今だから書く転職の話。【その1】 | アラサー主婦佐藤ちゃんの貯金ブログ

アラサー主婦佐藤ちゃんの貯金ブログ

看護師から全く別の職へと転職したアラサー。
何事もすんなりとはいかない私の人生、山あり谷あり。

 
 
 
 
実は私
無職の間に一度就職が決まっていました。
(今のパートが決まる前の話です)
 
 
 
 
 
ある小さなクリニックへ応募した際、
院長にとても気に入ってもらえてその場で即採用に。
 
 
 
 
 
 
明日からでも来てもらえれば、と言われ
無職だった私は喜んで承諾。
 
 
 
急に決まった入職だったため
その時点で雇用契約書や労働条件通知書などはありませんでした。
まぁ、後日渡されるんだろう…とのん気に考えていました。
 

雇用条件に関しては
「求人に出てる通りだからね」
と口頭で言われました。
 
求人に出ている条件には給与:○円〜■円と幅がありましたが
最初は当然下限からだろう、とこちらも特に気にせず…。
 
 
そしてその時は
"昔からある病院だだから、しっかりしてるだろう"
と信じ込み、
さらに病院側に歓迎された嬉しさもあり
その場で働くことを決めてしまいました。
 
 
 
 
 

 
もう、この先はお察しの通りですが…笑
 
 
 
 
 

 
 
入職して数日後
院長から”ある研修に参加して欲しい”と言われ
働く上で必要なら…と二つ返事で了承したものの
 
・遠方で数日間宿泊が必要
・費用は全て自己負担
・その間は試用期間なので有給扱いではなく無給
・正社員としての採用なのに、その研修に参加するまでは健康保険には入れない
 
という条件だということを、後から他の看護師に聞かされた私。
 
 
 
 
ここで 最初に何も確認せずに入職を決めたことを後悔します…。
 
 
 
 
 
 
あれだけ初めに確認することが大事だと知っていたはずなのに
転職に難航した結果、早く働きたい一心でそんなことも考えていなかった。
 
 
 
 
 
でも入職してしまっているし、今更どうしようか?
…研修は自分のためにもなるし、それ自体はいいとしても
せめてぼんやりとしていた労働条件だけでもハッキリさせてもらおう…
労働条件について詳細を書いたものなどはないか、院長に確認しました。すると
 
「社労士に任せてるから、その件に関しては僕もよくわからない」
 
と言われてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
…これは全て確認を怠った私の責任です。
うちはこういうやり方だ、なんて最初に言ってくれるところがあるはずがない。
だって堂々と言えないことなんだもの。
 
 
でもやっと決まった仕事だし…
その条件で働いてきている看護師が他にもいるわけだし…
と自分を言い聞かせようとしました。
周りはそれで納得して働いているのに
納得できない自分が気にしすぎなんじゃないか、とも思ったり。
 
しかしどんなに言い聞かせてみても
自分だけで納得できる答えは出せるはずもなく。
そして初っ端からこんな気持ちでは
当然ながら仕事に身が入らず。
 
 
 

 
せめて納得のいく説明をしてもらわないと働けない…と思い、
自分が思っていることをそのまま伝えようと考えました。
 
 
 
 
(長くなるので記事を分けます*)