ゆとり香のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 

千葉県市川市、東京メトロ東西線沿線のアロマとハーブボールの植物美容のトリートメント、色彩ハーブ心理ケアの自宅サロンを主宰しております「ゆとり香」のセラピスト、なかがわあきこです。 

 

☆ハーブボールとアロマのトリートメントの組み合わせの全身トリートメントをご来店からの流れに沿ってご紹介いたします。

 
では、これからその内容をご案内いたします。
ご来店~
ウェルカムドリンクのハーブティーをご用意しております。季節に合わせたブレンドだったりその日の気分に合わせたハーブティーだったり。。。
ハーブティーを飲んでいただきながらまずはハーブボールを選んでいただきます。2~3種類ご用意しております。その日の気分でピンときたほうを選んでください。 香りだったり触り心地だったり、ボールの色だったり。。。
 
5月は2種類のハーブボールをご用意しております。
↓ 屋久島の樹木系と和草のハーブ どちらも国産です。
お客様が選んでくださったのが屋久島の樹木系のハーブボールでしたので、そのないように沿ってご案内しますね。
ドット柄が屋久島樹木系のハーブボールです↓
 
選んでいただいたハーブボールは蒸し器で蒸していきます。
初回のお客様はコンサルテーションシートに記入をしていただきます。記入していただいたシートを元に丁寧にカウンセリングさせていただきながらオイルトリートメント用のベースオイルと精油を2~3種類ほど選んでいただきます。
 
2回目以降のお客様へは当日のおからだや心の状態をカウンセリングさせていただき、同様にハーブボールとオイルを選んでいただきます。
 
屋久島の樹木系のハーブボールを選んでいただいたお客様へはハーブボールのなかみの精油をおすすめしているのです。おもななかみは、地杉のブレスチップとタンカンのブレスチップです。やくしまのやわら香さんから取り寄せております。私はやわら香さんの森への愛や活動が素敵だと思ってこれらのブレスチップを使わせていただいております。
 
このブレスチップとは
本来なら精油を抽出したあと捨てられてしまう残骸が、まるでまだ生きていて呼吸をしているようにみえたのでブレスチップと名付けて再生させたのだそです。私はそのブレスチップを使ってハーブボールのトリートメントをさせていただいております。
 
アロマのトリートメントと組み合わせる時は抽出された精油を使っていただけたら嬉しいのでお客様へおすすめしています。
モニターになってくださったお客様は快く地杉とポンカン・タンカンのオイルを選んでくださいました。
 
でもね、私はおすすめするけれど、
もし別のもので試したいって思ったり、他に気に入った香りがあればそちらを選んでいただきたいのです。
 
自分で選ぶ=心の声を聴くこと だから。
 
オイルが決まったら、ハーバル フットバス(足浴)もしくはハンドバス(手浴)を体験していただきます。
このあと、ベッドへご案内&ショーツ1枚になってい頂きます。

うつ伏せの状態から始まり部位ごとにハーブボールでトリートメントしたあとオイルトリートメントをしていきます。最後はヘッドスパで終わり。ハーブボールを眉間にのせてトリートメントの終了をお知らせいたします。
トリートメントが終わったら水分補給をしていただきながら気づいたことをお伝えしたり、感想をシェアします。この時にアンケートに記入をしていただきます。
 
施術だけで120分くらいかかりますのでご来店いただいてからお帰りまで3時間くらい余裕をみていただけると幸いです。
 

なにかのついでに受けていただくというより、温泉行くとか小旅行へ行くような感覚でお休みにいらしてください。

 

以上がハーブボールとアロマのオイルトリートメントの組み合わせの全身施術になります。

 

よろしければお試しください。

7月末まで18000円のメニューをモニター価格10000円にて承ります。

 

植物美容のアロマフェイシャル編はこちら☆


ゆとり香サロンの空き状況のブログはこちら☆