日本男児、アフリカへ♪
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-01-22 18:00:43

アフリカで働くという選択?

テーマ:ブログ
3年ちょい付き合ってた彼女とbreakupして半年。
30歳を目前に控えて、母国への帰国後のことを含めて将来のことをfixさせたかった彼女と、ギャップイヤーを満喫しすぎて26歳でようやく社会人になり、もう少し色々考えたり経験を積む時間を必要としていた自分。そのライフステージの差、認識のギャップがbreakupに繋がった。

しんどくて無理やり忘れようとしたこともあった。だけど、未だお互いにお互いを好きな気持ちが変わらないことも知っている。普通に電話したり直接会って雑談もする。難題はあるけど何とか一緒になれたらいい、正直な気持ちがそれだと思う。

じゃあ、その難題とは何なのか。

①彼女の母国(アフリカK国)で日本人の自分が食っていく(家族を食わせていく)手段が不明瞭

②年老いていく両親から遠く離れた場所が生活の拠点になること

③やりたいことって何?それはk国でできるの?

実際これくらいしかない。

①②を解決できそうな未来を描くとするならば、

・K国内の外資(日系含む)、国際機関、政府系機関、NGO等、日本で働いているのと遜色のない所得を得られる職に就くこと(年に1度は日本に帰国)
・所得は多少少なくなっても、日本とK国を頻繁に行き来するような職に就くこと

といった感じだろうか。

③は正直よくわからない。「組織の目標達成に必要な知識・スキル・マインドを持った人材を育成することで組織が拡大し、雇用機会が生まれる。働く個人にとっても、能力が高まっていくので、より高次なチャレンジ・チャンスに遭遇する可能性が拡がる。」ということで、今は教育研修会社で働くことを選択し、人材開発・組織開発に関わる仕事をしている。それは人生で成し遂げたいことの一つだけど、今後色々な経験を積む中で、他にチャレンジしたいことも出てくるかも知れない。だから「よくわからない」。

情報収集をしてみると、K国に関連する仕事はこんな感じ。国連機関職員、大使館職員、JICA専門家、NGO職員、商社(中古車、花卉等)、旅行会社、日系企業の進出支援コンサル。
どれも今の仕事とはちょっと離れる。進出支援コンサルは、内容によっては近くなりうるか。
今の仕事や自己研鑚で専門性、ビジネスパーソンとしてのスキルを磨きつつ、上記のような可能性を探すというのが現実的だろうな。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス