久しぶりにイギリスに来て驚いたこと

 

 

 

それは

 

 

 

どんどん進むキャッシュレス化。

 

 

 

 

 

以前いた頃も

お店で買い物するときはほとんど

デビットカードですませていたけど

そのときは毎回サインが必要だったんです。

 

 

 

 

それが今はキャッシュカードがあれば

カードを機械にかざしてピッ!

ってやったらそれでお金が払えちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーのセルフレジでもピッ!

 

 

 

 

 

これが本当に便利で

日本と違って

大抵どこのお店でも使えるし

 

 

 

さらにタクシーを使ったときでも

ピッ!てすれば

慣れないお金をじゃらじゃら探さなくても

一瞬で精算できちゃうからホントらっくらく。

 

 

 

便利だわ~。

 

 

 

 

わたしは現金で払うのも好きなので

日本では現金派だけど

 

 

 

一度慣れちゃうとハマリそうです。

 

 

 

 

 

 

チャリスの泉

テーマ:

いつか行ってみたいと思っていた場所に

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

チャリスの泉。

 

 

 

 

 

 

もう10年ぐらい前かな

 

 

 

当時オーラソーマを習っていたときの

ティーチャーがその地に行ってきたと

写真を見せてくれたときから

ずっと気になっていた場所。

 

 

 

今回念願かなって訪れることができました。

 

 

 

 

 

 

ここは

St. Michael’s Lineと

St. Mary’s Lineの

2つのレイ・ラインが交差している地点で

 

 

 

イギリスの中でも

屈指のパワースポットなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく入口を入っていくと

ここのシンボルマークがお出迎え。

 

 

 

 

 

こちらでも

 

 

 

 

 

このマークは

 

 

天と地上
精神世界と物質世界
意識と無意識
男性性と女性性
陰と陽
などの交差と結合を示しているそうです。
 
 
 
 
 
 
さらに中庭を散策していると
小さな天使を発見。
カワイイ~♡
 
 
 
 
 

 

そして歩みを進めると

 

 

 

 

ありました。

 

 

 

 

 

 

 

チャリスウェル。

 

チャリスの泉(井戸)です。

 

 

 

 

井戸の底はよく見えませんでしたが

水底深くには

キリスト最後の晩餐で使われた聖杯が

沈められているという伝説があるのだそうです。

 

 

 

 

 

 

人が少なかったので

しばらくここにいましたが

 

 

 

いるだけで

なんともいえない心地よさがあって

 

 

 

自分の心がすーっと穏やかになっていくのを

感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羊さんにも遭遇。
小ちゃい子はなんでもかわいいな。
 
 
 
 
なんとも穏やかなひととき。
 
 
 
 
今度は近くの聖ミカエルの塔にも行ってみたいな。

 

 

 

 

 

 

"The King & I" 王様と私

テーマ:

渡辺謙さんが出演していらっしゃる

ミュージカル「王様と私」

 

 

 

ロンドンで上演中とのことで

観に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

わたしあまり事前情報なしで

行ったのですが

 

 

 

なんといってもヒロイン役の

ケリー・オハラさんの歌と演技が

素晴らしかった。

 

 

 

ちょっとサウンドミュージック的なところあり

朝ドラ「マッサン」のエリーっぽくもあり。

 

 

 

 

さらにその子供役の子も

小さいのにしっかりイギリス人だったのも

妙にツボでした。

 

 

 

 

 

そして

今回のロンドンキャストには

渡辺謙さんの他に大沢たかおさんも

出演されていましたが

 

 

 

とにかくお二人とも役作りのせいか

ずいぶんとたくましい体つきで

こちらのお二人も熱演されていました。

 

 

 

 

 

 

豪華な客席。

こんなところでミュージカルが見られるなんて

なんて贅沢。

 

 

 
 
 
 
 
9/29まで公演延長が決まったようなので
ロンドン訪問の際は是非。