クエン酸回路の着火剤♪砂糖なし赤紫蘇クエン酸ジュースを作りました♪ | 尋常性乾癬と膠原病♪自然療法で完治したブログ

尋常性乾癬と膠原病♪自然療法で完治したブログ

乾癬が全身に爆発(*_*)シェーグレンやリウマチも併発。薬でドロ沼にハマることを知り、ストイックな生活改善で今は完全に無症状♪
食事だけで体は本当に強くなります。少しでも多くの方に知ってもらいたくブログに綴ってます(#^^#)

今年も赤紫蘇クエン酸ジュースを作りました。

今まで、一枚一枚葉をとって丁寧に作っていたので大変でしたが、今年は、茎を握ってギュギュっとしごいて葉をとったり、一気に4袋分の赤しそを使い大量生産したので格段に楽でした。

また、一度お茶用のポット(写真左)に入れてから、瓶に入れたのも楽でした。ポットは、瓶よりコップにも注ぎやすいので、飲みきるまでこのまま利用します。

 

※酢と同等の酸度のため、必ずガラス製品を利用します。

 
いつものレシピの倍量で♪

 
 煮ると少しずつ水が紫色になり、葉が緑になります。

更に煮ると、黒に近い紫になり、火を止めて、すぐにクエン酸を入れると一気に綺麗な赤色になります。
マジックのようで子供が喜びました。
(マジックのついでに言うと、重曹を入れると紫色に戻ります。)
 
以下は、再掲ですが、レシピをほんの少しだけ具体的に変えました。

----------------

【赤紫蘇クエン酸ジュースの材料&レシピ】


材料:赤じそ2袋(正味300g)、水950ml、クエン酸50g

①赤紫蘇の葉をとり、しっかり洗う。

②沸騰した水に赤しそを入れて、15~20分煮ます。アクが出たら取ります。

③火を止め、ザル等で葉をこす。

④一度再加熱して火を止めてから、クエン酸をクエン酸を入れる。

⑤熱湯消毒した瓶に入れる。

※必ず、コップ1杯の水や炭酸水に対し小さじ~大さじ1程度に薄めて飲む。

 

 

----------------

【赤紫蘇クエン酸生りんご酢水の飲み方】

 

赤紫蘇クエン酸ジュースとマザー入り生りんご酢を小さじ1ずつ、コップ1杯の水に入れて飲みます。

(初めての方は、必ず少量からはじめて下さい。)

 

毎食飲むことをお勧めします。ほんの一口、二口を飲んでから、食事を始めます。

その後、食中か食後に飲みほして下さい。

食事と共に飲むサプリメントも一緒に飲みます。

 

治療で飲む場合は、甘くしない方が良いですが、どうしても甘くしたい人は、飲む際にコップにラフィノースオリゴ糖(6g以下)か羅漢果少量を入れて下さい。生ハチミツを利用する場合は、高温でいれない。

 

 

 

 

 

【赤紫蘇クエン酸ジュースとりんご酢の注意】

 

※胃を荒さないよう一日15~30㏄まで。

※食後に飲む場合は、うがいか歯磨きをする。
※歯のエナメル質を溶かす「酸しょく歯」にならないよう、就寝前には飲まない。

 

----------------

酢やクエン酸には、「効果がある気がする」レベルではなく、

はっきりと数値でも現れる、医学的にも立証されている効果・効能がずらりと並びます。

 

血糖値を正常化します

高血圧を正常化します

中性脂肪・コレステロールを下げます

酸性体質の細胞・血液をアルカリ性に傾けます

血液をサラサラにし、血流を改善します

ミネラルをキレートし吸収をサポートします

整腸作用があります

胃の粘膜を修復します

過酸化脂質を分解します

乳酸アシドーシスを分解します

肉食のアンモニア毒から守ってくれます

唾液や胃液の分泌を促進します

代謝が上がります

脂肪の蓄積を抑制します

腎臓の機能を向上させます

肝臓の機能の改善します

疲労回復、疲れにくくします

アレルギー抑制効果があります

殺菌作用があり、食中毒に作用します

喉の痛みにも効果があります


血糖値・血流・胃腸・内臓・酸化・代謝・ミネラル吸収に良いのなら、病気の改善につながらないわけがない、ということは誰でもわかると思います。

 

そして、大切なクエン酸回路を、円滑に回すにはさまざまな栄養素が必要となります。
そのなかでも特に重要な役割を果たし、不足する可能性が高いものが、3大栄養素の代謝に欠かせないビタミンB群です。

 

そのビタミンB群を(特にリポフラピン・ナイアシン・チアミン・パントテン酸など)を全て含み、その他のビタミンミネラルも豊富で、単体でも漢方として使われるほど多くの薬効があり、クエン酸ととても相性の良い植物があります。

 

それが、この時期に多く出回っている、赤紫蘇です。

皆様もこの時期をお見逃しなく♪

(なるべく無農薬のものを選びます)

 

詳しくは、以前の記事をご覧ください。

赤紫蘇クエン酸水の効果・効能

酢・クエン酸がすごい

酢・クエン酸・取り入れ方色々

 

肝心のクエン酸を何でとるかというと、「クエン酸」純度99.5%以上の粉末を利用するのがお勧めです。

りんご酢などの酢には、グルコン酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸など様々なの有機酸が含まれますが、ほとんどは酢酸です。

効率よく摂取するには、良い酢に、クエン酸を少量混ぜるのがお勧めです。

 

------------------

本日も、ご覧いただきどうもありがとうございました(*^_^*)!

リンクフリーですので、ご自由にリンクをお願いいたします<m(__)m>

このブログに書いてあることは、ただの患者である私の個人的な見解です。

いかなる責任も負うことはできませんので、ご自身で勉強されご判断下さいませ<m(__)m>

リブログ、フェイスブック、ツイート、フォロー、いいね、コメントなど、大変励みになります!(^^)!

いつもどうもありがとうございます(*^_^*)

 

宜しければコチラもご一読下さい♪

病気治しで必ず取り入れたい4つのこと

★根本的療法

 ①酸性体質の改善

 ②材料を全て入れる

  -タンパク質編

  -ビタミンミネラル編

  -糖質編

  -脂質編

 ③腸内環境を整える

 自己免疫疾患の菌活の方法と菌活前にしなければならないこと。

 自己免疫疾患を癒すプロバイオティクス「酪酸菌」の力

★対処的療法

抗酸化テクニックの利用

ビタミンCビタミンEの正しい摂取が必須。その他抗酸化サプリは、計画的・定期的に目的意識を持って利用。)

酸性化した体液を戻す対処

(重曹法、クエン酸、マザー入り生りんご酢、海洋ミネラルを微量希釈で継続する。)

長期&短期利用サプリメント

アーシングでの電子の整えや、光線での血流促進

納豆食間の酵素

難病を治す|食事と生活

酢・クエン酸は万病の特効薬

2016年完治記念日

利用サプリメント

i Herb(アイハーブ)は、言語を日本語にご設定下さい。紹介コード「NAN5720」を入力して頂けると5%オフになります。

もし、コードをご利用頂いた旨コメントを頂けましたら、紹介コードも記載して頂けますと、順番になってしまい申し訳ありませんが、こちらも是非利用させて下さい<m(__)m>