。だけ。

 

目的にばかり目がいっている時って

欲望に偏っている時ね。

欲求に従う。

 

やりたいからやる。

それだけで

なんとも満たされた気分になるものだ。

 

成果は出てなくても

出さなくても大丈夫。という

安心、安全な状態に

自分を引き戻してくれるな。

 

ベランダは決して綺麗になっていないけど

私の気持ちは

満足感いっぱいなのでした。

 

【募集中】

NEW6/6(木) 第1期 パワーレイキ 伝授会

NEW6/10    シータ実践会

NEW7/9,10,11 in仙台 シータヒーリング応用

満キャンセル待ち受付中

 6/24 白魔女、黒魔女 東京ヒーリングツアー

 

 

今日のお茶は「よろこび」

四つ葉のクローバー

グリーンルイボス入りの緑茶。

お供はロイズバー 抹茶。

 


 
 
 
 
NEW !
テーマ:

おはようございます。

今日は満月。それもレイキヒーラーさんにとっては特別な日よね。

京都の鞍馬山はすごいことになっているんでしょうね。。。。

 

私は「結界」という言葉があまり好きではありません。

レイキを使って「結界を張る」なんてこともできるのですが

「結界」を張る。

って侵入者を入れない。排除する。自分やその場を守るため。

的な 対抗の意識があるような気がします。

敵ありき!!!みたいな。

 

これは言葉というより 意識の問題かもしれませんね。

 

対抗心があったら そこに必ず「対抗する対象物いる」が前提になっているわけでしょ?

だったら 来ますよね(^◇^;)

すると いつも「結界!」「結界!」とやらなくてはいけなくなる。

ま それもいいのですけど

その 対抗心無くしちゃったら「対抗する対象物」はいなくなるわけですよ。

 

その方が簡単で、精度の高い「守り」ができると思うの。

やはり無防備は怖いものね。(本当はここも無になったら良いのだけどね)

 

じゃあ どうするの?って話ですが

自分の中から 拡げたらいいのですよ。

オーラーと呼ばれるエネルギー体を内から拡げていく。

 

レイキ伝授を受けていたら

光のエネルギーを自分の中から放出することができるんですもの。

(伝授受けてなくても、できるけど受けていた方がやりやすいね)

それをやると、自分のフィールドが守られます。

グミの食感をイメージしてみて。

弾力があって、なかなか噛み切れない。あんな感じ。

 

「結界」って私の中ではおせんべい。笑

硬くて丈夫な感じだけど、バリッといっちゃう。

あくまでも イメージね。

 

パワーレイキ では

従来の「結界を張る」という方法ではなく

自分をグミのようなフィールドの中で

安心安全な状態を保っていける。

そんなことも伝授しますね。

 

「結界を張る」もやりますので

どちらでも ご自分の好きな方を選択したら良いと思います。

 

どちらが良くて どちらが悪い。ということではないです。

もう

その二元的な善か悪か的な所から 離れませんか?

それが根っこにあるのが

パワーレイキ です。

 

【第1期 パワーレイキ 伝授会】

6月6日(木)13時から16時 

場所 仙台市青葉区(詳細は参加の方へお知らせします)

募集人数 3名さま→ 2名さま→1名さま

伝授価格 50000円 

(PayPal利用でクレジット決済、分割もできます)

 

パワーレイキ って?

 

今 商標登録申請中でして仮の名前ですが

発展系に属する

臼井式をベースにした 

全く新しいレイキメソッドとなります。

 

従来のレイキは電熱器のような温かさで、ほんわり、私たちを

「安心立命」に導いてくれるものです。

誰でも、どこでも、使えて

私たちに愛と癒しを与えてくれるものです。

 

このパワーレイキ はビームです。

「こうする!」という

私たちの意図、願望によりパワーを発揮するもの。

 

私たちって、毎分、毎秒「願望」の元に生きています。

 

肩の痛みをとりたい。

ハンバーグが食べたい。

テレビが観たい。。。。。

 

このパワーレイキ が万能なのは、その故です。

願望実現に特化したレイキだからです。

 

これを使って身体のケアもできます。

(セラピストさんにぴったりです)

これを使って人生の目標を達成していく。

これを使って部屋を浄化する。

これを使って「物にお役目を持たせる」

 

これを使って

これを使って。。。。

使い方が無限で 書ききれません。

 

3名さま限定で開催します。

あなたにあった使い方を伝授します。

お申込み・お問い合わせ先・連絡先

 

【募集中】

NEW6/6(木) 第1期 パワーレイキ 伝授会

NEW6/10    シータ実践会

NEW7/9,10,11 in仙台 シータヒーリング応用

満キャンセル待ち受付中

 6/24 白魔女、黒魔女 東京ヒーリングツアー

 

 
 
image
 
 
 
 
NEW !
テーマ:

おはようございます。

 

今日から仙台は青葉まつりです。

わあ♡となる人

私のように、「街には近づかん!」と思う人

色々よね。

 

わあ♡となる人に

わざわざ「そんな事で?くだらなくないですか?」と

いう事しないよね。

自分は嫌だ。ということだけで

相手にそれを伝える必要はない。

 

でも

そのようなことしちゃうことってありませんか?

特に近しくて

同じものを見て同じように感じて欲しい。と

思っている時(潜在的にも含む)って

つい そんな事 または近い事を言っちゃうような気がします。

 

私たちって仲間が欲しい生き物です。

 

ただただ

一緒のものを見たい。

同じように感じたい。と

言えばいいのにね。

 

相手の思いをコントロールしたくなる。。。

あるよねー(^◇^;)

子供に対して顕著にそれが出やすいな。と

先日ある事で息子にラインした時ね

これ やっちまいましたわ。

 

息子の反応をみて

とっても 悲しくて 残念で そこからの

「怒り」が出て。。。

もう 知らない! と 拗ねが出ました。

 

ノートに書きまくっているうちに

あ。。。と

上記のこと 気づいたわけで

 

息子と思いを共有したかったんだな。私。

そして

それで親子関係の良し悪しを確認したかったんだな。

それが うまくいかなくて

 

拗ねてる。

あーあ

拗ねていたら 関係はもっと悪化するわな。

自分を立て直しましたとさ。

 

何が悲しかったの?

何を求めていたの?

 

相手の反応による感情はサインなだけ。

そこに惑わされることなく

本質の

自分の望みをわかってあげるといいね。

 

感情的になると ここがぼやけてしまう。

相手を悪者にして終わってしまうのよね。

 

私たちは悪者を作り上げたいわけじゃない。

あの人と

こんな関係性を作りたい。という思いがあるだけ。

それは????

 

ってことなのよね。

 

【募集中】

NEW6/6(木) 第1期 パワーレイキ 伝授会

NEW6/10    シータ実践会

NEW7/9,10,11 in仙台 シータヒーリング応用

満キャンセル待ち受付中

 6/24 白魔女、黒魔女 東京ヒーリングツアー

 

 
 自分にカエル
 
 
 
 
 
 
 

Ameba人気のブログ