全ての存在は、滅びるようにデザインされている。





とてもご無沙汰してしまいました。

なんだか頭の中の事を文字に起こす作業が上手く出来ず、ブログを書くことが億劫になってしまっていたのですが
いい加減なにかしなければと思い親指を動かしております。




7、8月も皆様大変お世話になりました。
暑い中、令和最初の夏の思い出を作るお手伝いが出来ていたら僕としても嬉しく思います🍧🍉🎇




皆様それぞれの夏があったかと思いますが、いかがでしたか?


夏が「終わる」という表現はよくききますが、他の季節ではあまり「終わる」という言い方はしませんよね。



なぜ夏だけ終わってしまうのか、そんな事をふと考えていたのですが
夏の風物詩には終わりを連想させるものが多いのかなと、、、



花火、蝉、アイスクリーム、お盆、ひと夏の恋()




終わりを連想させるというか、短命という感じでしょうか。(お盆は性質が違いますが)





楽しい事や美しいもの、幸せに終わりが来ることは望まれない事が多いのかも知れませんが、

だからこそ儚く有意義で、そして綺麗なのかもかなとも思います。



消えてしまうから美しい。


終わりが来ると分かっているから大切にしたくなる。

夢の中で生きていければ良いのにと願ったりする時もあるでしょう。





花火の瞬きの感動はどんな高性能なカメラでも捉えることは出来ませんし、

どんな幸せな日々もそれが続けば退屈になったり不満が出てくる。(それが今僕達が生きている日々なのでしょうか。。。知足。)




とすると永遠や恒久という言葉も夢だからこそ価値があるのかもしれませんね。








・・・なんて小難しい話をしてしまいましたが、

ようは
今を楽しみましょう!という事が言いたかったのです。


そのひと言を伝える為に何行も使ってしまいました。完全に寝不足です💤





おやすみなさい。
また目が覚めたら夢のように楽しい時間を一緒に過ごしましょう♪




ps.
冒頭の言葉は最近どハマりしているゲームの好きなセリフなので使ってみました。


アニメ・ゲーム好きなんです。
夢の中に入りたくてコスプレもしてしまうくらいです。